何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

1/350空母「加賀」の製作⑩

2015/10/29 10:58 ジャンル: Category:日本海軍空母「加賀」の製作
TB(0) | CM(8) Edit

前j回の記事から少し日にちが開いてしまいましたが、ぼちぼち進んでいます。
さて、トラスもできあがり、無事に飛行甲板との合体も終わりました。次は赤マルで囲んだ支柱上部のブレスの取り付けです。
これが結構難関でした。甲板を下にして狭い空間の中にエッチングの小さな部品を取りつけるのですが、エッチングパーツですので平たい板なんですよね。所がピンセットで持ちたいのは板状の平面ではなく横から持ちたいんです。これが難しいですよね!
そこで、こんなものを考えました。
15102901.jpg15102902.jpg
先の平たいピンセットの先に少し硬質のウレタンスポンジを貼り付けエッチングが挟まる切り込みを入れておきます。
そこに部品を挟むとエッチングパーツが横から持てるんです。
但しこの複雑なトラスに支柱の小さなブレスを組み込むのは結構工夫がいりました、しかし、ここは見せ場ですので慎重にバランスをみながらの作業です。前後合わせて、ここだけで3日掛かりました
15102903.jpg15102904.jpg
そんなことで、とにかくこのキット最大の難関は終わりました。
15102905.jpg
15102906.jpg
ここからは船体側面の複雑な艤装を取りつけていきます、取り付けの順序も良く考えないと後で入らない部品が出てくると大変です。
手摺りも部品ごとに先に付けておかないと複雑なカーブで取り付けが困難なところも沢山あります。仮組みを何度も行いながら順序を決めての作業になりました。
15102907.jpg
15102908.jpg
横から全体を見て、初めて気付いたのですが、飛行甲板って、前方に向かって、少しですが下りの傾斜になっているんですね。
やはり発艦時の速度を上げるためなのでしょうかね?
私だけが知っている失敗も有りますが、空母「加賀」の全容が見えて来ましたよ!

スポンサーサイト

1/350空母「加賀」の製作⑨ ≪要注意事項有り!≫

2015/10/19 20:14 ジャンル: Category:日本海軍空母「加賀」の製作
TB(0) | CM(6) Edit

≪加賀≫も佳境に入ってきました。
いよいよ見せ場のトラスの組み立てです。
御覧のようにエッチングパーツを井桁状に組んでいくのですが、前にも書きましたように説明書が間違っていたり、組み立て図が実際に組み立てるときの状態ではないため非常のやりにくい説明書です。また、井桁に組む時の切り込みが縦と横が逆なら組み易いのですが私にとっては、逆なんですよね。
とにかく基準となる桁が倒れないようにテープで留めておきます。
15101311.jpg
コツさえつかめば、組むだけなら比較的簡単です。
15101312.jpg

さて、いよいよ飛行j甲板の組み立てに入る前に、トラス下の部分の仕上げをしようと作業工程を整理していたら、大変なことを発見しました。これから加賀を作製される方は要注意です!
この赤マルでかこんだ部分ですが、非常に基本的な構造物ですので、一番最初に船体を貼り合わす作業で、特に何も考えずに左右を張り付けますよね。そしてどんどん作業を進めますよね。
15101901.jpg
所が作業が進んで、エッチングパーツを取りつけていると、このような写真が出て来ます。
「なに、これ?」って良く見ると、この柱、エッチングパーツに交換なんですって!。ここまでは先読みをしていませんでした。
それにしても、この組み立て説明書の写真ですが下手ですね(笑)!
このような重要な部分は基本の組み立て図に注意書きがあれば失敗しませんよね。ここだけに限らず、どうもフジミはミスが多く説明書については評価Bです。中には部品番号の指示がない所も有ります。作り易い説明書はキットの価値を上げます。もう少し商品化の前に校正をしっからやってほしい物です。
15101910.jpg
私の場合、ここまで作っていました(涙)!
仕方がないので切断です。
やはりこんな形で成形すると新しい柱の高さを合わすのが大変です!。幸いにも柱の方が長かったので調整が出来ましたが長さが足らないと面倒なことになりますよね。(完成写真は後ほど)
皆さんもご注意くださいね!
15101902.jpg15101903.jpg

さて、次はトラスの決まった位置に、あの特徴的な大きな柱をどのようにしてピタッと決めるかですが、後部甲板部品の裏に小さな穴が開いており、船体側には小さな突起があります。ここを合わせると上下の位置がピタッと位置が決まるのですが、あまりにも小さすぎ、そして力を入れると折れてしまいます。
15101904.jpg
そこで、この小さな突起を真鍮線に置き換えました。少し長い目にしておき、最終で不要部分をカットします。これには非常に助かりました。位置合わせは何度も行いましたので、強度もあり、位置合わせも非常に楽に出来ました。
15101905.jpg
甲板を支える柱は接着剤を付けずに仮組みし、決まったところで、下の部分のに接着剤を流し込み、最後に瞬間接着剤で角度等を固定しました。
15101906.jpg15101907.jpg

