何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

1/200ホーネットCV-8 の製作⑰ 完成~!

2015/07/03 21:21 ジャンル: Category:USS-ホーネットCV-8製作記
TB(0) | CM(14) Edit

USS ホーネット CV-8 ついに完成しました!

昨日、ケース屋さんから物凄くデッカイ荷物が届きまして、いよいよ別々に作っていた艦橋やラッタル等を付け終え、ついに完成です。
艦載機は以前先行して作製していましたので本体だけでは3月29日から再開ですので約3カ月ちょっとで完成しました。
艦載機を先に作っておいたのは本当に正解です。今から作るとなるとウンザリしますよね。
会社を完全リタイヤし、サンデー毎日ですので意外と早く出来ました。

まずは、この日本本土を真珠湾の報復として東京爆撃した憎っくき「ドゥーリトル レイド」の雄姿を見てやってください。
今回は完成披露ですので、写真はサムネイルでUPしていますので写真をクリックして頂き、写真のリンクをクリックして頂くと大きな写真が見れます。ピントもぴったりですよ!
15070301.jpg
B-25 16機を満載です。
15070304.jpg
15070305.jpg
15070305 (2)
15070306 (2)
甲板上の杭の様な物は、何なのか解らなかったのですがブログリンクさせていただいているHIGH-GEARedさんから教えて頂きました。これは「遮風柵」だそうです。
なるほど、強風の吹く甲板上で作業する時に立てるようです。納得しましたので派手に全部立てました(笑)!
15070308(00).jpg
15070308(01).jpg
15070309(1).jpg
15070309(2).jpg
15070310.jpg
15070311.jpg
15070312.jpg
15070313.jpg
15070314.jpg
15070315.jpg
15070316.jpg
15070317.jpg
これは写真をモノクロにしたのですが、意外とモノクロの方が時代感も有り、もしかしてこの方がいいんじゃ無いでしょうかね?!
15070397.jpg

やっぱり、ケースに入れると一段と男前になりますね。ケースは高いですが値打ちは有ります!
さて、このでかいプラモデルを飾る場所が問題だったのですが、以前、「日本丸」を置いていた場所におくことにしました。
申し訳ないのですが「日本丸」には引っ越しをしてもらいます。
15070398.jpg

これがその日本丸ですが、今井科学の1/100スケールのかなりでかい物です。約20年前に作った物ですがその頃はまだまだ未熟で未塗装の部分なども有りますが、結構存在感は有ります。ケースもガラスやさんで板ガラスを切ってもらい自作した物ですが、これが重くて、引っ越しは大変でした。
15070399.jpg
さて、次は・・・なんでしょう??
スポンサーサイト

1/200ホーネットCV-8 の製作⑯

2015/07/01 22:30 ジャンル: Category:USS-ホーネットCV-8製作記
TB(0) | CM(2) Edit

ホーネットは最終組み立てをすると、細かいエッチングパーツや張り出したアンテナ類が危険です。
最近は細かい所への注意が散漫になり、絶対触ってはいけない所を何時の間につかんでいたり、引っかけたり失敗だらけです。
と言う事ですので、とにかく展示用のアクリルケースを注文しました。
幅1350mm奥行き280mm高さ380mmの巨大な物です。価格も送料込みで24100円!アクリルは高いんですよね

アクリルケースが届くまで、付属のネームプレートを作ってみました。
下地にミディアムブルーを吹きつけ、全面にマスキングテープを貼り付けます。
ここからが根比べで、よく切れるデザインナイフで文字の部分をフリーハンドで切り抜いて行きます。根気が続かないので3日掛かりました(笑)!
そしてゴールドを吹きます。
15070101.jpg
マスキングをめくる瞬間が快感です。上手く出来たかな~??
15070102.jpg
で、完成です。今回下地をミディアムブルーにしのが自分では気に入っています。ゴールドのはみ出たところは面相筆でリタッチですが余り細かい修正はしなくてもいいでしょう~!
15070103.jpg

さて、何時もの水彩画ですが、これはブログをリンクさせて頂いている「Higeさん」の撮影された写真を拝借しました。
Hige さん勝手に使わさせて頂きました。事後承諾でごめんなさい。
でもこの構図を見た時、いいな~♪、これを絵にしてみようと思いました。いい写真ですね!
そんな訳でこんな絵になりました。
15070104.jpg
これは宿題の絵で、取りあえず下絵が出来た所です。船のカーブは難しいですね。曲線で構成された立体物は本当に立体感を出すのが難しい!何度も修正した結果がこれですが、まだ何か納得できない所がありますが、それが何所かなかなか解りません。
15070105.jpg
明日から彩色です。

1/200ホーネットCV-8 の製作⑮

2015/06/26 14:43 ジャンル: Category:USS-ホーネットCV-8製作記
TB(0) | CM(7) Edit

ホーネットも終盤です。
これはクレーンですが、キットのクレーンも何故か手抜きです。支柱上段の手摺りや、クレーンのワイヤー等がありません。
そこでストックしてあった1/350用の手摺りや円形のパーツなどを使ってそれなりにディティールアップ!ワイヤー等もピアノ線で追加です。
15062601.jpg

そしていよいよマストです。ここは頑張って決めなければいけません。
マストの横の桁は全てピアノ線に交換です。真鍮線よりピアノ線が断然いいですね。
接着は全て瞬間接着剤です。ここで威力を発揮するのが瞬間接着剤硬化促進スプレーです。
これがないと細かい接着は無理ですね。瞬間接着剤は100均の物でも十分使えますが、この硬化剤はWAVE社のスプレータイプがベストです。他社の物も色々試しましたがダメでした。
15062602.jpg
これは後ろマストです。
15062603.jpg
これはデカールの星条旗です。
デカールだけでは旗としては使えませんので、トレッシングペーパーに両側から貼り付けサンドイッチ状にします。
水を使うので自然と紙が波打ち、いい感じになびいているようになります。
15062604.jpg

そんな事で、いよいよアンテナの組み立て・・と言うか貼り線の工程です。
今回の貼り線は、一部を除いてすべて0.2㎜のピアノ線です。
ピアノ線を使うと本当に張力を掛けなくてもピ~ンと真直ぐに張れます。コツは長さを慎重に測り、ぴったりの長さを作る事。
瞬間接着剤を付け過ぎない事!塗料が載る様の事前にペーパー等で表面に傷を付ける処理をしておく事!(瞬間接着剤もよく効きます)・・等です。
15062605.jpg
これは同じ0.2㎜でも真鍮線はすぐに曲がってしまうので、やっぱりピアノ線ですね。基本的に鋼線ですので細くてもピ~ンとしていますからね。でもこれも1/200だからで1/350なら少し太すぎます。
15062606.jpg
15062607.jpg
15062608.jpg
どうでしょうか?自分なりには大成功です!

さて、甲板上のエレベーターですが、以前どこかでエレベーターが下がっているときは転落防止の手摺りがあったような写真を見たことがありました。
そこで、ネットで散々調べた結果、ついにこの写真を見つけました。やっぱり有りました!
さて、これをどう作るかです。
15062609.jpg
で、考えたのがこれ。
縫い針です。縫い針なら先端に理想的な穴が開いていますよね(^O^)/
NETで買って25本で300円。
15062610.jpg
これをライターで焼いてメッキを剥がし6㎜の長さに切断します。
ここからが難しかったです。
目立つ所ですので取り付けた際、高さがいびつではみっともないですよね。
そこで、針に事前にピアノ線を通して高さを揃える冶具を作っておいて5㎜の高さに揃えます。(事前に取りつけ穴を開けておきます)
15062613.jpg
最後にテグス線をぐるっと一周まわして完成です。
これも思った以上の出来で満足です!
15062611.jpg
いよいよ終盤になりましたが、下の写真のL型の部品、これが何か解りません。普通よく着艦に失敗した時??用でしょうか、ネットがあるのはよく見かけますがこれはなんでしょうかね?おそらくネットと同じ目的と思いますがなぜこんな形なのか、実際はどんな構造の物なのか?
それで塗装や省略できるのか等が解ります。どなたかご存じの方いらっしゃいましたら教えてください。
15062701.jpg

最後に、ちょこっと水彩画です。
今回の宿題は水面の表現です。
奥の方は静かな清流ですが画面の手前付近で急な段差があり、ここから急流になっている所です。
どうですか?そのように見えるでしょうか。
15062612.jpg

1/200ホーネットCV-8 の製作⑭ + 余談

2015/06/17 21:49 ジャンル: Category:USS-ホーネットCV-8製作記
TB(0) | CM(4) Edit

ホーネットも終盤に入ってきました。
各部署に手摺りやラッタルを取りつけると、かなりカッコよくなってきました。
15061701.jpg
このメーカーのエッチングパーツは割としっかりしていて特に手摺りは折り曲げ部分が加工してあるのでとても扱いやすいですよ。
ちなみに前にビスマルクは、ただ真直ぐな手摺りパーツでしたので折り曲げ場所を正しく曲げるのが面倒でした。
15061702.jpg
以前にも書きましたが、このキット意外なところで手抜きがあります。
飛行甲板の際先端に有る甲板員の避難場所?なんですが転落防止のネットなどがパーツで有りません。これは必要ですよね!
そこで考えたのがこれ!
100均の台所用品で「灰汁取り」を買いまして(網目が非常に細かい)、真鍮線で枠を作ってみました。網はステンレス製なので半田は無理でしたので瞬間接着剤です。形は適当です。
15061703.jpg
で、完成したのがこれです。
15061704.jpg

さて、また余談です。
バスの前方に有るおおきなマンション。
実は17日、天保山桟橋にに入港した大型のクルーズ船です。
15061705.jpg
バハマ船籍の「マリーナ・オブ・ザ・シーズ」です。前回の「クリスタルシンフォニー」は51000トンだったのですが、これはなんと138000トンです。さすがにデカイ!桟橋ぎりぎりです。
このクルーズは出発が上海からですのでほとんどが中国の方ばかりです。大阪で爆買いしてくださいね!
15061706.jpg
しかし余りにもデカイので全体の写真が撮れません。
何かいい方法はないかと考えた結果、よく見るとこの岸壁は港の奥まった所に有るので川のようになっています・・・と言う事は、そうだ!対岸へ行けばいいんだ!!
15061707.jpg
15061708.jpg
と言う事で早速、車へ戻りカーナビチェックです。
なんとか対岸に見れそうな場所があります。(USJの横辺りです)
この辺ほ此花区になるのですが、さすがに港湾地区ですね。普通見られない港湾施設がいっぱいで別世界です。
やっと海が見える場所までたどり着いたのですが堤防が高くて肝心の船が見えません。
ウロウロしていると守衛さんが立っている岸壁があり、近付いてみると中に堤防に登る階段があるではないですか!
そこで守衛さんにお願いして入れてもらいました。
「海に落ちるなよ!」って言われながら登ると眼前に見えたのがこれ!やっと念願がかないました。
でもこの場所は迷惑がかかるといけないので秘密にしておきます。
15061709.jpg

余談Ⅱ!
今、勉強中の水彩画です。
またまた宿題で、水の表現がテーマです。今回も2枚。
1つ目は「奥入瀬」です。奥入瀬の清流に見えますかね?
15061710.jpg
もう一つがこの漁港?でしょうか、漁船の絵なんですがほとんどが港の水面の表現です。
これは難しかった!!描けば描くほどとげとげしくなってご港内のゆったりとした水面から遠ざかっていきます。
諦めてこの辺でやめときます。
15061711.jpg
最後がこれ!これは宿題ではないのですが、以前私がイタリア・フィレンツェに行ったときにウフィツィ美術館の中から撮影したヴェッキオ橋です。
ヴェッキオ橋またはポンテ・ヴェッキオ(Ponte Vecchio)は、イタリアのフィレンツェを 流れるアルノ川に架かる橋。イタリア語で「古い橋」の名が示すとおり、フィレンツェ最古 の橋です。橋の上には金細工屋さんがいっぱい在ったのを覚えています。
何故かこの写真が非常に気に入っておりまして、何時かこの絵を描こうと思っていました。
と言う事で初めての挑戦です。これも水に映ったヴェッキオ橋の表現が決め手です。難しい~~~~!
15061712.jpg
川の水面はもっと暗く描きたいのですがこれ以上暗くするテクニックが解りません。暗い絵ってほんとに難しいです。暗い色を塗るのは勇気が要りますね。明日先生に聞いてみます。

1/200ホーネットCV-8 の製作⑬

2015/06/07 15:24 ジャンル: Category:USS-ホーネットCV-8製作記
TB(0) | CM(2) Edit

艦橋部の製作に入りました。
ホーネットの艦橋部は日本海軍と比べると大きいですね。
目立つ所ですので、このキットでもエッチングパーツも豊富で作り応えがあります。
ここでも問題なのが迷彩(ダズル)塗装です。簡単なようですが立体物に迷彩を施すのは案外難しい物です。
今回は艦橋をスキャナーで等倍スキャニングして、紙にプリントし、そこに鉛筆でデザインと位置決めをしました。
後は何時も通りマスキングテープでの作業です。
15060601.jpg
なんとかベース部分のマスキング画出来ました。

この外部階段!これは難しかったです。特に手摺りを付けた後に柱を取りつけるのですが結局、柱は少しいびつになってしましました。
それと、各所に有るモンキーラッタ(梯子)ですが、一番目立つ所のラッタルがエッチングパーツではなくモールドだけなのです。
これはいくらなんでもイケマセン!
仕方がないので急遽、調達しました。しかしエッチングパーツは高いですね。これだけで1枚2000円!
15060602.jpg

このレーダーも精密でとてもいいんですが、組み立てはかなり難しかったですね!
15060603.jpg

ここからは水彩画です。
先週出ました宿題が、「水のある風景」と言う事で、先日行きました渥美半島のヨットハーバーで撮りましたレジャーボートの写真を絵にしました。やっぱり水面の表現が難しいですね。ああでもない、こうでもないと、ヒネクリ返している内に、、汚い色になってしまいました。絵具は重ねるほどに汚くなります。
15060604.jpg
もう一枚描きました。これはスペイン・セビーリャにあるスペイン広場の風景です。
やはりこの絵のポイントはいかに真直ぐ立っているところを描くか!そして遠近を付ける消失点に合わせた角度を正確にデッサンするかです。そう言う意味で今一歩です。
15060605.jpg
今は、青森の奥入瀬峡谷にチャレンジ中です!

プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR