何時になったら出来るやら?

何時になったら出来るやら?

甲型駆逐艦《不知火》の製作⑥ 完成!

≪不知火》完成しました。ゆっくり作ったつもりですが、約1カ月でできました。古いキットなのでディティールアップ用のパーツも無く、まして1/200ですのでエッチングパーツもなかなか有りません。手摺りだけはなんとか入手したのですが、ぎりぎり足りました。後は1/350用を流用しています。今回の写真は圧縮しないでアップしました。表示はサムネイルですので写真をクリックして見てください。次は何を作るか!?自分でも...

甲型駆逐艦《不知火》の製作⑤

《不知火》も最後の仕上げに入ってきました。このキットにはあの傑作電探と言われた「13号電探」が有りません。これがないと後部マストが寂しいので、真鍮線と、EPの梯子の部品を使って≪13号電探モドキ≫を作製。それらしく見えるでしょうか?続いて「内火艇」のセットアップです。これもまた、NET等で色んな資料を見ながらそれらしくです。カッターも同様です。そしていよいよアンテナ線や信号旗索等の空中線の貼りつけで...

甲型駆逐艦《不知火》の製作④

《不知火》の製作ですが、かなり進んでます。リールの作成ですが、今回は小さい物が多いので、ロープは絹の刺繍糸で再現です。巻き終わった物は#45のタンで麻の色を再現です。(途中1ッ個粉失して探すのに半日掛かりました・・よく有るんですよ)続いて砲身根元の防水布です。最初は止めておこうと思っていたのですが、やっぱり付けました。いろいろ考えたのですが、これは濡れティシュの紙を利用しました。水に強いのに着目で...

甲型駆逐艦《不知火》の製作③

不知火の進捗です。結構悩んでいます。悩みの種はマストです。構造物が少ないのでマストは目立ちますし、また、見せ場ですよね。その前に、煙突のステーを追加しました。0.3mmのピアノ線です。これは結構上手く行きました。それらしく見えるでしょ!そしてマストですが、メインの支柱だけ真鍮線1.0mmに置き換える事にしました。信号桁や無線桁等を半田で接合しましたあ、真中の斜めに取りつける信号桁の取り付けはとって...

甲型駆逐艦《不知火》の製作②

前回、ニチモの説明書の素晴らしさを書きました。内部機器の名称解説等も有りキッチリと作ろうと気合いを入れてました。ところが、なんだこれ!~窓が塞がってるじゃないかこれじゃせっかく作りこんでも内部が見えないではないか!「う~む!」仕方がないので、窓部分をカットして窓を作ることにしました。切り取った後にドリルで穴を開け、支柱を立てます。そして内部をキッチリ作って指令所を完成!でも、やっぱり余り内部はよく...

甲型駆逐艦《不知火》の製作①

さて、今回のチャレンジはニチモ1/200 駆逐艦《不知火》です。ニチモは古いメーカーですが、もうプラモデルからは撤退し、今はプラスチックのバケツ等を細々と作っているようです。そういえば新しいキットはすでにずいぶん前から作っていませんでした。でもこのキットの様に1/200の艦船や他社が作らなかった護衛艦など、今でも復活してほしいキットがたくさんあります。そんな中で、無くならない内にと思い1年位前にネットで購...