何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

フランス海軍 戦艦ダントン ② &  水彩画

2017/08/26 11:26 ジャンル: Category:フランス海軍 戦艦ダントン
TB(0) | CM(2) Edit

このキットはかなり良くできているようですが、船体内部の補強板をキッチリとはめ込むと開口部の幅が狭くなり甲板が入りません。
事前の仮組出分かっていたので、それを考慮して接着したのですが、結果は失敗の様で甲板が入りません(無理やりは入るのですが)
そこで補強板の接着部を切断し幅を調整後再度瞬間接着剤のゼリータイプを流し込み、硬化促進スプレーで固定、補強板のないところにも幅を調整するためのライナーを入れ、甲板全体がスムーズに入るように調整!
ここの工程は重要で接着部の長い甲板はもたもたしていると接着剤が乾燥してしまうので事前の調整が大事です。
17082601.jpg

船体側の準備ができた所で甲板の塗り分けです。マスキングをしっかり行います。
17082602.jpg

調整がしっかりできていたので接合はスムーズでした。今回は甲板側に刷毛塗りタイプの瞬間接着を使っています。
結果、接着剤がはみ出ることもなく綺麗に仕上がりました。
17082603.jpg
今回はここまでです。
17082604.jpg

水彩画です。
前回のブルージュの絵が早く完成しましたので、もう一枚描きました。
とにかく水面の表現が上手くなりたいのです。難しいですね。柔らかく表現できないのです!
技法の研究と、数をこなすしか上達の道はないですよね。
17082605.jpg
スポンサーサイト

戦艦 ダントン 建造・・・・・
またまた久しぶりのコメントとなりました。 仏・戦艦「ダントン」建造開始ですね・・・ 直立の5本煙突の配置、当時を象徴する艦型、本当に「味」?がありますよね。 また、主砲も8基?ですよね・・・ 大英帝国の戦艦「ドレットノート」の出現で、各国が競って「超ド級戦艦」を建造した背景をヒシヒシ感じさせるフォルムです。 本作は、見かけることの少ない3Ⅾ資料です。数多の方の参考資料となりますよう期待しております。 しかし、フランス海軍は微妙に知識の少ないジャンルですので、「たつ」も勉強したいと思っております。 
[ 2017/08/28 17:47 ] [ 編集 ]
Re:たつさんへ
仰る通り、なかなか味のある戦艦ですね。
この頃の戦艦は艦橋も質素なもので精悍さはありませんが、一生懸命大きな大砲を積んで、浮かぶ砲台だったんでしょうね。
キットは良くできており、十分鑑賞に堪えるディティールになると思います。
ただ、水彩画と並行して進めているので少しゆっくりです。HOODを作った後ですのでお気楽にやってます。

[ 2017/08/28 20:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR