何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

ペーパークラフト≪赤城≫の製作 ①

2014/11/29 22:23 ジャンル: Category:ペーパークラフト
TB(0) | CM(4) Edit

19日のブログでご紹介しました紙模型工房のペーパークラフトですが、いきなり大作の≪赤城≫に手を出してしまいました。展開図A4、30枚、完成時72Cmの大作です!
14111901.jpg
切り出し開始です。完成時の期待が高まります。
14112902.jpg
とにかく大きいので強度を考えておかないといけませんので、内部に段ボールを貼りつけていきます。
そして、折り曲げも長いところが多く、テクニックが必要です。テーブルに金属の定規を貼りつけそこに押し当てて折り型を付けていきます。そしてローラー(壁紙貼りに使うローラーです)で、しっかりと折ります。
14112907.jpg
中には、こんな鋭角に折り部品も有ります。これは難しい!!
そこで考えたのがこれです。カッターの刃をダイヤモンドヤスリで削って切れなくします。それを定規に沿って折り型を付けます。それでかなり綺麗に長い線も鋭く折る事が出来ました。これで、前の写真で紹介しましたテーブルに貼った定規は必要無くなりました。
14112903.jpg
取りあえず、ここまで出来ました。
14112905.jpg
≪赤城≫の片鱗が見えて来ました。
14112906.jpg
しかし、今回の出来は残念ながら余り良くないようです。
この≪赤城≫、かなり難しいのです!!!どうしても立方体が丸くなったり、糸巻き型になる所が在るのです。紙の材質が悪いのでしょうかね?
紙模型工房さんも推薦の紙を示してくれれば良いのですがね。
何事も経験と試行錯誤です。ペーパークラフト初心者としては、この≪赤城≫はレベルが高すぎたと思います。
ペーパークラフトの製作も厳しい世界ですね~~!
スポンサーサイト

J・Sバッハ「マタイ受難曲」聴いてきました。

2014/11/24 22:49 ジャンル: Category:その他
TB(0) | CM(4) Edit

楽しみにしていた「マタイ受難曲」聴いてきました。
楽しみは3つあります。
1、今回、このコンサートに行くきっかけは、中学の同窓会の準備で何人かあつまった時、同じクラスになった事は無いのでしたが、隣に座って話をしているうちに、彼(YMさん)が大阪フィルハーモニー合唱団に入っていて、今回のコンサートに出演する話が出たところからです。
オーケストラと合唱の曲は大好きなので話が盛り上がり、聴きにに行く事になったのです。(割引もしていただきました
2、「マタイ受難曲」は宗教曲と言う事で全曲通して聞いたことが在りませんでした。しかし今回、ネットで詳しく調べたり、プラモ作りながら聞きなおしたり(笑)、歌詞の対訳を調べたりして、だんだん自分の中で盛り上がってきました。
3、会場がフェスティバルホールなのです。中学生の頃から、フェスティバルホールはもう何回も行きました。日本でも有数の素晴らしい音響のホールでしたが、取り壊され新しくなったのですが、チャンスが無くまだ一度も行っていなかったのです。
14111401.jpg
あたらいいフェスティバルホールの外観です。建物のレイアウトは変わっていないようですが、ビルの上部が高層ビルになっています。このフェスティバルホールが在る中之島にも高層ビルが増え、ずいぶん変わりました。そして綺麗になっています。
内部はこんな感じですが、ちょっとモダンすぎます。外国のコンサートホールの様な重厚な雰囲気が欲しいですね。
私見ですが、特に内部は前のホールの方が良かったような気がします。
14112402.jpg
今回の合唱曲ですが、これこそ生演奏がベストです。この合唱の美しさはCD等ではどんな高級な装置でも再現出来ないと思います。まず、ホールの様な広い空間が無いとイケマセン!
私は中学の時、音楽観賞会で初めて旧フェスティバルホールでカルメンのアリアを生で聴きました。その時、これが人間の声か!?と信じられませんでした。そして、その後、ベートーベンの第9を聴いたのですが、この時の合唱にまたまた大感動し、本格的に訓練された合唱団の素晴らしさに目覚めました。大変申し訳ないのですがマンさんコーラスとは全く違います!ただ、何度も言いますがレコードやCDではこの感動が余り伝わってこないのです。
やはり、大空間で響く事が大事なのだと思います。これらの音楽は西洋の教会から発展したからでしょうか?
そうそう、写真の中の赤マルで囲んだところに歌詞の対訳がプロジェクターで日本語が出ます。良い時代になりましたね。
そしてこの物語を聴いていると以前、イタリア・ミラノのサンタマリアデッレグラッツエ教会で見ましたダビンチの「最後の晩餐」の様子を思い出しました。そしてゴルゴダの丘へと行進する映画『パッション』を思い出します。かなり描写がきつい映画でしたがもう一度見直して見ます。
14112403.jpg
この写真の中に友人のYMさんがいます。スマートフォンのズームで撮影しましたのでピンボケでごめんなさい。
でも素晴らしい演奏でした。指揮者のヘルムート・ヴィンシャーマンさんんも94才とご高齢なのですが、人間性溢れる温かそうな方でとても好感のもてる方でした。終演後はここ最近にない盛大な拍手でした。演奏ももちろん良かったのですが、やはりバッハの音楽の偉大さだと思いました。TMさん、ありがとうございました。
14112404.jpg
次は12月26日の読響の第九で今年の締めくくりです。

ペーパークラフト《メカゴジラ》② 完成

2014/11/19 20:40 ジャンル: Category:ペーパークラフト
TB(0) | CM(2) Edit

ジャ~ン!
メカゴジラ完成です。
14111801.jpg
鼻の辺りがちょっとマヌケ(笑)!
尻尾もこんなんでしたっけ?
でも作るのは意外と難しかったです。
14111802.jpg
そんなことで、ゴジラ君と、ちょっと立ち話です。
「よっ!久しぶりやな」・・なんてね。
14111803.jpg
二人の定位置は窓際のここです。いずれ、キングギドラも作ってあげるので待っていてください。
それまで喧嘩しない様に仲良くしてくださいね。
14111804.jpg

ところでペーパークラフトも忙しくなってきましたが、材料である画用紙の良い物を探しに梅田のLOFTに行ってきました。
やっぱり品数が豊富ですね!A4サイズの画用紙が在りました。厚みもしっかりとあります。なんと言っても切らなくて良いのでA4サイズが嬉しいです。(普通、画用紙のA4サイズはありません)そしてお値段も70枚700円でした!お値段もお手ごろでGOODですね。《赤城》に《きりしま》がんばります
14111806.jpg

ペーパークラフト《赤城》発見!

2014/11/15 10:46 ジャンル: Category:ペーパークラフト
TB(0) | CM(1) Edit

《赤城》発見!なんですが取りあえず《メカゴジラ》と進捗状況です。この辺まで出来てくるとモチベーションが上がってきます。
14111501.jpg
ところがです!ネットでいろいろ見ていると、なななんと、こんな物にぶち当たってしまいました。
1/350の《赤城》のペーパークラフトです。それも展開図や組み立て方もPDFで公開されているではないですか!(無料)
14111502.jpg
その上、自衛艦の《金剛》まであるではないですか。
14111503.jpg
これは大変です!早速ダウンロード、そして画用紙を買いに走りプリントしました。
う~む!中々の優れモノです。
14111504.jpg
その後、もう一度ゆっくりこのサイトを見ていると、またまたビックリ!
1/200の《きりしま》まで有るのです!おまけにフルハルモデル、そしてなんと言ってもこの1/200のサイズが魅力です。紙の模型とは思えないほど立派ですね。何から作るか??その前に《メカゴジラ》を早く仕上げなければ
14111505.jpg
そうそう、申し遅れましたが、このサイトは下記の『紙模型工房』で検索できます。
もちろん有料のアイテムも有り戦艦大和も有りましたよ。
14111506.gif

最後にちょっと余談ですが、リンクさせて頂いているブログで老眼のお話しがありました。
虫メガネ付きの爪切りを買われたお話でしたが、私もちょっと面白い物を持っていますよ!
これです!虫メガネ付きの腕時計です。最近は余り使っていないのですが、メガネを掛けたり掛けなかったりしていた頃、買い物先で、ちょっと見難い値札等見るのに重宝しました。私もこんなアイデア商品大好きです。
14111507.jpg

小ネタ集

2014/11/13 21:11 ジャンル: Category:その他
TB(0) | CM(3) Edit

≪メカゴジラ≫はボチボチやっていますので、今日は小ネタ集です。
①紅葉が始まりました。
これは10日の月曜日です。万博外周ですが、まず黄色からの色づきです。1周5キロ、外周まで家から5キロ、都合15キロメートルと丁度よい運動になります。もう少し色付くともっと綺麗になります。外周道路、いい所ですよ
14110701.jpg
14110702.jpg

②雪風の改修
以前作った1/350の≪雪風≫ですが、全て完成した後気がつくと、なんと、マストが曲がっているではないですか。誠にみっともない大失敗です。
何時か直そうと思っていたので、今回思い切って手を付けました。
14110703.jpg
取りあえず全部切断!一からやり直しました。
なんとか真直ぐに直したつもりですが、よく見ると今度は本の少し後ろに曲がっています。
まっ、許容範囲と言う事でお許しください
14110704.jpg
おまけですが、この写真は先日作りました≪不知火≫との2ショットです。何れも陽炎型の同型艦ですのでスケールの違いによるキットの大きさがよく解るでしょ。奥の不知火は1/200、手前の雪風は1/350です。
14110705.jpg

③手榴弾の製造
 「たつさん」から、こんなもの送ってきました。
なんと手榴弾のプラモデルです!こんな物まで有るんですね!?!?
14110706.jpg
早速2つほど作ってみました。
持った時、あまり軽いと拍子抜けするので、中に油粘土を詰めました(例の100均)
14111203.jpg
で、こんな感じです。もう一つの木製の握りの付いたドイツの手榴弾はこの木の色をどう再現するか!?
少し考えます。
14111204.jpg

④メカゴジラ
最後にメカゴジラはここまでですが、はっきり言ってゴジラより難しいです。
凄く細かくて、折線通りに折るだけでも難しいです。丸くなってしまうのです。
それと、途中で気がついたのですが、色が少しおかしい。赤が薄いのです。(でも、今回はこのまま続けます)
14111304.jpg

ペーパークラフト≪メカゴジラ≫①

2014/11/08 19:57 ジャンル: Category:ペーパークラフト
TB(0) | CM(8) Edit

ちょっと、プラモデルは休憩です。
少しまえに、ペーパークラフトの≪ゴジラ≫を作りましたが、その後EPSON のサイトを覗いてみるとなんと次々と新しいアイテムがアップされているではないですか!
14110801.jpg
14110802.jpg
14110803.jpg
さすがに、モスラは、ちょっと・・・です。特に幼虫は無理です!
でも、モスラは、ザ・ピーナッツの「モスラの歌」は今もよく覚えています。

で、一応、「メカゴジラ」と「キングギドラ」はプリントしています。
14110804.jpg
≪ゴジラ≫はA4サイズで17枚、≪メカゴジラ≫は14枚でした。
ところが≪キングギドラ≫は、なんと一挙に47枚!大作です!!見てくださいこの厚み!!!
14110805.jpg

と言う事で、取りあえず≪メカゴジラ≫を作ります。
ペーパークラフト作りにはこの「エッチングパーツの曲げ専用」の工具が必須です。この工具のおかげで紙をシャープに曲げる事が出来ます。またまた大活躍です。(これが無いとちょっと無理ではないかと思います)
14110806.jpg
百均で買った画用紙が立体の≪メカゴジラ≫に生まれ変わるのがペーパークラフトの醍醐味です。

MIG21の製作② 完成

2014/11/04 22:26 ジャンル: Category:MIG21
TB(0) | CM(4) Edit

MIG21 完成しました。

製作記事はあまり書けなくて済みません。ついつい製作にのめり込んでしまい、写真撮るの忘れてしまいます。
やはり銀塗装は難しいですね。下地をしっかり整えたつもりで、銀を塗ると荒だらけ

今回は特にこだわりはなかったのですが、クレオスのスーパメタリック「チタン」で仕上げました。
この塗料、かなり金属色になります。墨入れをしたあと、エナメルの溶剤で拭きとっていると、ますます金属感が出て来ます。写真より本物の方がよく光っています。
14110401.jpg
14110402.jpg
14110403.jpg
14110404.jpg

ここからは、このMIG21がベトナム戦争で戦ったライバル機との2ショットです。縮尺はいずれも1/48なのでアメリカ機の大きさがよく解ります。ファントムはでかいですね!
14110405.jpg
これはF8-コルセアです。この機は艦載機としてよく記録映画に出て来ますね。
14110406.jpg
そしてスカイレーダー!最後のレシプロ機です。さすがに近代のレシプロエンジンは小型ですが、大馬力で、この大きさで2800馬力だそうです。確かゼロ戦は1200馬力くらいでしたよね。
14110407.jpg
最後にシロプリの最も大好きな機体である「A6/イントルーダー」です。これは大きい方が1/32、小さい方が1/72ですのでMIGとは並べての写真は有りません。
14110408.jpg
いずれも、飛行機を一生懸命作っていた頃の作品です。
やっぱり飛行機も良いですね(^O^)/

プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR