何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

大徳寺・聚光院と京都市交響楽団

2017/02/18 11:01 ジャンル: Category:その他
TB(0) | CM(4) Edit

昨日、小雨の中、夫婦で京都に行ってきました。
久しぶりにクラッシックのコンサートに行くためですが、折角ですので少し早く出て、コンサート会場の近くの大徳寺にも行こうと言う事になりました。
大徳寺の事はよく知らなかったのですが、ネットで調べますと今年は創建450年記念特別公開で、国宝の狩野派の障壁画が特別公開されているとの事でした。
大徳寺は北区紫野に位置し、広大な敷地を有し、とても大きなお寺です。
17021801.jpg
17021802.jpg
17021803.jpg
とにかく広くて印象に残ったのは大徳寺内に点在する各寺院を結ぶ道が直線で長いことでした。正に遠近法で言う消失点が見えるようです。それぞれの塀の中には立派な伽藍が見えますが中には入れません。あまり観光には力を入れていないようですね。また、小雨も降っており写真もゆっくり撮れなく残念でした。

そんな中でも、この様なコントラストが鮮やかな木を見つけました。
木の根元は苔なんです。とても明るい黄緑で周囲の暗い色彩との対比は非常に美しい物でした。
17021804.jpg
外周道路からはこのような見事な竹林も見ることが出来、写真よりも絵にしたい景色ですね。
17021805.jpg

さて、聚光院の特別展ですが、今回の目玉は修復のために京都国立博物館に寄託されていた狩野永徳、松栄の障壁画を里帰りさせ、修復後初公開を見れることです。
この障壁画は、あのモナリザの日本公開の返礼としてルーブルでも公開された国宝の障壁画だそうです。
本来は予約が必要だそうですが、この日は少し余裕が有り、当日券で入場できました。一人2000円でした。
文化財保護のため手荷物を全て入り口で預け、もちろん写真撮影も禁止です。(なぜでしょうね?)
17021806.jpg
15人位を1グループとして、若いお嬢さんが、非常に丁寧に詳細に解説してくださいました。ただし、結構長時間でとても寒かったです!
最初は『百積庭』と呼ばれる枯山水のお庭ですが、庭は白石ではなくすべて苔で覆われています。
17021807.jpg
そして、本命の狩野永徳・松栄親子の障壁画です。撮影禁止ですので頂いたパンプレットからの写真ですが、これは美しすぎます!
実物はすすけた感じで背景の金泥の輝きはほとんどありません。ちょっとがっかりです。
17021808.jpg
こちらは平成25年に完成した、千住博画伯の障壁画『滝』です。これは見事でした!
斬新なデザインですが、とにかく青の色が素晴らしい彩度で描かれています。この写真の青は濃すぎるようで、全く違うものに見えます。これは青が命の絵ですがこのパンプレットだめですね!私は元印刷関係の会社に勤めていましたので、この様な色校でしたら絶対に返品です(笑)!
機会が有ればぜひ実物を見に行ってください。素晴らしいですよ。
17021809.jpg

と、言う事で大徳寺を後にして、コンサート会場に向かいました。
地図で見ると約2Km位なので歩こうか!?と言う事になりました。最近はスマホの地図が有るので迷うことなく行けますので、本当に重宝しますね。
会場は京都コンサートホール・・と言うベタな名前です(笑)。もう少し京都らしい名前は無かったのでしょうかね?建物の外観も近代的なモダンな建物です。京都なのですから少しは京都らしい外観でもよかったと思います。
17021810.jpg
今日は、京都市交響楽団(京響)の演奏会で、プログラムは写真の通りですが、京響の演奏会は本当に何十年ぶりになります。
まだ、外山雄三さんが常任指揮者の頃で、大ファンでした。そして京都コンサートホールは初めてでしたので、とても楽しみでした。
いわゆるシューズボックスと言われる長方形のホールですが、音楽ホール専用で部隊後ろにも観客席があり、本格的なパイプオルガンが設置されています。最近は全国、この様な立派な音楽専用ホールが建設されクラッシックファンにはとても嬉しいことですね。
少し前の『のだめカンタービレ』などによりクラッシックファンも増えているのではないかと思います。
17021811.jpg17021812.jpg
久しぶりの京響は非常に柔らかい弦の音が素晴らしく、期待以上のオーケストラになっていました。もしかしたら、在阪のオーケストラよりも良いかも??
それと、良かったのは演奏が始まる20分くらい前に、突然指揮者の鈴木秀美さんがマイクをもって現れ、今日のプログラムの作曲家の逸話や時代背景、曲の解説などを、非常に上品な語り口で行われたことです。これはとてもよかったと思います。観客の皆さんも、とても熱心に聞き入っていました。他のコンサートでも取り入れて貰いたいと思いました。
さて、曲目ですが、ベートーベンの5番『運命』はもちろんですが、ハイドンの交響曲82番『熊』が素晴らしかった!
普段あまり演奏されないハイドンですが、改めて生演奏で聴きますと柔らかい弦の音と相まって素晴らしい曲でした。早速CDを探します。それと、京響のフルート奏者(女性)にも関心しきりです。音がよく通り、大オーケストラの中に有っても、はっきりとフルートの音が聞こえます。とても美しい音色です。これは生演奏でしか聞くことのできない体験です。
とても良い演奏会でした。
スポンサーサイト

最近特に、この様な風景が良いと思うようになっています。
年の性ですかね? でも、やっぱり人間50歳からですね。
[ 2017/02/24 14:15 ] [ 編集 ]
Re: 店長さんへ
コメントありがとうございます。
ここのお寺は、雨だったせいもあるかもしれませんが、人がいないのが良いですね。
お守り等を売っているいる社務所などもなく、お坊さんもほとんど見かけませんでした。
実は、家内が友達から感化されて『京都検定』に興味を持ったみたいでこれから京都へ出かけることが増えるかもしれません。
それはそれで良いかもしれません。
店長さんの近況もブログにアップしてください。
楽しみにしています。

[ 2017/02/24 19:54 ] [ 編集 ]
シロプリさんへ
┏━━━━━━━━★┃
o(*'皿^)oこんにちわ~~

シロプリさんも趣味範囲が広い!!ですね~~
人生を何倍も楽しんで見えます(^o^)v

プログラムの作曲家の逸話や時代背景、曲の解説など、、、
珍しいですね
こんなサービスがあれば コンサートも もう一味楽しめますね

自転車の転倒その後 変わりないですか?
チャンチャンで 締めくくったのには 笑えましたよ~~               ┃★━━━━━━━━┛
[ 2017/02/28 11:47 ] [ 編集 ]
Re: komamichi さんへ
本当に好きな事だけやってる感じです。
1日があっという間に夜になります。
クラッシクのコンサートは当然ですがパンフレットが配られ、演奏曲の解説が有りますがそんなの読まないですよね。
この日も最後の曲はベートーベンの運命だったのですが、この様な有名な曲は、『いかに新鮮な曲として聞いてもらえるか』が指揮者として挑戦しているそうです。これも前説の中でお喋りをしておられました。そんなことで、こちらとしても、どんな運命が聞けるのかと期待しますよね。・・・・かなり個性的な運命でした(笑)!
自転車転倒の後遺症としては、右手首がまだ痛く来月8日ゴルフなんですが、少し心配です。(力が抜けて良いかも?)
そろそろkomamichiさんもゴルフ始動ですね。
[ 2017/02/28 22:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR