何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

1/350空母「加賀」の製作③

2015/08/29 21:00 ジャンル: Category:日本海軍空母「加賀」の製作
TB(0) | CM(4) Edit

「加賀」は、ネットで色々調べても模型作りに役立つ資料は少ないですね。
色々と何工程も先を読んで作らないと後で困る事になりそうなんですが、本当によく解りません。
まっ、出来るところから作りながら考えよう・・って事で、エッチングパーツに置き換えるモールドを削るところから始めます。
これはノミで削っているところですが、この先の丸いノミが結構便利で重宝しています。何れにしても良く切れる事が絶対条件ですね。当然、場所によってはペーパーだけで簡単に削れる所も有ります。
15082901.jpg
完全に削ってしまうと後で位置決めが解らなくなるので薄く残しておきます。
15082902.jpg
続いて、窓をドリルで開口することにしました。
これが、窓の数をざっとですが数えてみると全部で400箇所ほどありそうです。
窓の大きさも良く見ると大小があるようで0.8mmと1.2mmのドリルを使い分けます。
15082903.jpg
穴開けは電動のリューターでやれば早いのですが、これを使うと回転が速すぎて、プラスチックが溶け、ドリル歯に絡み付き、綺麗な穴が出来ないばかりか穴がデッカクなってしまいます。
と言う事で、ただ黙々と全て手回しで開けました
15082904.jpg

続いて、出来るところからと言う事で、後部甲板に手を付けましたがここで問題です。
内火艇を置く甲板ですが、部品のモール度を見るとリノリウム張りの様に見えますが、ここってホントにリノリウム張りなのでしょうか?
この辺りの事が解りません。どなたかご存じの方いらっしゃいましたら教えて頂けませんか?私としてはリノリウム張りではないような気がするんですがね・・・?
取りあえず下の甲板だけは仕上げました。リノリウム押さえは0.2mmの真鍮線です。塗装前に貼りつけ、リノリウム色を吹いてからカッター歯で塗料を削り取っています。
15082905.jpg15082908.jpg

26日はゴルフでした。よりによって台風15号が上陸の予報で、直撃は逃れそうでしたがかなり影響があるだろうと鬱でした。
ところが、仲間の一人が、「俺は絶対のお天気男屋から大丈夫!」と言うメールが入り、期待していましたが、なんと台風は北へ抜け、適度に風が残り素晴らしいお天気になったではないですか!(スコアは雨でしたが・・)
この日の雲の姿は広いゴルフ場の空いっぱいに素晴らしいの一言でした。・・う~ム、これは絵になる!・・て事で、絵にしてみました。サラサラと描いた物で30分位で描けました。自分では、ちょっと離れて観るといい感じなんですがね・・・・。
15082907.jpg

スポンサーサイト

1/350空母「加賀」の製作②

2015/08/20 17:08 ジャンル: Category:日本海軍空母「加賀」の製作
TB(0) | CM(4) Edit

「加賀」は周辺の小物から作っています。
後部甲板に載せる内火艇です。
15082001.jpg
1番厄介なのがこれ!この小さな船にこれだけの部品があります。おまけに操舵室はエッチングパーツに置き換える為、削り取らなくてはいけません。
老眼鏡の上から拡大ルーペを掛け、まるで時計技師の様な作業です。
15082002.jpg
取りあえず完成!2日掛かりました。かなり小さいでしょう!!
しかしエッチングパーツを使った分、精密度はアップです。苦労の甲斐があります。
15082003.jpg
見えますかね?直径1mmくらいのスクリュウもエッチングパーツで後付けですよ。
所で後ろの支柱に救命具(浮き袋)を付けるのですが、これが失敗。部品は珍しく彩色済みの部品ですが、8の字状になっていて、折り曲げて裏表として使うのだったのですが、何時もの調子で切り離してしまいました。説明書のそんなことはどこにも書いていません。結果後ろから見ると白赤の模様がありません。仕方がないので後から極細の面相筆で色塗りでなんとかしのぎました。説明のない分、これ位のキットになると深読みをしなくてはなりませんね。
15082004.jpg
これは艦首甲板の錨のチェーンです。チェーンの両端の接続部はドリルで穴を開け、チェーンの端を潜り込ませています。
15082005.jpg
続いて連装機銃です。これも細かい!それも14機作らなくてはなりません。
15082013.jpg
こんな小さな部品があります。これって、別パーツにする必要あるかな~!?
15082014.jpg
さらに小さい部品がエッチングパーツのこれです。直径1mmくらいのハンドルです。これはピンセットでも危なくて持てません。ちょっと滑ると、ピ~ンと飛んで行方不明になります。
そこで考えたのこの方法!
マスキングテープを細く切って、軽く吸いつけるようにしておきます。
そして、もう片方の付ける部品の方にゼリー状の瞬間接着剤を少し付け、そっとその上に置きます。
マスキングテープの粘着力は弱いので、そのまま残ってくれます。我ながらGOODアイデアでした。
15082008.jpg
ちょっと曲がったのありますが、その辺りは目をつむって下さい
15082015.jpg

ひとまず「加賀」はここまでです。
さて、「10式戦車をつくる」です。
本屋さんでは毎週発売されているようですが、定期購買では、最近はこんな感じで4週分一度に送ってきます。
そりゃそうですよね。運賃だけでも結構しますのでこれが正解です。こちらも4週分一度に来ると一気に進みますのでストレスがたまりません。
15082006.jpg
13号まで出来た所です。これだけでもダイキャスト製ですのでかなり重いです。これって出来上がってくると、作る際の取りり回しにかなり苦労するでしょうね。
15082007.jpg

最後に「水彩画」ですが、教室の近くの滋賀銀行のロビーで展示かがあり、私の作品も2点出させて頂きました。
15082016.jpg
模型作りに、水彩画!音楽に映画(ジェラシック・ワールドと日本の一番長い日・・見て来ました)。忙しい日々が続きそうです

まずは艦載機完成 & 水彩画

2015/08/17 21:37 ジャンル: Category:日本海軍空母「加賀」の製作
TB(0) | CM(1) Edit

艦載機 合計29機完成です。フジミ・ハセガワの混成で30機の予定でしたが、フジミの97式艦攻のキャノピーを1つ紛失しました。小さな部品をなくすと本当に大変です。何時間も床をはいずりまわり探すのですが見つかりません。そしてまた、最近良く落とすのです。まっ、1週間後に発見することも有るので諦めずに探します。
取りあえず、素組みですが0.2mmの真鍮線でアンテナ支柱だけ追加しています。(アンテナ線は現在思案中です)
15081701.jpg
15081702.jpg
続いて飾り台の作成です。キットに付属している飾り台はそれなりなのですが、依頼者の≪たつさん≫と相談の結果、何時もの金属脚にしました。所が何時もこれを買う(NET)SHOPの職人さんがご病気でこのサイズの金属脚がありません。
それで困っていたところ、HIGH-GEARedさんからの情報で「小西製作所」で同じ物がるとの情報を得ました。ありがとうございました。
そんなことで、早速「小西製作所」へ会に行ってきました。
飾り台の木部はいつものコーナンで 木材を買ってきて作製する事にしましたが、今回は厚い板の上に一回り小さい薄い板を重ねることで立体感を付けることにしました。
薄い板は3mm厚ですのでサイズ合わせはカッターナイフと鉋で仕上げました。
そして、木工ボンドを全面に塗り、貼りつけるのですが、ここで大問題が発生しました!
それは、3mmくらいの厚みだと、紙と同じで、ボンドを付けた方が伸びて、板が全体に反るのです。
結果、張り合わせた所が隙間だらけです。自然の力は想像以上で、少々クランプで止めた位では言う事を聞いてくれません。
最終的に平らなところに置いて、上からありったけの重り(日ごろの筋トレ用のダンベル等)を置いておきました。
一日置くと、なんとか見れる位まで修復できました。一安心です。しかしこの方法、今後は止めた方がいいようです。後は紙やすり等で表面を整えてニス塗りです。
さて、「加賀」本体ですが、本当のどこから手を付けて良いのか本当に解りません。かなり複雑なのと、特にエッチングパーツの扱いが非常に難しそうで、あの説明書は余りにも不親切です。もう少し作る側に立った説明書が欲しいものです。
15081703.jpg
15081704.jpg
ここは、先に出ました、大阪駅前第1ビル1階にある小西製作所の直売所です。何時もの事ですが、お客は一人も居なくて、店のおじさんとひとしきり模型談義をして帰ってきました。この時、お店にあったメインの商品は1/200重巡『鳥海』でしたよ。
15081705.jpg

昨日完成しました水彩画です。
オーストリアの「ハルシュタット湖」です。この日は雨が降っていてもう少し暗い感じだったのですが、なんか、こんな感じになってしまいました。バックは山の中腹に、雲が帯の様に掛かっているのですが、そのように見えるでしょうか?
ここは、旅行社のうたい文句によると、世界一美しい湖だそうです。しかしこれはまんざら嘘ではなく、私がヨーロッパを旅行した中でも一,二を争う美しい風景でしたよ。何時かこの絵を描こうと思ったのが水彩画を始めた理由の一つでもあるんす。
まだまだ下手ですので何れ又再挑戦します!
15081706.jpg

最後に、夏休みですので孫1号のYMちゃんと二人で「プラネタニュウム」を見に行きました。
これ、なんと茨木市の施設なんです。古い装置だそうですが、なかなか結構なもので十分楽しました。
50分間の投影で、大人100円子供50円でした。
今月の特集は、いかに宇宙が大きいかと言うお話でしたが、YMちゃんにはまだ少し早かった様です。
15081707.jpg

2015淀川花火大会

2015/08/09 11:28 ジャンル: Category:その他
TB(0) | CM(5) Edit

淀川花火大会です。
家内の姉さんのマンションの正面が花火大会会場なんです。
場所としては、これ以上の所はないロケーションです。
この日は梅田界隈も花火見物なのか浴衣を着た若い女性が沢山いました。暑いのに御苦労さまですね。
でも、こうした伝統をのこし、引き継いでくれることはありがたい事ですね。

花火が始まるまで、お寿司を食べたり、ビールを飲んだりしながら開始を待ちました。
花火をしっかり撮るのは初めてなんですが、結構上手く撮れました・・・と言うのも、カメラの≪花火モード≫でこれだけ撮れるんです。カメラはニコンのCOOLPIX P-7800です。
今時のカメラは大した物です。
15080801.jpg
15080802.jpg
15080803.jpg
15080804.jpg
15080805.jpg
15080806.jpg
花火をライブで見る最も大きな魅力は、あの迫力ある音です!
では、動画をご覧ください。
≪パソコンの音声も我が家ではステレオに繋いでいますので、迫力ある重低音も入っています。パソコンも是非、いいスピーカーセットに繋がれる事をお勧めします≫

毎日、暑いですね~!

2015/08/04 22:21 ジャンル: Category:その他
TB(0) | CM(4) Edit

毎日暑いですね~!
もう、プラモ工房はクーラー入れっぱなしで、快適なんですが、一歩部屋を出ると、なんと35度ではないですか
皆さんも熱中症気を付けてくださいね。

『加賀』の製作は取りあえず、艦載機をコツコツと作っています。
今回はフジミ・ハセガワの混成部隊です。皆さんご指摘の通り、フジミ製は胴体に深いヒケがあります。
これはいけませんね!今時の技術があればなんとかならないものでしょうか?日本のメーカーとしては少し恥ずかしいのでは無いでしょうか。一応、簡単ですがゼリー状の瞬間接着剤で修正しました。
今日は零戦の残りと九九式艦爆を作製。(艦爆のプロペラはまだですが・・)
15080401.jpg
『加賀』は進めたいのですが、水彩画教室の宿題も有り、そちらもやらなくてはいけません・・ので『加賀』は遅れ気味です。

そんな訳で、何時もの余談を少し。
①畳の入れ替え。
或る夜、寝ながら本を読んでいると、畳に何やら小さな虫が・・・。
これはイカン!もしかして畳にダニが発生かも!
過去、表替えは二回ほどしたのですが、昔ながらの藁床です。家内と相談の結果この際、思い切って床から新調することに決定

じゃ~ん!
新調のタタミは良いですね!!
でも、あの匂いが全くしません。実は、これはイ草じゃ無いんです。
最近はやりの和紙畳みです。床も新建材床と言って藁ではありません。したがって虫の心配は、もうこれで無くなりました。
15080402.jpg
和紙畳は、和紙をこより状にして、表面に樹脂加工がしてあり、最大の特徴は非常に丈夫で、水にも強く、手入れも簡単です。そして色もいつまでも変わりません。
出費としてはかなり高く付きましたが、当分畳屋さんのお世話になることは有りません(畳み屋さんが涙ぐんでいました)
15080403.jpg
ただ、何度も言いますが、残念なことに、あの新しい畳みのいい匂いが全くしません

②ビック・バンド・ジャズ フェスタ
今年もまた、茨木フェスティバルで、『茨木ビックバンドジャズフェスティバル』がありました。
本当にこれが無料かと思えるほど、皆さんのレベルは高く、堪能します!
13時から20時まで7つのバンドが競演しました。
動画でアップするつもりでしたが、上手く出来ませんでした。次回は再度挑戦してみます。
15080404.jpg

③パン焼きました
これ美味そうでしょ!『クランベリーのライ麦パン』です。
意外と簡単で、実は今日も二回目でまた作りました。本当に美味い!
歳を取ると、食い物の話が多くなりスミマセン
15080405.jpg

④水彩画
孫1号のYMちゃんから、暑中見舞いが届きました!ピカピカの小学1年生です。
なんと、おじいちゃんのやっている水彩画ではないですか!にくいね~!!おこずかいをあげなくっちゃ~。
15080406.jpg
色使いのセンスが素晴らしい!このビリジャン(緑の一種)で清涼感を出すとは、色の魔術師です!

プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR