何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

マスタング P-51D”タスキーギ エアメン”①

2016/04/29 21:57 ジャンル: Category:プラモデル
TB(0) | CM(0) Edit

次の水彩画教室まで少し間が空きますので、マスタング P-51D”タスキーギ エアメン”の製作を始めました。
まったく急ぎませんのでぼちぼちです。
前回のチェコ製P-12Eと比べ、何と素晴らしいキット(金型)でしょうか。見ただけでさすがに日本製!タミヤ!だと思います。
1/48キットでこれだけの部品ですが要所はきっちろと抑えられ、素組みで十分な完成度になると思います。
16042901.jpg
ぼちぼち・・ですのでいつもの手順で今日はこの辺までです。
16042902.jpg

さて水彩画ですが、教室の皆さんは現在、桜の絵を一生懸命描いておられるんですが、私はもう3枚も描きましたので(但しいずれもへたくそ!)大好きな風景画をまた描きます。先生もシロプリさんは、好きなもの描いてくださいね!って言ってくれていますので一人だけ違うものを描いています。
これは2011年6月にドイツに行った時に撮影した『ノイシュバンシュタイン城』・・最近やっと言えるようになりました (笑)・・でヨーロッパのお城の定番ですよね。非常に複雑な形のお城で下書きはとても時間がかかりました。
私の場合、お城を描きたいよ言うよりも、実は手前にある、樹木のモコモコ感が描きたいのです。
水彩画ではざっくりと描く画法が多いのですが、私はどうしてもその画法には抵抗があります。きちっとその、質感が描きたいのです。
16042903.jpg
今、練習用の画用紙で樹木(森)のいろんな描き方を研究しています。プロの画家の描いたものを模写しようとしても、これができないんですよね。何回も試行錯誤して自分のものにしなくてはなりませんね。
そんな訳で、手前の森だけ残してここまで描きました。一生懸命描いたのですが、さて離れた所においてよく見ると何かお城のデッサンがいがんでいます。実はこのお城、真上から見ると少し”く”の字に曲がっているのです。これを意識して書いたのがいけなかった様です。反省点は基本ですが、時々離れた所から見て、デッサンの狂いを確かめる事ですね。
16042904.jpg
最後に、またパンです!
これは牛乳だけで作ったハードブレッドです。ハードと言ってもとても柔らかかったのですが、失敗なのかな??でもとても美味しく頂きました。
16042905.jpg
スポンサーサイト

ダイヤモンド・プリンセス 台湾クルージング

2016/04/22 10:39 ジャンル: Category:旅行
TB(0) | CM(0) Edit

5月に予定いしている「台湾クルーズ」ですが、なにしろクルーズなんて初めてのことなんで、夫婦そろって不安だらけなんですが、先日、旅行会社から詳しい案内が送られてきました。70ページの結構詳しい冊子です。
クルージングに興味のある方にもご参考になるかと思います。
16042201.jpg
船内の配置図もあります。よく見ると、アイスクリームバーや大きなシアター、プール、カジノ、ミニゴルフ、スパ、フィットネスジム、何とアートギャラリー、その他盛りだくさんでのんびりする暇があるかと逆に心配です。
16042202.jpg
船内案内も詳しく、設備(電気のコンセントや備品など)のことや、現実的な家内などは洗濯のこと事なども心配していましたが、ほとんど旅行社に問い合わせしなくてもいいほど詳しく書いてあります。
16042203.jpg
私たちのお部屋は、予算の関係から豪華なバルコニー付ではないのですが、一応窓のあるお部屋で、同送されてきたチケットを見ると部屋番号から推測すると赤で丸印をした所の様です。位置的には高さも低く船体の長さ的にも真ん中に近く一番揺れない所・・と言うことで、・・・いいんじゃない!?(負け惜しみです)
バルコニー付のお部屋は1人約8万円アップです!二人で16万円・・お部屋に居ることは少ないので、その分スペシャルレストランで美味しいもの食べよう~!ってことで、こちらに決定した次第です。
16042204.jpg
心配だったドレスコードも図のような例が載っており、安心しました。家内のフォーマルドレスは帰ってきてからのお楽しみということで、すでに用意しました。しかしそれ以外も買い込んでいるようで、高く付きそうです。
16042205.jpg
船内では毎日夕食後、写真のような船内新聞が発行され、翌日の様々な催しや重要事項が記載され、船室に届けてくれるそうです。ここで重要なのが、これが日本語だと言うことです。この船はイギリス船籍なのですが、他の有名な外国船はこれが英語だそうです。これでは困りますよね。日本語でよかった!
16042206.jpg
こんな案内も載っています。
昨年のメニューだそうですが、一番楽しみの食事のメニューです。これがすべて無料食べ放題!
16042211.jpg
16042210.jpg
このほか、カジュアルレストランは各国の料理がビュッフェスタイルで早朝から深夜までオープンしているそうで、ドレスコードもなしです。これが9日間ですので、かなり太って帰ってくるでしょうね(笑)!
16042209.jpg
この案内で、不安はかなり解消しました。出発は2週間ほど先ですが、健康だけは注意が必要ですね。

BOEING P-12 E 完成です

2016/04/20 17:35 ジャンル: Category:プラモデル
TB(0) | CM(0) Edit

BOEING P-12 E 完成です!
部品も少なく、簡単にできると思っていたのですが、結構てこずりました。とにかく位置決めや説明書の不親切さなどが原因です。そして最終段階で思わぬ伏兵が隠れておりました。
デカールです。一見きれいなデカールで台紙の黄ばみもなく特に問題はないと思っていたのですが、これが大変!
水に浸けるとひび割れしてバラバラになんるんです!これには参りました
特に数字がひどく、小さな破片をジグソーパズルの如くつなぎ合わせて何とか凌いだのですが、これ以上は怖くて触れません。
主翼の大きな星マークも、ちょっと水に浸ける時間が長いと、その中でバラバラになっていました。もうこれは再生不能で、タッチアップでカバーです。今回大変勉強になったのですが、このようなデカールは台紙だけ水に濡らし、表面に水は絶対に浸けてはいけません。この方法で最後の方は何とかなりました。
古い飛行機モデルはこのデカールが何と言っても最大の問題点ですね。

そんな事でしたが、何とか完成です!
16042001.jpg
16042002.jpg
16042003.jpg
16042004.jpg
16042005.jpg
16042006.jpg

次回作製予定はこれ、マスタング P-51D レッドテールのタスキーギ エアメンです。
前回作成しました B-17爆撃機の護衛に当たった黒人部隊のマスタングです。
このキットはすでに絶版でNETでもプレミヤがついており定価の倍以上するお店もありました・・・が、なんと駅の近くのちいさな模型やさんにありました。(ところが大阪日本橋のキッズランドにもありました。NETも過信してはいけませんね)
16042007.jpg
これも脚は引き込み状態にしてB-17の横に飛ばし、護衛させるつもりです(笑)!

BOEING P-12 E の製作 & ets

2016/04/19 14:00 ジャンル: Category:プラモデル
TB(0) | CM(0) Edit

「P-12 E」半ばを過ぎ、塗装に入ります。
黄色の翼がトレードマークですので、鮮やかな色が出るように下地をしっかりと処理をし、何回にも分けて塗装をします。
16041901.jpg
黄色い部分をしっかりとマスキングし、胴体部分の塗装です。銀色にしようかと迷いましたが、FS26440のグレーで無難な色にしました。そして赤いストライプ!これが難しいのです。デカールは在りませんので、マスキングですが、実は先に赤を吹いてストライプ部分をマスキングしました。ちょっとイガミましたが許容範囲ということで(>_<)!
そして超難関の支柱建てです。
正確な位置決めがないのと、部品自体がかなり雑で、寸法もあてになりません。上下の翼を合わせてみると、とにかく、こちらを合わせると、他方が合わないの連続です。そして全体のバランスをとるのですからもう大変でした。支柱を削ったり、位置を少し変えたり、悪戦苦闘の結果何とかここまで収まりました。もうこれ以上は贅沢は言いません。
16041902.jpg
そして、張り線です。
今回は写真のピアノ線で行いました。この0.2mmのピアノ線は非常に便利です。何しろピアノ線ですので、変形しないのが最大のメリットです。デメリットは硬くて、ニッパーの歯が痛むのと、磁気を帯びるのでピンセットにひっつくことです。これは細かい作業をするときには結構困るんですよね。張り線の位置決めも事前に小さな穴をあけて置き、そこに置くような形で位置を確保。そこにそっと瞬間接着剤を流すといった手法です。自己流ですので、どなたかもっと良い方法があれば教えてください。
16041903.jpg16041904.jpg
16041905.jpg

さて問題の水彩画です。
何とか最後まで描きましたが、結果は惨敗です。先生に教えていただいたのは、色使いのことが主で、描き方は良くわかりませんでした。写真は夜、蛍光灯の下で写したので色がくすんで見栄えがしませんが、実物はもう少しきれいな色が出ています。しかしながら、今回は失敗ですので、本当はブログアップはしたくなかったのですが、逃げてはいけませんので、恥ずかしながらのアップです。次の作品で名誉挽回です!
16041907.jpg

最後に気分転換でロールパンを焼きました。どうです!?美味そうでしょう!!
パン生地はホームベーカリーで作るので、比較的楽です。後の発酵や整形が少し面倒ですが、1回で12個できるので夫婦で朝ごはん3日分です。味ははっきり言ってめちゃめちゃ”美味い!”です。
売っているものは柔らかすぎるんですが、これはしっかりとしていて、バターの風味たっぷりです。冷凍したものをレンジで解凍しても、とても美味かったです。市販品ではこうはいきません。
19041606.jpg


ボーイングP-12 E

2016/04/14 13:45 ジャンル: Category:プラモデル
TB(0) | CM(2) Edit

今回はちょっと真面目に「プラモデル」です。
《ボーイングP-12 E 》1/48ですが、もともとが小さな飛行機ですので1/72の様な大きさの機体です。
箱を見るとチェコ製のようですが、とにかく簡単な金型で、複葉機の一番難しいところの翼の支柱ですが、取り付けについてはなにのとっかかりもなく、平面しかありません。(かすかに取り付け位置の印が見えますが・・)
そのうえ、胴体の曲面に取り付ける柱についても取り付け面は斜めになっておらず、斜めにカットしないと合いません。日本製のキットの素晴らしさが改めてわかります。

そんな訳で、柱の接着面に0.3mmのドリルで穴をあけ、0.2mmのピアノ線でピンを取り付けました、受け側にも0.3mmの穴をあけ、取り付け位置を固定する事にしました。
16041401.jpg
こうでもしないと、組み立てすら出来ないですよね!
複葉機を専門に作られている人たちはどのように工夫されているんでしょうか?
下の写真は接着していませんが、何とか位置が決まるようになってきました。
16041402.jpg
尾翼についても、接着は単純に平面だけです。これじゃ強度がまったくでないですよね。ここもピンを取り付けました。
16041403.jpg
エンジンはプッシュロッドを追加した後、簡単な点火コードも追加です。
16041404.jpg

最後にいつもの水彩画です。
執念で桜を描いていますが、今回は前にもまして大失敗です。(したがって写真が小さい!)
特に右上の樹木は小学生以下のレベルで、無造作に描いてしまったのがこの結果で、もう修正の仕しようがありません。透明水彩画は油絵と違いこれが怖いところです。水墨画や、書道と同じですね。
左の空白部分に桜を咲かせるのですが、もう自信がないので、明日、先生に教えてもらいます。緑の小さな点々はマスキングで、後で剥がします。
20140331-101634-7.jpg P_20160414_133614.jpg
むつかしい~!

桜は難しい~!

2016/04/10 16:14 ジャンル: Category:水彩画
TB(0) | CM(6) Edit

前回に続き水彩画による桜の絵です。
私の場合は水彩画と言っても、結構細かい絵が好きなので、桜はとても難しいです。花は小さいのですが、満開となるよ木全体に咲き誇り、その合間から見える枝ぶりを描くのがとても難しいですね
この絵も、背景の町屋や堀はうまく描けるのですが肝心の桜がいけません!
16041001.jpg
悔しいのでもう1枚描きます。

プラモデルのほうは進んでいません。今回はエンジン部分の組み立てを少し始めたのですが、レジン製なので少し勝手が違います。でも小さいながらもかなり精密な仕上がりです。空冷エンジンの冷却フィンもよく再現されています。ただ、この後の排気管の取り付けが、説明書がざっくり過ぎてよくわかりません。
16041002.jpg
あまり凝ったことするつもりはありませんが、エンジンのプッシュロッドだけ追加してみます。ピアノ線を切ったものを使います。
16041004.jpg

最後に《10戦車》です。
46~49号では車輪の組み立てが中心になってきました。キャタピラーも毎号少しづつ入っておりだいぶん長くなってきました。
金属の地色のままですのでこれは汚しをかけなければいけませんね。何か指示があるんでしょうかね?
16041003.jpg
100号で完成とのことですので半分できたところです。しかし、かなり期待できそうです、
総額20万近くするキットですが、十分値打ちがあるんではないでしょうか!?完成が楽しみです。

桜満開 !

2016/04/01 20:40 ジャンル: Category:水彩画
TB(0) | CM(0) Edit

4月になりましたね~!
毎年この季節になると各テレビ局は他局に負けじと桜の中継合戦になりますね。
でも、これはいいもんです。寒い冬が終わり、また新しい年がやってくるのです。

そんな訳で、今回はこれです。4月の水彩画教室の課題は『桜』です。
教室で教わる前に先走りで描いてしまいました。ここは大阪の桜の名所である桜ノ宮です。昨年、『桜クルーズ』と言って遊覧船に乗って水上から、帝国ホテルのランチを食べながら桜を愛でるクルージングに行った時に撮影した一コマです。
桜というのは、本当は《白》なんです!絵にするとき、あまりピンクにならないようにするのがポイントです。
16040101.jpg
先走りで描いてしまったので、桜の絵はもう一枚描くつもりです。

最近は、自分のことより、孫の成長が楽しみなんですよね!春が来るとと言うことは、また孫たちが無事一つ成長したということです。孫1号のYMちゃんは今日から小学校2年生です。昨日は春休み最後と言うことで、YMちゃんと家内と3人で『枚方パーク』に行ってきました。ここは昔ながらの遊園地で、小さい子にはとてもいい遊園地です。USJは少しまだ早いようですね。この日はすごく満員でした!
16033101.jpg16033102.jpg
16033103.jpg16033104.jpg



これは、先日行きました『落語会』の様子です。
実は私の中学校の同級生が素人の落語会をしておりまして、年に数回、このように自社ビル(お金持ちです!)で落語会をしています。この時の演題は『代書』です。もともとが落語家みたいな話方なので、素人とは思えない位お上手です。
この日は師匠の『露の団四朗』さんも演じられ、なんだか得をしたような気分でした。落語会の後はいつもの飲み会でとても楽しい1日でした。
16040102.jpg

さて、これからですが、絵も描か描かなくてはならないのですが、やはりプラモデルも、何かやっていないと寂しいので、次はこれです、2月に東京。秋葉原で買ってきましたボーイングのP-12 Eです。久しぶりの複葉機です。
16040103.jpg

4月は何かそわそわしています。来月早々には『ダイヤモンドプリンセス』で行く台湾クルージングがありますので、家内は今から着ていく物の心配ばかりしているようです。1か月ってアッという間に過ぎますもんね!
クルージングって皆さんどんな服装で船内を過ごされるんですかね?

プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR