何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

French battleship Danton ⑤ 完成です!

2017/09/30 17:06 ジャンル: Category:フランス海軍 戦艦ダントン
TB(0) | CM(10) Edit

《フランス海軍 戦艦ダントン》完成です。
このキットはある方から戴いた物なんですが、こんなチャンスでもなければおそらく作らないキットですね。
ありがとうございました。
調べてみると1909年に進水、1917年にドイツの潜水艦に撃沈されたとなっています。
全長146.4m、排水量:18,360トンとなっています。
ちなみに、「三笠」は1900年進水、全長131.7m、排水量15,140トンです。
しかし作ってみると中々味のあるフォルムと後の巨大戦艦への基礎となる通過点がよくわかりますね。
主砲と見間違うかと思うくらいの大きな副砲が12門もあります。真に浮かぶ砲台ですね!

こうして見ると、なかなかの雄姿ですね。
銘板も付属の物をゴールドで仕上げ、かなり濃い墨入れをしたのですが、いい感じになったと思っています。
1709301.jpg
それと艦底色をグリーンにしたのは正解でした。
通常の赤い艦底色だと、ただ古い戦艦になってしまったような気がしますが、この色のおかげでとても新鮮に見えます。
17093002.jpg

17093003.jpg

17093004.jpg

17093005.jpg

17093013.jpg

170930091.jpg 1709300111.jpg

次は・・・久しぶりに飛行機と思っていますが、その前に水彩画も気になっています。
また新しい画題に挑戦します。
スポンサーサイト

フランス海軍 戦艦ダントン ④

2017/09/28 14:57 ジャンル: Category:フランス海軍 戦艦ダントン
TB(0) | CM(2) Edit

朝夕、めっきり涼しくなってきましたね。
模型部屋もエアコンのお世話になることもなく、とてもいい季節です。(でもいい季節はチョットだけですね)

ダントンも終盤に入ってきました。クレーンも取り付け、ボート類もしっかり固定しました!
17092801.jpg
ランチも少しオーバースケールのように見えますが手摺を取り付けました。でもこれは船体が小さいだけで、手摺のサイズは1/350なのでこれでいいのですよね。
17092810.jpg

マストは建てる前に張線の張れるところは先に張っておきます。
それと、信号旗用のロープ滑車は何時もの《I-ボルト》を利用します。下部の受け側も《I-ボルト》を張り付けています。
17092802.jpg
前方のマストの様子です。信号旗用ロープがまずまずの感じで再現できました。このロープはミシン糸で、まったく毛羽立ちのないテグス糸の様な素材です。テグス糸より柔らかく柔軟性があるのでとても使いやすいのですが、非常に細いため使用箇所が限定されるのが残念です。もう少し太いのがあれば、張線はすべてこれでいけるような感じがするんですがね・・。ちなみに色も付いており、濃い茶色です。
17092803.jpg
後部マストの様子です。
17092804.jpg

続いて水平方向の空中線ですが、いつも弛んでしまうのが悩みの種ですが、今回このような冶具を作ってみました。
簡単なものですが船体を垂直方向に固定し水平方向の張線を垂直にしようという考えです。
17092805.jpg
結果、かなり上手くいきました。大成功です。1/350スケールならこの大きさで大丈夫そうです。
17092806.jpg

最後にまた余談です。
また腕時計の話なんですが、30年以上前に買いましたセイコーのスキューバです。潜水用ですので防水は万全でとても頑丈なのですが、とにかく重たいのが欠点で、長年使っていなかったのですが、今回ベルトをミリタリー風の布ベルトに交換してみました。
これだけでずいぶん軽くなり、最近はこれが常用となりました。
チョット濃い目のシャンパンゴールドの時計と、この緑のベルトが案外似合っていまして、ミリタリーWATCHに見えなくもないですよね。
17092807.jpg  17092808.jpg
実はこのベルトNETで買ったのですが、写真とモノが違っていまして、返品すると言ったところ、お店(どうも中国)から返品しなくてよいので、返金するとの事になりました。
ただ、このベルトは不要な金具や長さを変えたり、かなり改造しています。やっぱり現物を見て買うのが一番ですね。

水彩画 & その他

2017/09/23 17:30 ジャンル: Category:水彩画
TB(0) | CM(2) Edit

ここ最近は水彩画にはまってまして、また1枚描きました。パリ郊外の『ヴァンセンヌの森』という所です。
これは雲と水面の練習にはピッタリの画題です。
やっぱり何枚も描いて練習するしかありません。
意外とうまく描けたのが、左下の茂みです。表面に出ている蔦の葉が立体感を出してくれました。ここはマスキング液で白を残して、最後に色を入れました。絵の具の色が濁らずに綺麗に出たのがよかったのだと思います。透明水彩にマスキングは欠かせないテクニックですね。
17092301.jpg
処で、水彩画も習い始めで3年弱になり、自分の書いた絵が少したまってきました。
そこで、写真の様な箱を特注で作ってもらいました。
現役のころ、お付き合いのあった段ボール製函会社の親しかった営業マンに設計図を書いてお願いしました処、快く引き受けてくれました。(それも無料で!)本当にありがたいですね(^-^)
17092302.jpg
この箱がいっぱいになる頃はずいぶん上手くなっていることでしょう!


さて、『ダントン』ですが、クレーンと艦載艇を作りました。
17092303.jpg
内火艇には手摺、カッター類には固定ロープなど、少しディティールアップをしよかと思案中です・
17092304.jpg


もう一つ余談ですが、メインで使っていたPCが不調で、立ち上げ時に何回もエラーが出ます。再立ち上げで何とか立ち上がるんですが、そろそろ限界かと思い、サブ機で使っていた自作のPC(右側、左は3番機です)をメイン機にすることにしました。2008年ころに作ったものですが何とかWindows10もインストール出来ました。
データについては、我が家はNAS(Network Attached Storage・・・ネットワークに接続して使えるHDDでネットワーク内のPCでファイルを共有)を導入していますので、特にデータの移設などは必要ありません。これって凄く便利ですよ。もちろんNASの内容は毎日深夜の時間帯に別のHDDに自動でバックアップを取っています。
17092305.jpg
そんなことで、この際と言うことでディスプレーを大型に変更しました。
ワイドタイプの28インチです。かなりでかいです!そしてキーボードもワイヤレスタイプに交換。これでメイン機として十分な機能となりました。ワイヤレスキーボードも便利ですね。
17092306.jpg
ところが困った事に、このディスプレーは高さが高すぎて所定の位置に入りません。
そこで、また一工夫です。下の写真の様なスタンドをストックしている木材で自作。これですっきり収まりました。
17092307.jpg
これで、しばらくは安心です。
現役時代から、社内には『コンピューターは機械ですので必ず潰れますよ~~~!』とアナウンスをしていました!
データのバックアップをないがしろにしている人は大勢いますね。社長をはじめ役員関係は特にそうでたね(笑)。
皆さんも、バックアップは必ず取ってくださいね!

フランス海軍 戦艦ダントン ③

2017/09/17 16:15 ジャンル: Category:フランス海軍 戦艦ダントン
TB(0) | CM(4) Edit

水彩画で時間をとられ、ダントンの方が遅れ気味です・・・と言っても自分用なので納期などないのですが。
今回はマストと煙突を中心に進めています。

マストですが非常に細いので張線の時に少し心配なので真鍮線で一部を作り変えています。
17091601.jpg
17091602.jpg 17091603.jpg
続いて煙突です。
最近は1/200が多かったので1/350が非常に小さく感じます。
このファンネルキャップも老眼が進んだ事もあり細かいところがよく見えなくてこれで精一杯です。
アップした写真を見るとひどい出来ですね( ;∀;)・・・細かいところは気にしないことにします。
煙突は塗装後、ラッタッルを描ける難関が控えています。
17091604.jpg
ファンネルキャップも黒で塗装するとあまり粗が見えなくなりますね。
17091605.jpg
なんとなく全容が見えてきました。
細かいところはさておいて、あとはクレーンとボート類です。
17091606.jpg


水彩画 チェコ・プラハ旧市街広場完成です。

2017/09/09 21:23 ジャンル: Category:水彩画
TB(0) | CM(5) Edit

前回は下書きまで完成でしたが、約6日間かけて彩色できました。私にとっては長くかかった方です。
夕焼けに染まった市街地を描くのは初めてで色々試行錯誤しながらでしたので少し時間がかかりました。
17090901.jpg
色々苦労しましたが、街灯の周りが照らされているところもそうなんですが、なんといっても石畳ですね。
いくら水彩画と言ってもここは石畳が石畳に見えなければこのヨーロッパの広場の魅力が半減ですよね。
そして長い歴史を経て、ツルツルになって石畳が光っているところがミソですね。
さて、そのように見えますかね??

とりあえず絵が完成しましたので、『ダントン』も少しづつ進めています。
17090902.jpg

もう一つ、おまけです。
去年の夏、一度このブログで紹介しました集音機です。
子供向けの夏休みの工作の宿題用で市販されていた組み立てキットだったんですが、ボール紙でできています。
これが結構なもので、夜、寝室でテレビを見るとき大きな音は出せませんのでとても役に立っています。
音はかなりチープな音で低音は全く聞こえません。それが幸いして台詞がかなり明瞭に聞こえるんです。
17090904.jpg
そこで、これからもしっかり使えるようにと、筐体を作り直しました。
部品はたったこれだけです。
筐体は得意の100円ショップで調達です。
17090905.jpg
電子基板には取り付け穴がないので固めのウレタンスポンジに挟んで固定しています。
日本橋の共立電子で イヤホンジャックやスナップスイッチなどを購入してしっかりしたものにしました。
17090307_201709092035007cc.jpg
と、言うことで完成です。
形こそパラボラアンテナになっていますが、その効果はほとんどありません。指向性はほぼ0で、周囲の音をすべて拾います。
なので、使い道は夜テレビを見る時だけです。でもとても重宝しています。
歳をとって少し耳が悪くなっているようですが、それにしても最近の映画やドラマは小声でしゃべるシーンが多いですね。
昔の東映や大映の映画俳優は皆さん、言語明瞭でしたよね(笑)!
ただ、最近のテレビは字幕が出るようになっているので、これは助かりますね!
17090908.jpg

デジタルカメラのダイナミックレンジ

2017/09/03 10:31 ジャンル: Category:水彩画
TB(0) | CM(4) Edit

水彩画教室の話です。
先月の課題の『建物』が終わり9月は『静物・野菜』なのですが先生が私に忖度して(笑)下さり、「男の方はあまり静物は好みで無いようなので、お好きな絵を描いてくださいね」とおっしゃってくださいました。ありがたいですね

そこでネットで色々と良い絵になる風景を探していたのですが、今回はこれ!夕焼けに染まるプラハです。
とても難しそうなんですが新たな挑戦です。
写真は暗くてつぶれた部分が多いのですがヤッパリ下絵を書くときには微妙な建物の構造が知りたいので少し(かなり大胆に?)
写真を調整してみました。
17090201.jpg
もちろんこの写真は、ネットから拝借したものでJPEGなんですが明るさ、コントラスト、色合い、鮮度などを調整するとここまで調整ができます。
しかし凄いですね!以前のフィルム写真ではラチュ-ドの調整である程度は出来ましたが素人では難しく簡単には出来ませんでしたが、今やパソコンの標準ソフトで簡単にできます。もう、これって昼間ですよね。
JPEGは1色8ビットで再現ですので3色で24ビット、ダイナミックレンジは40デシベルと言う事ですが、これはPCのモニターで見ることが原則で開発された圧縮方式ですので十分なんですが、ある程度の性能を持った1眼レフではRAWと言うデータを加工しない生のデータを記録することが出来ます。これなら1色14ビットですのでダイナミックレンジは70デシベルになり更に専用の現像ソフトで様々な調整が出来ます。私も何度か試したのですが、このソフトが難しい!研究中です。
でも、今回このダイナミックレンジについて色々調べたのですが面白いですね。デジカメも奥が深い!!
17090202.jpg
そんな事をしながら下書きが出来ました。この絵のポイントは街灯の周りの光の分散と、光る石畳ですね。
難しそうですが楽しんで描き進めます。習作ですので失敗は覚悟の上です。
17090203.jpg

さて、「ダントン」ですが少しづつですがやってます。
錨の件なのですが、右舷に2個、左舷に1個と合計3個あるのですが甲板上の巻き上げのキャプスタンが2個しかなく錨鎖の通路もなんだかよく解りません。色々調べてやっと見つけたのがこの図面です。でも、このキャプスタンがない鎖はどうやって巻き上げるのでしょうか?
17090301.jpg
とりあえず図面の通りとしました。
17090302.jpg
17090303.jpg

また余談ですが、昨日、先月に続き京都市交響楽団の定期演奏会に行ってきました。
今回は何と大好きなベルリオーズの「幻想交響曲」です。
ベルリオーズの手によるプログラムには「ある若い音楽家が情熱にかられ、あらゆる魅力を備えた一人の女性に恋をした。情熱から来る錯乱はアヘンの力を借りて彼を支配する」とあります。
この錯乱した中で主人公は断頭台で処刑され魔女や物の怪たちの世界へ落ちて行く様子は他の音楽には無いとてもダイナミックで、おどろおどろしく、その情景が展開します。
今回も京都市交響楽団の演奏は素晴らしい物で、この曲で特徴的な各楽器のソロパートの力量もとても素晴らしい物でした。
そして複数のティンパニー、大太鼓の極小音による不気味な響き、舞台裏のオーボエ等と、とても魅力的な曲です。
この曲は生のオーケストラで聞くと今まで以上にその魅力が発見されます。
大音量と極小音の広大なダイナミックレンジはレコードやCDではぜったに再現できない音の世界ですね。
ただ、残念だったのが、鐘の音です。鐘も舞台裏での演奏でしたのでどのような鐘かは見ることが出来ませんでしたがチュウブラベルの様な音でした。それもかなり高い音で、私が長年愛聴してきたアンセルメ・スイスロマンドの、お寺の鐘の様な重低音の鐘の音ではなかったことです。しかしこの低い音での鐘が特殊なんでしょうがね。でも、地獄の底で響く鐘なのでアンセルメの感性が正解だと思います。
もう一つ、終盤で演奏される弓の木部で弦を叩コル・レーニョ奏法です。楽しみにしていたのですが、音が小さく聞こえませんでした。ヤッパリ皆さん弓が痛むのが嫌なんでしょうね(笑)
17090401.jpg
私はとても感動して帰って来たのですが、家内は・・・まあまあだったそうです(>_<)

プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR