何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

ヴェルディ:レクイエム

2017/08/15 10:37 ジャンル: Category:音楽
TB(0) | CM(2) Edit

先日、京都市交響楽団の第615回 定期演奏会に行ってきました。
ヴェルディーのレクイエムです。
大曲ですのでそんなに生演奏を聴ける機会も少ないのでとても楽しみでした。
17081501.jpg
京都市交響楽団は私に中では関西圏では一番の楽団です。
そして、この京都コンサートホールの音響も、いわゆるシューズボックスでとても素直な響きです。弦の音が生ならではの、とても柔らかく聞こえます。

指揮は川瀬賢太郎という方で1984年生まれと言う事で何と33歳です。
しかし、とてもスマートなスタイルで 指揮そのものも絵になる指揮っぷりでした(笑)要するにカッコいい!です。
最近、ベテラン(年寄)の指揮者の中には嫌味なオーバーアクションの方が時々見られます。あれは嫌ですね。
その点この川瀬さんは嫌味なところがなくスマートな指揮スタイルで好感が持てました。
17080502_201708151008180f0.jpg
余談が長くなりましたが、演奏は素晴らしく、合唱が少し少ないかな?と思いましたが充分な響きでした。
やはり、あの≪怒りに日≫は生演奏の強大なダイナミックレンジに圧倒されます。CDなどでは絶対に出ない音ですよね。
そして続く≪驚くべきラッパが≫素晴らしい!
4本のトランペットが2階客席後方に2本づつ配置されホール全体に鳴り響きます。まさに生の3Dサラウンドです!!
いや~素晴らしかった!
宗教曲は眠たくなるんですが、素晴らしい演奏は眠くなりませんね!!

余談ですが、暑いので車で行ったのですが、周辺には小さなコインパーキングが数か所あり、何と600円でした。
電車賃の片道よりも安ですね。

余談2
最近は絵を描きながら、プラモを作りながらYOUTUBEで音楽を聴くことが多いのですが、特にはまったのがこれです。
≪André Rieu≫(アンドレ・リュウ & ヨハンシトラウスオーケストラ)です。
最近まで知らなかったのですが、クラッシック、特にワルツをこんなに豪華にそして楽しく聞かせる人は初めてです。
この映像はおそらくウイーンのシェーンベルグ宮殿の中庭での野外コンサートだと思いますが素晴らしいですね。
このほかにも多くの画像が有ります。≪春の声≫やショスタコービッチの≪セカンドワルツ≫なども良いですよ。
聴いていると楽しくなってきます。お勧め度≪☆☆☆☆☆≫です。


余談3
ゴーヤが豊作で困っていますが、今回はこれ!
ゴーヤとウインナーソーセージの玉子綴じ。簡単で美味いですよ。
17080503_201708151008184f5.jpg
スポンサーサイト

こんばんは
ベルディーノレクイエムですか・・いいですね。

>生の3Dサラウンド
いいですね。
私も体験してみたかったなぁ・・

関西のオーケストラを危機に行ける機会はなかなか得られませんが、
一度行ってみたいです。
[ 2017/08/16 00:15 ] [ 編集 ]
Re: unagiさんへ
大ホールに鳴り響く3Dサラウンドは感激物でした。
関西にはこのホール以外にも大阪フェスティバルホールやザ・シンフォニーホール、室内楽にはいずみホールなどあありますが、私は何と言っても死ぬまでには一度は東京のサントリーホールに行ってみたいと思っています。
そして、N響によるカルビナブラーナが聞けたら最高です!
[ 2017/08/16 12:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR