何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

1/200 HMS 《HOOD》 の製作 ⑰

2017/05/11 17:47 ジャンル: Category:1/200 HMS 《HOOD》
TB(0) | CM(1) Edit

ちょっと気分転換でHOODの銘板を仕上げました。キットに付いているものですがやはりこれが有ると嬉しいですよね。
レリーフで文字が刻まれていますが盛り上がりは少ないので結構やり難いのですが、何とかマスキングもできましたのこれで完成です。
17051101.jpg
こうして完成すると意外といけるでしょ!
ゴールドはメタリックカラーGXブルーゴールドを使っています。しっかりと真鍮製の銘板に見えます!
17051102.jpg
これは小型のクレーンですが、滑車やロープもエッチングで用意されています。アーム部分は木製の資料が有りましたので木製と言う事で塗装しています。
17051103.jpg
煙突周辺のボートを下すための物でしょうね。
17051104.jpg

ほぼ、主要な部品が出来ましたのでいよいよ甲板に組み付けていきました。
前部の艦橋、後部のマストを組み付けると戦艦「HOOD」の全容が見えてきました。
ここまでで約5か月。自分でもよくここまでたどり着いたと思います。
17051105.jpg
17051106.jpg
甲板上にはまだもう少し載せる小物が有ります。漏れが無いようによ~くチェックしないと忘れそうです。
私の場合、手摺はいつも最終で取り付けます。
17051107.jpg
後はアンテナ線、その他張り線ですが各線の落としどころ(終端)をよく考えておかないと後から張りにくくなる場合が有ります。
よ~く先の手順を考えておく必要があります。
HOODの場合、これらの張り線類は全てこの上甲板だけで完結しますので、この形で貼り終えることが出来るので取り回しが楽になります。これはありがたいですね。何しろ全長1m30Cmのビッグスケールですので、船体に乗せてからでは、それは大変です。
17051108.jpg
17051109.jpg
「ポンポン砲」です。オールエッチング製でなかなかビシッ!と決まりませんが今の所これで精いっぱいと言ったところです。
1分間に1000発の弾幕を張るイギリス海軍自慢の8連装対空砲ですね!
17051110.jpg
17051111.jpg
【追伸】
来週から、ちょっと用事が有りましてブログを10日ほどお休みします。
スポンサーサイト

HOOD・・・
「フッド」VS「ビスマルク」の映像ありがとうございました。 今は、検証がきっちりと映像化されていて、本当に凄いですね・・・勉強になりました(^◇^) 当時の「フッド」の映像が盛り沢山でしたが、冷静に観ると、長い船体だけに、中央部が妙に間延びした感がありますよね・・・ 主砲が前後に大き分かれた感もあり、ほとんど同じ全長ながら「大和」とは違った設計思想を感じましたね・・・ 「フッド」は船首の乾舷が低いために波浪には弱いと聞いていましたが、映像でも、船首から思いっきり波を浴び、甲板が水浸しになっていたのが印象的でした。 いろんなイメージがある、伝説の巡洋戦艦「フッド」ですが、貴重な3Ⅾ資料の登場を心待ちにしております。
[ 2017/05/13 17:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR