何時になったら出来るやら?

何時になったら出来るやら?

French battleship Danton ⑤ 完成です!

《フランス海軍 戦艦ダントン》完成です。このキットはある方から戴いた物なんですが、こんなチャンスでもなければおそらく作らないキットですね。ありがとうございました。調べてみると1909年に進水、1917年にドイツの潜水艦に撃沈されたとなっています。全長146.4m、排水量:18,360トンとなっています。ちなみに、「三笠」は1900年進水、全長131.7m、排水量15,140トンです。しかし作ってみると中々味のあるフォルム...

フランス海軍 戦艦ダントン ④

朝夕、めっきり涼しくなってきましたね。模型部屋もエアコンのお世話になることもなく、とてもいい季節です。(でもいい季節はチョットだけですね)ダントンも終盤に入ってきました。クレーンも取り付け、ボート類もしっかり固定しました!ランチも少しオーバースケールのように見えますが手摺を取り付けました。でもこれは船体が小さいだけで、手摺のサイズは1/350なのでこれでいいのですよね。マストは建てる前に張線の張れると...

フランス海軍 戦艦ダントン ③

水彩画で時間をとられ、ダントンの方が遅れ気味です・・・と言っても自分用なので納期などないのですが。今回はマストと煙突を中心に進めています。マストですが非常に細いので張線の時に少し心配なので真鍮線で一部を作り変えています。 続いて煙突です。最近は1/200が多かったので1/350が非常に小さく感じます。このファンネルキャップも老眼が進んだ事もあり細かいところがよく見えなくてこれで精一杯です。アップした写真を見...

フランス海軍 戦艦ダントン ② &  水彩画

このキットはかなり良くできているようですが、船体内部の補強板をキッチリとはめ込むと開口部の幅が狭くなり甲板が入りません。事前の仮組出分かっていたので、それを考慮して接着したのですが、結果は失敗の様で甲板が入りません(無理やりは入るのですが)そこで補強板の接着部を切断し幅を調整後再度瞬間接着剤のゼリータイプを流し込み、硬化促進スプレーで固定、補強板のないところにも幅を調整するためのライナーを入れ、甲...

フランス海軍 戦艦ダントン ① & ets

水彩画も教室の課題を書き終えましたのでプラモデル製作に戻ってきました。今回は頂き物なのですが≪フランス海軍 第一次世界大戦時の戦艦ダントン≫です。最近、この当時の戦艦が目立つようになりましたね。大きな煙突が何本もある特徴的なフォルムですが、この頃の戦艦はどれもよく似ていますね。キットはHOBBY BOSS社からの発売ですが、これもまた箱絵、組み立て説明書、材質等、トランペッター社の物とそっくりですね。しかし...