何時になったら出来るやら?

九七式大型飛行艇の製作 ② 完成!

カテゴリ:1/72 九七式大型飛行艇

九七式大型飛行艇・・完成です。
製作工程の写真は撮影していませんのでいきなり完成写真で申し訳ありません。
しかし、前回も書きましたが、かなり金型の精度が悪いので修正もほどほどで製作過程もお見せするほどの物ではありませんm(__)m。
また、機体全面が凸のリベット仕様ですので合わせ目のペーパー掛けもしたくないのであまりきれいな仕上げにはなっていませんが塗装するとそれほど気になることもないので簡単なパテ修正だけです。
19122901.jpg

操縦席キャノピーですが、これも本体との間に隙間が出来ます。修正にも限界が有りますのでパテなどで埋めたのですが今回は大失敗で、エアブラシで塗装時に塗料が内部に入り込んでしまいました。大失敗です。やはり、この辺りは慎重な対応が必要でした。
胴体の両サイドのドーム状の風防ですがこれも修正なしでは全く合いません!これがハセガワの製品か?と思うくらい合いません。さすがハセガワと言わせるような物にしてもらいたいですね。
19122902.jpg

アンテナ線は0.2mmのストレッチリギングを使用しています。これって非常に便利ですね。ゴム紐のような素材で瞬間接着剤との相性もよく、伸びるのでピ~ンと張れるので重宝します。
19122903.jpg
19122904.jpg

主翼下部の張り線は全て0.3mmの真鍮線です。取付け部両端に極細ドリルで穴を開け少しが長めに切った真鍮線を差し込む方法です。
19122905.jpg
19122906.jpg
大きなヒケも有りますが今回はリベットを消さない方向でしたので処理はしませんでした。
19122907.jpg
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

しおチャン  

シロプリさん、こんばんは。
あっという間に完成で驚きました。貴婦人と言われた機体ですので、汚しなど入れずに作るのが一番いいなあと感じます。
もう50年以上前の製品ですから作りにくいはずです。でも当時のハセガワの技術でもこれが精一杯だったんだと思います。ただ当時はこんなに大きなヒケはなかったと思うのですが、金型も限界に来ているのかもしれません。
私もまだこのキットを一個ツミプラになってます。きっと同じようなヒケがあるんだろうなあ。

2019/12/29 (Sun) 17:30 | 返信を書く |   
シロプリ

シロプリ  

Re: しおチャンさんへ

コメントありがとうございます。
このキットは2週間ちょっとでできましたが、記事に書いた通りあまり手を入れていませんので・・・。でもほんとはもっと早く出来てもいいくらいですね。
箱や説明書には2016年の記述が有りましたので、まさか50年以上前の物だとは知りませんでした。そうだとすると、立派なんもんですね(笑)。
「貴婦人」と言われていたんですか?私は「鰹節」と呼ばれていたと聞きました。ずいぶん違いますね(笑)!着水時はかなり低速が要求されるのでこんなに大きな翼なんでしょうね。でも美しい姿ですね。

2019/12/29 (Sun) 20:53 | 返信を書く |   

Leave a reply
コメントをどうぞ

Website

パスワードを入力すると投稿後、訂正・削除が出来ます