と、言う事で、悪戦苦闘しながら飛行甲板と船体が繋がりました。一つ峠を越えた感じです。
ここから、また、船体をひっくり返し、柱の間のブレス等を組んでいきます、細い部品なので曲がらないように組んでいきのが大変です。しかし、この「加賀」は見応えがありますね!日本海軍の軍艦特有の精悍さや美しさが見えて来ました。
15101908.jpg
15101909.jpg
完成が楽しみです。

蓼科高原 & リンゴ狩り

2015/10/16 17:13 ジャンル: Category:旅行
TB(0) | CM(2) Edit

13~14日と、信州・蓼科高原へ行ってきました。
今年は、長野県が出しているプレミアム商品券と言うんでしょうか?【ふるさと旅行券】を使っての旅行です。これは1万円の宿泊券が5千円で買えるという物です。抽選でしたが無事当選と言う事で助かりますよね。
紅葉とリンゴ狩りが目的です。
我が、愛車白いプリウス(シロプリ)で約900Kmのドライブです。運転は大好きですので全く苦になりません。
15101301.jpg
どうですか!?見事な紅葉です。この辺りは標高約1700mです。
15101302.jpg
ここから、北八ヶ岳ロープウエーで山頂2244mまで上がります。
山頂は紅葉を楽しんでいる状況ではありません、風も強く真冬並みの寒さでした。
しかしお天気が良かったので山頂からの展望は素晴らしいものでした。
15101303.jpg
さて、ここからは水彩画の絵になる風景を探してあちこち見て回ることになりました。さすが信州は,どこを見ても絵になります。
ここは白樺湖の湖畔です。手前に白樺の木を2本入れて、遠近感を出して見ました。いい感じでしょ!
15101304.jpg
ここは、今回お世話になった「蓼科グランドホテル・滝の湯」の中を流れる渓流です。凄く綺麗な景色で、是非絵にしたい所です。
ちなみに、このホテルはなかなか良かったですよ、お風呂はもちろん良かったのですが、夕食はバイキング方式だったのですが、なんとお料理の種類が70種有るのが売りだったのですが、確かにかなりの種類で、味もよく非常に満足でした。ビールも飲み放題コースがあり、たっぷり飲みましたよ!
15101305.jpg
ここは蓼科湖です。小さな湖ですが、ここが一番気に入りました。人もほとんど居なくて、静寂な中にとても美しい紅葉と水面が広がっていました。
15101306.jpg
その横に、屋外の「彫刻の森公園」がありました、ここがまた素晴らしく美しい公園です。写真の様な「跳ね橋」まで有るではないですか!それこそ、<絵に描いて~!>と言っているような景色です。次回の水彩画はここに決まりです。
15101307.jpg
つづいて、恒例のリンゴ狩りです。今回で4年目です。すっかり、農家のご主人とも仲良くなって、いろいろとサービス満点です。ここは観光農園とは違いますので、連絡をすると農作業を止めて、リンゴ畑の駆けつけてくれます。
今年もやっぱり本命は「シナノスイート」です。木で熟したたリンゴは凄く甘くて、ジューシーで本当にうまいですよ!スーパーで買うものとは全く違います。大阪から高速を飛ばして来る値打ちは有ると思います。
15101308.jpg15101309.jpg
大きな声では言えませんが約80j個くらい採って6000円!むちゃ安いでしょ!おまけにジャムにしたいので規格外有りませんか?って聞くと「ジョナゴールド」はもう出荷が終わったので好きなだけ採って良いよ。お金はいらないよ・・!だって!
お言葉に甘えまして籠一杯採りました。すると、もっと持って行きなさいって事で・・・<ありがとうございます!>でした。

お土産は、ブログでリンクさせて頂いている「しおチャン」さんお勧めのリンゴ酒「シードル」と100%ブドウジュース1.8Lです。
シードルは発泡酒なので開けると飲んでしまわないといけないので、チャンスを狙っています。
生搾りのぶどうジュースは大好物ですが一升ビンは冷蔵庫に入らないのが悩みです。
15101310.jpg

来年ぐらいは、孫たちと行けたらいいな~って思っています。

1/350空母「加賀」の製作⑧

2015/10/09 20:52 ジャンル: Category:日本海軍空母「加賀」の製作
TB(0) | CM(2) Edit

今回は、飛行甲板のライン引きを行います。
キットではデカールも添付されていますが、今回は木製シートも使用しますので、マスキングによる吹きつけ塗装とします。
親切にラインの型を抜いた専用のマスキングシートも入っていますが、よく考えてみると、これがまた、非常に扱いが難しい代物です。
非常に薄い紙で、糊が強力です。剥離シートをめくるとそれこそペラペラで原形を保つことが非常に難しいのです。また、糊が強力なため位置決めを何度もやり直す事が困難です。
そこで、今回は一番難しい、そして位置決めの要となるこの部分を専用マスキングシートを使い、基準としました。
15100901.jpg15100902.jpg
この位置が決まった後は基本的には直線の組み合わせですので普通のマスキングテープで作業を進めていきま下。
但し、まるで囲んだ部分は専用マスキングシートのお世話になりました。
15100906.jpg
これで、安心して甲板裏のトラスの組み立てに進めるんではないかと思います。
この甲板のマスキングですが、やはりマスキングテープをめくる時、エッチングパーツの塗装が何か所か剥がれました。
もちろんこれを想定し、エッチングパーツもしっかりと洗浄し、メタルプライマ―処理もしたのですが、完全に密着は難しいですね。


これは《10戦車を作る》の19~22号までの進捗です。
砲塔内部の「戦車長用視察照準装置」関連部品の組み立てです。ccdカメラが入っており回転もするようです。
しかし、なかなか本体に進みませんね!何しろ100号まで有りまので。
15100904.jpg

最後に前回、鉛筆で下絵だけを載せましたが、一応色を塗り完成しました。
右下の茶色い部分は枯れ草の塊なんですが、これがそれらしく表現できません。(むつかしい~~!!)
写真にすると少し彩度やコントラストが上がってしまい、どぎつい色に見えます。本物はもう少し落ち着いた色なんですが、やっぱり全体に色が薄いようです。透明水彩なのでこんな物なのかも知れませんが、もう少し濃くしてみようと思っています。
15100905.jpg


佐渡島 & 1/350空母「加賀」の製作⑦

2015/10/01 18:00 ジャンル: Category:旅行
TB(0) | CM(2) Edit

先日、佐渡に行ってきました。旅行は結構行っているのですが、新潟県だけは行ったことがないので佐渡島になったわけです。
友人たちは、「佐渡、いいよ!」って聞いていたのですが、正直、少しがっかりです。
でも、楽しみは、今年4月に就航した新造のフェリー「あかね」です。ウォータジェットエンジンの双胴船で30ノットのスピードです。
15100401.jpg
30ノットはさすがに早い!軍艦でも30ノット出せるのは余り有りません。
これは動画でないと実感できませんので、動画アップです。

どうですか?!ウォータジェットエンジンは凄い迫力です。

佐渡の定番は、なんと言ってもこれ!「たらい舟」です。進行方向の前で艪を漕ぐんですね!前輪駆動です。
15100402.jpg
絵になる風景も探したのですが、気に入ったのはここ(尖閣湾)位でした。ここは素晴らしい景観で、あの東尋坊より素晴らしいのではないかと思いました、
15100403.jpg
それと、もう一つの定番、砂金採りです。金山で有名な佐渡ですので、定番ですよね。
砂を専用のお皿ですくって、水の中で砂を洗い出しながら捨てていき最後に、重い金が残る仕組みです。
15100404.jpg
写真右の小さな瓶に入っているのが私が採った砂金です。これでも多いそうですが、これって良く見ると丸い筒がレンズの役割をして大きく見えるんですよね(笑)!
それと、小判のレプリカ(こんなの好きなんです)。一応、金箔が貼ってあるので色は本物の金色です。
15100405.jpg
後は「鴇(トキ)」を見に行ったり、地酒の酒蔵や金山の見学などで、余り見るところはなかったですね。
そうそう、北陸新幹線に乗りました。

「加賀」の続きです。思い切って甲板の木製シートを貼りました。
慎重に位置決めをしながら貼ります。同時にエッチングパーツも貼りますが、そこは多少位置が合ないところが出て来ます。
木製シートを良く切れるカッターでカットし、ぴったりと合わせて行く必要がありました。
15100406.jpg
所で、このシートを貼ってみるとかなり白っぽいのです。そこで43番のウッドブラウンをかなり薄く溶いて、筆塗りで少し汚しました。少し塗りムラを残すと良い感じです。
15100407.jpg

最後に「水彩画」の課題ですが、今回は風景です。
ここはスペイン「ロンダ」のヌエボ橋です。絶壁の上に作られた街で、絶景でした!
まず下書きが出来ましたので、次回は完成画画アップ出来るように頑張ります。
15100408.jpg

プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR