何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

ラジオコントロール 1/16 KING TIGER を作る ④ 完成!

2017/11/19 11:40 ジャンル: Category:1/16 KING TIGER
TB(0) | CM(10) Edit

一応、完成しました。一応と言うのは、もう少しウエザリングをした方がよいかな??と思うのですが、何しろ大きいのでごまかしがききません。いろいろ調べてからにしようかなと思っています。
17111901.jpg
ベースとなるウエザリングはMr.ウエザリングカラーのグランドブラウンをエアブラシでまだらに吹いただけです。
かなり濃く吹いたのですが、あえてふき取りはしません。戦車のウエザリングテクニックをもう少し勉強すれば再挑戦します。
17111902.jpg
17111903.jpg
17111904.jpg
17111905.jpg
戦車長のフィギアですが、これもまた、素晴らしい作品がモデルアートなどに掲載されていますので参考にはしているんですが難しいですね。また軍服に詳しい方が見ればいろいろと指摘があると思います。
17111906.jpg
最後に動いてるところを動画で撮ろうと思ったのですが、何しろスピードが速いので上手く撮影出来ませんでした。
17111907.jpg
総重量4.5Kg・・・かなり重いです!デカいです! 飾っておくところがありません
また暫く水彩画に戻ります。
スポンサーサイト

ラジオコントロール 1/16 KING TIGER を作る ③

2017/11/16 12:01 ジャンル: Category:1/16 KING TIGER
TB(0) | CM(2) Edit

キング・タイガーの続きです。
ラジオコントロールの電装品の取り付けに入りました。
サーボユニット4個とそれにつながるリンクシャフト、スイッチ類です。説明書を熟読して進めると意外と簡単に進めることが出来ます。やはり、タミヤの説明書は良く出来ています。ただ4チャンネルのコントロールなのですが、どこに何を繋ぐのかがいくら読んでもよく分かりません??
仕方がないので、いろいろと繋ぎ直しては探るといった方法で何とかクリア。
17111601.jpg
とりあえずここでテスト走行してみることにしました。
電池をセットしてスイッON!送信機のスティックを動かすと・・・猛スピードで前進、そして後進。
動きました!ヽ(^o^)丿
スピードコントロールは無いようです。少し速度が早すぎる気もしますがね。
砲塔も回転しました。問題は左右への方向転換です。クラッチ方式ですのでうまく曲がる時と曲がらない時、そして回りっぱなしなど調整に少し時間が掛かりそうです。

さてここからは戦車を専門にしている方にはお見苦しいかと思いますが迷彩塗装に入ります。
迷彩模様はLINKしている「店長」さんのブログのキング・タイガーを参考にしました。事後報告ですみません。
迷彩の下書きをエナメル塗料を薄く溶いたもので線描きし、マスキングゾルで型取りをしています。
17111602.jpg
まず砲塔だけ塗ってみました。一応クレオスのウエザリングカラーで汚してはいますが、戦車独特のウエザリングとは程遠い状態です。また大きいので間延びしてしまいますね。
17111603.jpg
続いて、砲塔の迷彩パターンからの延長線を考えてボディーの迷彩に入ります。
17111604.jpg
さて、どうなることやら・・・・。

ラジオコントロール 1/16 KING TIGER を作る ②

2017/11/11 17:38 ジャンル: Category:1/16 KING TIGER
TB(0) | CM(5) Edit

KING TIGER 順調に進んでいます。
車輪も1輪に付きこれだけの部品で構成され、金属パーツも有り、かなり丈夫に出来ています。
駆動輪と最後尾の車輪はダイキャスト製で重量感たっぷりです。戦車の塗装については素人なので、とりあえずダークイエローを基本色にしています。その上からMrウエザリングカラーのマルチブラックとステインブラウンの2色で軽く処理をしています。
戦車のウエザリングについてはかなりのテクニックが必要な様で、私などのレベルではあまり手を出さない方が良いようです。
17111101.jpg 17111102.jpg

車輪を付けてみました。 少し戦車の片鱗が見えてきましたね!
17111103.jpg
この後、内部にラジオコントロールの部品取り付けにかかります。

話題は変わりますが少し余談です。
先月になりますが、ドライブレコーダーを付けました。
最近テレビで、煽り事故の話題が盛んに取り上げられていますよね。
あるとき、家内が真剣に見ていたのですが・・・「うちの車も取りつけた方がいいよ!この際、後ろも撮れるのが良いそうやで!ケチらないで一番いいの付けといで~!」と言う事になりました。女は、こんな時は太っ腹になるんですね(笑)
で、取り付けたのがこれです。左の写真が前方用、右の写真が後方用です。
メモリはマイクロSD・16Gでフルハイビジョン2時間の録画です。そのあとは上書きとなります。いざというときの為に予備のメモリーも用意しました。本体は3万円、取り付け費用はカメラが2台のため5千円×2で1万円でした。若いころの自分でしたら絶対に自分で取り付けていたのですが、最近はそのエネルギーがないようです。
でも、さすがにプロ!トヨタを定年退職された方なんですが、本当にプロの仕上がりです。
17111104.jpg 17111105.jpg
もちろん本体でも再生画面が見れるのですが、パソコン用のアプリもあり、それを見ると驚きです。
GPS機能を搭載しているため、日時も自動でセットしてくれます(記録ですので時間は非常に重要です)。そのほかにも多くの情報があり、走行スピードやGPSからの位置情報、それを利用した地図(航空写真への切り替えもOK)カーナビのように走行に合わせ動画です。
メインの画面が前方、右上が後方(切り替えも可能)、その下が走行地図、・・その他もろもろの機能がありますがまだ全部読んでいません。そうそう、前の信号が青になったら知らせてくれる機能などもあるようです。
オプションを買えば駐車中12時間の監視もあるようです。
17111106.jpg
これを付けると、自分の無謀運転も記録されるため、おのずと順法運転になってしまいますね(笑)
でも、いいことですね\(^o^)/

ラジオコントロール 1/16 KING TIGER を作る ①

2017/11/09 17:02 ジャンル: Category:1/16 KING TIGER
TB(0) | CM(6) Edit

前回チョット触れました、意外な物とはこれです!
10年以上前になりますが、模型仲間の「たつさん」から頂いたものです。
なんと、1/16のラジオコントロール KING TIGER です。何しろ20年くらい前のキットですが、さすがのTAMIYAです。
細部のディティールも素晴らしいキットです。それと1/16ですのでデカいです!!
戦車はあまり得意じゃないのですが、リンクさせていただいている「ラジコンヘリ好きなジイジ・ダイアリー」の喜久司さんの作品を見ているうちに、『よ~し、せっかくこんなすごいキットが眠っているのは可哀そうだ。挑戦してみるか!』・・・と言う事で一大決心です。
送信機・バッテリーなどすべて揃っているフルセットです。
17110901.jpg 17110902.jpg
ちなみに戦車は過去、下の写真の2台しか作ったことがありません。何時頃作ったかも覚えていません(笑)
戦車模型は年を追うごとに凄いジオラマに発展していますね!今や戦車を作るだけのモデラーは少ないようですね。
17110911.jpg 17110910.jpg

かなり大きな箱にぎっしりとパーツが詰まっています。さすがに強度を保つため、シャーシはジュラルミン製です。
そしてビス止めが多いのか、大小のビスやナット、金属パーツが大量に入っています。
そんなことで、今回の最大の強敵は部品を紛失する事です!何しろ前科数十犯ですので。
17110903.jpg 17110904.jpg

まずシャーシから組み立てです。
金属製のサスペンションアームと板状のトーションバーを組み合わせ、本物の様なサスペンションを再現しています。実走行するキットですので絶対に必要な機構ですね。少し硬くて組みにくいところもありましたが、何とか出来ました。
17110905.jpg 17110906.jpg

さて、製作の工程を考える中で避けて通れないのがツィンメリット・コーティングです。
以前からこの戦車のことで戦車専門の友人にいろいろ聞いていたのですが、このヘンシェル砲塔のKING TIGER初期型はツィンメリット・コーティングが必須!と聞いていたからです。しかしこの様なツィンメリット・コーティングなんてしたことがありません。
そんな中、先ほどの喜久司さんから耳寄りな情報を得ました。
最新のキットにはこのツィンメリット・コーティングのシールが入っているとの事でした。早速TAMIYAに問い合わせましたが、回答を待っている間にまたまた喜久司さんから「ヤオフクで出ていますよ~」との情報を頂き早速落札!昨日品物が届きました。
やっぱり、同趣味が集まるブログ仲間はありがたいですね。喜久司さん、本当にありがとうございました。この場を借りて御礼を申し上げます。
これがその現物です。
17110907.jpg17110908.jpg
所が、どれをどこに張るのか分からないものもあります。
ほとんどは分かるのですが・・・と困っているところにTAMIYAからメールが来まして、そこには最新キットの組み立て説明書のコピーがPDFで見る事が出来るURLも添付されていました。これで貼り付け位置も分り、安心して進めます。

ただネットで調べていると、このシール(1/35の物だと思いますが)意外と評判がよろしくありません。
曲げにくいとか、実感がないとか・・・。
とりあえずテストで貼ってみました。サフェーサーを吹いてみると私としては充分使えると思います。
17110909.jpg
ラジオコントロールも初めてですので、無事に動くかも心配です。
喜久司さんへ・・・不明な点ありましたら、宜しくお願いいたします。












F/A-18A ON CARRIER DECK (2) 完成

2017/11/04 20:30 ジャンル: Category:プラモデル
TB(0) | CM(6) Edit

前回レポートしましたように前部主脚柱紛失で意気消沈していましたが4日目にパソコンモニターの裏から出てまいりました。
(何回も見たずなのにな~~?おかしいな~~?)
まあ、出てきてくれたので良しとしましょう(^^♪
そんな訳でF‐18ホーネットは完成。
17110400.jpg
かなり大雑把な作りですが、それなりに『ホーネット』ですね。
続いて大急ぎ甲板を作りました。
17110401.jpg
17110402.jpg
17110403.jpg
さて次は・・
その前に水彩画も描かなくては・・下書きだけ出来ています。
次のプラモデルも決めています。意外なものですのでまた覗いてくださいね。
ではでは・・

プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR