ホームシアター!

カテゴリ:パソコン

お正月早々、また無駄遣いをしてしまいました。
ホームシアターの為のプロジェクターです!
もう10年以上前にも購入し楽しんでいましたが、当時はハイビジョン対応などもなく、今ではとても見れた物ではありません。
そんなことでプロジェクターによる映画鑑賞はしていなかったのですが、最近中国製の製品がAMZONなどに多数出品され、その価格も国産の1/5~1/10くらいの価格です。評判もよく、またいつもの悪い癖で情報を集め、細部を検討し始めてしまいました。
価格もお正月の初売り価格と言うことで通常価格より1万円安くなっています。
耐久性こそ分かりませんが結果として性能的には充分満足できるものであり、国内メーカーはこの価格差をどう見ているのでしょうか?
この機種の決め手は、ハイビジョン、ランプ(LED)の明るさが6500ルーメン、台形補正、ズーム機能、そして価格です。なんと21759円!もう買うしかありません。(資金は子供達からもらったお年玉です)(笑)!

で、これ!
20010801.jpg

ちょっと雑然としていてお恥ずかしいのですが現在のAVシステムです。テレビは46インチです。
あとアンプは5.1チャンネルサラウンド対応のSONYのアンプ、スピーカーもウーハー、センタースピーカー、バックスピーカーもセッティングしています。
20010802.jpg
20010803.jpg
映画館で見る映画の魅力は大画面ですが、それよりもサラウンドによる音響が凄いですよね!
家庭ではそのような大音量での再生は出来ませんが、少しでも近づけようと頑張っています。

スクリーンは幅が約2m30cmで約100インチ画面です。
20010808.jpg

プロジェクターの設置は、押し入れの天袋部分がぴったしのベストポジションです。三脚や天井釣り等しなくてもよく本当にラッキーでした。但し高所に設置しますので、少し下向きに角度を付けての設置が必要です。そこで急遽作ったのがこれです。
微妙な角度調整が出来るようにボルトで調整するようにしました。
20010804.jpg
20010805.jpg

設置した様子です。使わない時は戸を閉めると埃も入らず、とてもいい場所です。
再生はブルーレイプレヤーからですがケーブルはHDMIケーブルで10mの物を使っています。10mは少し心配でしたが待ったく問題ありませんでした。よく長いケーブルで問題になるのは機器側の出力の大きさの様ですね。ノートパソコンのような省電力を重要としている機器はHDMIへの出力も小さく問題が起こるようです。
音声は、5.1チャンネルを再生するためにアンプとの接続は光ファイバーによる接続です。DTS5.1チャンネルは凄いですよ!
20010806.jpg

ハイビジョンの画像での大画面は大満足です!
DVD映画のコレクションは多数持っていますので、これからもう一度、大画面・サラウンド音響で見直したい映画をたっぷり楽しむつもりです。
2001089.jpg

最後に、年末にこのDVDを入手しました。
ベルリンフィルの1999年~2015年までのヨーロッパ各地でのコンサートのライブ盤25枚組です。
これがまた素晴らしい!
ヨーロッパ各国の有名なコンサートホールの映像と、音源はほとんどがDTSサラウンドで録音されています。
ハイティング指揮のストラビンスキー「春の祭典」は圧巻でした!
実はこのDVDもプロジェクターを買った理由の一つです。
20010810.jpg
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

店長  

今日は、お久しぶりです。
プロジェクターも随分、進化したようですね
私も100インチで映画を観るのが、長年の夢です。
会社の会議室に1台あるのですが、画質が悪く話になりません。
そのイメージが続いているので遠ざかっていました。
4K,8Kは未だ興味ないので、2Kの60インチTVで鑑賞しています。
もっと、良いところを教えてください。

2020/01/11 (Sat) 12:45 | 返信を書く |   
シロプリ

シロプリ  

Re: 店長さんへ

プロジェクター・・・良いですよ!
10年前は、高性能の物はとにかく高額で我々のような庶民は買えませんでしたね。
そんな中で何とか買える物を買ったのですが確か10万円位はしたと思います。
今見直すと、暗くて粗くて見る気がしませんね。(でもこれで随分DVD見ましたが・・)
でも大画面で見る映画はやはり迫力が違いますね。
最近、Amazonでいろいろ検索していると、ハイビジョン対応のプロジェクターがあまりにも安いので驚いていました。
ほとんどが中国製でかなりの種類が出ています。そこで徹底的に性能を比較して決めたのが今回の機種でした。以前プロジェクターを持っていましたので比較のポイントも解っていましたので良かったです。
今の中国製は性能や品質も以前と比べるとかなり良くなっているようです。
さて画質ですが、以前の物とは全く比較にならないほど綺麗です!
テレビもそうですが、今4Kとか8Kか言ってますが、50インチ位の大型画面であっても普通のフルハイビジョンで十分綺麗だと思います・・(そう思いませんか?)
このプロジェクターもフルハイビジョンでリアル1080Pとなっています。安いものではハイジビジョンと謳いながら少し解像度の低いもの(実際は720Pほど)もあるようですが、今回の機種は100インチに投影してスクリーンの近くで見ても画素はほとんど気になりません。明るさは明るいほどいいので6500ルーメンの物を選びました。
価格なんですすが初売りセールが終わってから見ると本当に1万円上がっていました。
プロジェクターで映画を見る一番のメリットは・・・・
今から映画を見るぞ!と居合が入ることです。テレビだといつでも見れると集中力が違いますね!
DVDプレヤーにチューナーの付いている物であれば、テレビも大画面で見れますよ。
野球や、サッカーなどもパブリックビューイング的に、迫力満点です。音声をステレオにつなげば、もうすっかり映画館です。戦争映画は特に迫力が違います。(私はサラウンドにしているので重低音が特に!)
接続は必ずHDMIケーブルで繋ぐことです。ピンコードなどでは画像がぼけます。ちなみにステレオにつながなくてもプロジェクター本体にスピーカーも付いていますよ。
奥様方にはあまり理解されませんが、大画面は男のロマンです(笑)!
もしよければ、また我が家の方に見に来れられてはどうですか?歓迎ですよ。ご自分の目で確かめられるのが一番です!

2020/01/11 (Sat) 16:05 | 返信を書く |   

Leave a reply
コメントをどうぞ

Website

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます