何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

海上保安庁巡視船 「いず」 ①

2016/08/29 10:38 ジャンル: Category:プラモデル
TB(0) | CM(6) Edit

今回作成するのは、海上保安庁巡視船「いず」に決めました。
モデルアートで活躍されているHIGH-GEARedさんの個展で拝見し、次はこれだ!と決めていました。
HIGH-GEARedさんの作品です!素晴らしいですね。
16082908.jpg
上の写真ではとても大きくみえますが、実物は小さいですね。
しかしよく見ると、モールドは非常に精密で、難しそうですが期待も膨らみます。
16082901.jpg
こんなに小さなキットですが、船体は3つの部品から出来ており、その精密さは素晴らしい物です。鋭いエッジなど作業中、欠けない様に気を付けなければならないほどです。
16082907.jpg
さて、ここからが問題です!
モールドが小さすぎて、これをどう塗り分けるか!です。緑の甲板に真っ白なビットや錨巻き上げ機など、ピシッツと決めて初めて巡視船の美しさが決まりますからね。
16082902.jpg
しかし、これら巡視船のキットは現在1/700しかありません。現行憲法の中で、そしてあの尖閣の緊張した状況の中で、本当に活躍し、苦労されているのは巡視船です。プラモデル業界も、そう言う意味で、もっと大型キットを作り、応援してほしい物です。
軍艦ばかりがプモデルではありません。海上保安庁巡視船もカッコいいですよ!


話は突然変わります。
まだ、8月で夏のまだまだ暑い盛りですが、年賀状の心配をしていました。
年賀状は昔購入した年賀状ソフト「筆まめ」を長年使っていましたが、windows10にUPしましたところ、使えませんでした。
この様なソフトは使い慣れたものがよいので何とかならないかと思ったのですが、何とかならないものですね(笑)
最新バージョンの購入も考えましたが、その前にフリーソフトで良いのが無いかまず探してみよう!と言うことで検索してみました。
一番最初にヒットするのが日本郵便の「はがきデザインキット」ですが、これがインストールしてみると何とも使いずらい!
住所録の入力フォームは文字が小さくて、『これ、だめ~!』です。その他の機能もとても豊富なんですが複雑すぎて、最近はこんなのを使いこなす気力が在りません。と言うことで却下!
そんな中で、見つけたのがこれ!Windows10も対応です。
16082903.jpg
インストールすると、こんな可愛いショートカットもできます。
16082904.jpg
フリーソフトですので、詳細な説明書が有るわけではないので、最初はいろいろと試行錯誤ですが、そのうち「なるほど!」と解ってきます。基本的な機能も十分で、住所録の入力もわかりやすく、郵便番号も、日本郵便のデータベースをインポートすると自動で住所を入力してくれます。
年賀はがき以外にも対応で、普通はがき、封筒なども対応です。その他の機能もそれなりにカバーしており≪採用!≫です。
16082905.jpg
少し不満な点は、住所欄のサイズが固定でフォントサイズを大きくすると長い住所がはみ出る事と、住所欄が2行しかないことです。さすがに≪筆まめ≫では、長い住所は自動的にフォントのサイズを小さくしてくれました。
しかし、そのあたりは運用で工夫ですね。(最近はマンションの名前が、やたらと長い!)
印字位置のずれも調整可能で、フリーソフトとは思えない優れ物です。
16082906.jpg
住所録のバックアップもCSV形式でエクスポートしておけば、安心です。
これ、使えますよ!
スポンサーサイト

海面作製(ただし、お遊びです。)

2016/08/27 18:11 ジャンル: Category:プラモデル
TB(0) | CM(2) Edit

ある時、ふと思い付いたのですが、アレで海面できないかな~?
と思い、早速やってみました。
建築現場で使う、シリコンの充填剤です。建築現場用なので、かなり大量に入っていますが、これで税込み200円ほどです。失敗しても許せる価格ですね。
16082601.jpg
このシーリング材はかなり粘度が高く、半透明で、プラスチックなどにも乾くと吸着します。
早速、飾り台の廻りにテープで垣根を作り、流し込みました。
適当にヘラなどで均一に伸ばします。スプーンの裏などを利用して、表面を叩き付け、波頭を作っていきます。
16082602.jpg
空気中の湿気と反応して硬化しますので、急いで形を整える必要がありますが、もともと粘度が高いので思うような形にはなりません。そんなことで、かなり荒れ狂った海になってしまいました。もう少し柔らかければ穏やかな海面になったと思います。
素材が半透明なので、台の黒が透き通って見えるため、着色は比較的簡単に済ませそうです。
Mrカラーのブルーでこれもまた適当に筆塗です。
16082603.jpg
そしていよいよ、完全に固まらないうちに大昔に作りました1/700「足柄」を グット押し付けます!エイヤーです。
16082604.jpg
波が砕けた波頭は、水彩画で使っている不透明のアクリルガッシュの白です。
これまた、適当に筆で波頭を描いていくと、・・・・なんとなく其れらしくなってきましたね(^O^)/
16082605.jpg
と言うことで完成です。写真だとそれらしく見えるでしょ!?
完成まで約1時間!あくまでもお遊びで、本格的なものではありません。今まで海面作製はやったことが在りませんので、こんなもんです。
船が波を切って進む姿は本当に美しく、飽きません!そして模型も動きが出てきます。ぜひとも習得したい技術ですね。
16082606.jpg

最後に。水彩画が出来ました。
はっきり言って失敗です。何といっても人が漫画です(>_<)
これではだめですね。そして、少し色がカラフル過ぎました。奥の木を紅葉にしたのが失敗です。(緑に塗り替えようかと思案中です)
16082607.jpg
色々失敗して上手くなるんでしょうね~~?

1/200 イギリス巡洋戦艦「フッド」 確保!

2016/08/24 14:26 ジャンル: Category:プラモデル
TB(0) | CM(6) Edit

今回はイギリス海軍で 最も美しいとされた巡洋戦艦「フッド」です。
16082401.jpg
以前、「たつさん」からのご依頼でトランペッター社の1/200ドイツ戦艦「ビスマルク」を製作したのですが、その時から「たつさん」は、ビスマルクと戦った「フッド」が発売されるのを心待ちにしておられました。そんな中で、ついに同社より1/200のフッドが発売されました。
かなり価格もアップし定価は59700円もする高価なものとなりましたが、ネットで色々検索していると、何と4割引きのお店が見つかり、「たつさん」の了解も得ず、即、注文してしまいました。(その後、了解は得ました)
私も、自分のコレクションとしてほしいのですが、もう飾る所が在りません(涙)。しかしこの1/200スケールの戦艦モデルは、本当にモデラーとしては楽しいですよね。

2日ほどで届きました!
でっかいです!大きな字で『MADE IN CHAINA』なんですよね・・。しかし、もし日本製であればこんな値段ではできないでしょうね。
16082402.jpg
船体は、前回のビスマルク同様一体成型です。肉厚も十分あり、とてもしっかりしています。
16082403.jpg
パーツも1490点と、1/200に相応した精密な『フッド』が期待できます。(またまた大変な作業になりますが・・)
16082404.jpg
船体の長さも1318mmと巨大なプラモデルです。しかし当時世界最大の『フッド』を再現するにはふさわしい大きさですね。
16082405.jpg
各パーツはスライド金型によりシャープなモールドで、艦橋構造物も一体成型で、非常に作り易く、これならビギナーでも出来るのではないかと思います。
16082406.jpg 16082407.jpg
精密な部品は緩衝材で保護してあり、日本製でもこのような気配り葉ありません。良いですね。
16082408.jpg 16082409.jpg
エッチングパーツも用意されており、これだけで、マニアの人もほぼ満足できる仕上がりになると思います。
写真では5枚写っていますが、裏にも入っており、合計9枚となっており、もし別売であれば、かなりの価格になると思います。ありがたいですね。
16082410.jpg
前回のビスマルクにはなかったのですが、船体には外板継ぎ目のモールドが入っています。これはありがたいですね。
そのうえ、艦底のビルジキールもモ-ルドとして再現されております。これも助かりますね。本当に作りやすいキットになっていると思われます。
16082411.jpg 16082412.jpg
そんな訳で、とても楽しみなのですが、これだけのキットですのでもう少しディティールアップしたいので。ポントスモデル社のエッチングパーツが出るのを待ちたいと思います。それまでは、お預けとしておきます。

最後に、『たつさんの』ご自宅に飾られている1/200「ビスマルク」です。いずれこの横に「フッド」が並びます。
その時は仲良くしてね(笑)!
16082413.jpg




伊52潜水艦の製作② 完成!

2016/08/20 16:06 ジャンル: Category:プラモデル
TB(0) | CM(6) Edit

伊-52語潜水艦、完成しました。
私もずいぶん作るのが早くなったものです。以前は「何時になったら出来るやら?」だったのにね(笑)!
私は、あまりウエザリングで汚すのは嫌いな方ですが、ヤッパリ潜水艦ですので、今回は少し錆など(本当に少しですが)も浮かしてみました。
16082002.jpg
ディスプレー台がずいぶん高いのは、前にも書きましたが潜水母艦「平安丸」の横に並べて展示し、喫水線を合わすためです。
16082003.jpg
【平安丸】です。《これは「たつさん」に差し上げましたので、並んだところは別途ご紹介します。》
16082009.jpg
16082004.jpg
16082005.jpg
最後にお詫びです。この完成写真ですが、スクリューのシャフトを取り付けるの忘れてました(>_<)はずかしいので小さい文字です

この写真、いいでしょう!
実は《CG》です!・・・少し大げさかな?!
今回の2枚目の写真をトリミングしたものと、前回の1枚目の写真の海の部分をトリミングしたものを重ねただけです。
でも、結構それなりに見えますよね!
16082006.jpg


ちょっと余談ですが、今回の作成中、エアコンプレッサーが不調となり、困りました。
もう、買って10年以上になりますが、当時としては一生物だと思いタミヤの一番高級機を買いました。
音は少し大きいのですが、風量も有り満足していましたが、時々急に動かなく(ロックしたような状態)なるんです。
仕方がないので、本体を分解し不具合を点検しましたが特に問題なし!(掃除だけはしておきました)構造はかなり簡単でモーターとクランクを利用したダイヤフラム式のためモーターの回転だけの確認でした。高級機だけあって、モーターの軸受けはさすがに大きなベアリングが採用されていました。しかし不具合は治りません。
と言うことでエアレギュレーターの点検です。
圧力計を見るとコンプレッサーを止めても、何時までも圧力が下がってきません。このままでコンプレッサーを回すと、内圧が高いためか?モーターがロックします。そのままだと過電流がながれ、モータを焼いてしまいます。しかしエアレギュレーターの水抜きを押して圧力を下げると、問題なくモーターは回ります。したがってエアレギュレーターが問題だと言うことになり、レギュレーターを分解・・・と言っても大したことはできませんが中のフィルターを掃除したり・・イロイロ触ってもとに戻すと、何と治ってしまいました(笑)!
16082007.jpg 16082008.jpg
とりあえずは、めでたしめでたしです!(^O^)/

伊52潜水艦の製作①

2016/08/16 21:15 ジャンル: Category:プラモデル
TB(0) | CM(2) Edit

さて、伊52の製作に取り掛かりました。
この潜水艦は戦争も終盤に入った1944年3月にドイツに派遣されます。目的はドイツの優れた製造技術を得るため、そしてその代償としての金塊を積んでいたことで有名ですね。ところが途中、大西洋で撃沈され金塊もろとも海底深くに沈んでしまったのです。
その後船体は発見されましたが金塊の発見には至っていないようです。
下の写真は、写真でしょうか?絵でしょうか?水彩画みたいなタッチのとても気に入った画像です。
16081601.jpg
最近は、大型のキットが続いていましたので、このパーツの少なさはほっとします。おまけにこのキットでは使わないボート類のパーツが入っています。おまけなんでしょうか?
16081602.jpg16081603.jpg
前回も少し書きましたが、これは以前作りました潜水母艦「平安丸」と並べて展示したく、吃水位置を合わすため、ディスプレー台の足の高さを合わす工夫をしています。
アルミのパイプを買ってきまして、その先端にボルトを埋め込んで、船体にねじ込むようにしています。
16081604.jpg16081605.jpg
「平安丸」に寄り添う姿を浮かべながらの製作です。
こんな感じ!(画像はNETより拝借)
16081609.jpg
1/350と言っても小さな船体です。しかし、金型の精度は高くモールドもシャープで気持ちよく組み立てられます。
16081606.jpg

続いていつもの余談です。
孫1号のYMちゃんと夏休みの工作の材料を買いに手芸店に出かけたのですが、こんなものが工作の材料として売っていました。
電子式集音器です!
パラボラアンテナの中心にマイクを立て、内臓アンプで増幅しイヤフォンで聴くようになっています。
これって、大人でも男子なら、そそられますよね。段ボールに型押しされた部品を両面テープで組み立てます。
小さな電子基板、イヤフォンも入っており、これが何と、税込みで750円ほどで、驚きの価格です。
実は、少し年齢のせいか?テレビの小さな音が聞こえにくくなっています。そこで、夜、寝室でテレビを見る時に試してみたのですが、結果はBerryGoodです!音質はすこぶる悪く、低音はまったくありません。しかしこれが幸いし、人の音声(セリフ)がはっきり理解できるんです。これなしではほとんど聞こえない小さな音でもセリフがはっきり聞こえるんです。かなりの優れモノだと思います。
16081607.jpg

いつもの水彩画です。今回は建築物と人物です。先生がもって来られたサンプル写真からこれを選びました。
どこの風景ですか?って聞くと、解らないそうです(笑)!
そこで大体の見当をつけてネットで調べてみると、ハンガリー・ブタペストの「マーチャーシュ教会」と言う所です。
今回は頂いた写真から少しアレンジしています。今週金曜日が教室ですので、とりあえず先生に見せられるところまで描いています。問題は人間です!人間は特に苦手です。さてどうなりますやら!?
16081608.jpg



週刊 10式戦車を作る

2016/08/10 14:43 ジャンル: Category:その他
TB(0) | CM(2) Edit

今回は、以前より時々紹介しています「週刊 陸上自衛隊10戦車を作る」です。
毎月初めに4週分をまとめて送ってきます。
16081001.jpg
部品はこんな感じで入っていますが、少ないですね!(笑)
しかし塗装済みのダイキャストで作られたパネルですのでずっしり重く、戦車モデルとしてはかなり重厚感がでます。
小さなビスで次々とパネルをつないでいく感じです。(しっかり締めておきます)
16081002.jpg 16081003.jpg
それと、この小さな塩ビのような素材でできた小さなハンドルを瞬間接着剤で取り付けて行くのですが、これがかなりの数が在り、結構めんどうなんです。そして作業中に以前取り付けた個所が取れてしまったり、気を付けなくてはいけません。
でも、この小さな部品が模型の精密感を出すんですよね!
16081004.jpg 16081005.jpg
今回は62~65号で、ここまで出来ました。最終100号の予定ですので、完成はもう少し先になります。
16081006.jpg
キャタピラーの片方は完成です。これもすべてダイキャスト製ですのでかなりの重量が在ります。
16081007.jpg

さて、次はこの潜水艦「伊52」を作成予定です。
前回作りました潜水艦母艦の「平安丸」と並べて展示するためです。
16081008.jpg

最後に季節的に「花火」ですね。私の住む茨木には大きな弁天さんがあり、毎年8月8日に「弁天さん花火大会」があります。小高い丘の上で、隣には茨木カンツリーと言うゴルフ場も在り、都会とは思えないようないい場所です。(春の桜も素晴らしいですよ)
昨年は中止となったのですが、今年は無事に花火大会が開催されました。それなりに屋台がたくさん出まして、警察も交通整理をやっています。と、言っても淀川の花火大会や天神祭りを期待してはいけません(笑)

それなりに、打ち上げ花火が上がります。今年は歩いて5分ほどの川の堤防から10分ぐらい見物してきました。歳を取るとこんなもんです。
16081009.jpg16081010.jpg
所で、花火の写真は意外と難しいのです。以前は一眼レフで苦労して撮影していましたが、これがなかなか上手く撮れないんですよね。ところが、最近のデジカメは「花火モード」と言うのがあり、シャッターチャンスさえ逃さなければ、簡単にきれいな花火が取れます。技術の進歩は素晴らしいですね。この写真も、軽い気持ちで、手持ちで撮影したものです。

使ったカメラはこれです。
NIKONのCOOLPIX P-7800と言うカメラです。
私も結構カメラは昔からやっておりまして、ずいぶんいろんなカメラも使いましたが、これに勝るカメラは無いと思っているほどです。コンパクトデジカメでレンズ交換はできませんが、F2-4,6mm-42.8mmと7倍ズームで充分な性能です。特にレンズが明るいのが非常に助かっており、少々暗くてもばっちり綺麗に撮れます。マクロ撮影も、プラモ撮影には必須ですがこれもかなり接近でき、マニュアルでのピント合わせも可能です。また。動画もハイビジョンで1ショット30分位撮影できます。ビデオカメラも持っていますが、もうこれは一切使わなくなりました。コンデジにしては少し大きめですが、少し凝った写真を撮りたい方には是非、お勧めです。最新型ではないので価格も3万円台になっており、凄くお買い得だと思いますよ!
16081011.jpg 16081012.jpg




水彩画 & ジャズ・フェスタ

2016/08/01 10:32 ジャンル: Category:水彩画
TB(0) | CM(1) Edit

毎回、小出しにしていました水彩画ですが完成しました。
教室の課題だった『夕焼けと船』です。NETから拝借した写真を元に描きましたので、一応習作と言うことで見てくださいね。
色々と反省点はあるのですが、とりあえず、一番厳しい評論家の家内から合格点が出ました(笑)。
もし、教室へ通っていなければこのような絵は描かないと思いますので、ヤッパリこうして課題を与えられいろんな絵を描くことは大事ですね。次は建物なんですが、必ず人物を入れる事です。人物は難しですね!
16080101.jpg

さて、毎日暑いですが、この暑い中、我が町「茨木市」では毎年この時期に「茨木フェスティバル」が開催されますが、この中でも私が最も楽しみにしているのがこの「ビッグバンドJAZZフェスタin茨木」です。
今年で6回目を迎えますが、本当にアマチュアバンドとは思えないくらい素晴らしい演奏で、大好きなビッグバンドJAZZを生演奏で、まして無料で聞けることは最高です!
16080102.jpg
16080103.jpg
皆さんにもこの素晴らしい演奏を聴いてもらいたくてYOUTUBEにアップしています。
ブルージーンジャズオーケストラの演奏で、カウントベーシーの「STAIN DOLL」です。


猛暑の中、屋外ではいくつかのステージがあり、小さなコンサートも開催されています。
もちろんお祭りですので屋台もいっぱいです。
16080104.jpg 16080105.jpg

プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR