何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

MACROSS VF-1J

2013/02/28 21:54 ジャンル: Category:プラモデル
TB(0) | CM(2) Edit

「コルセア」完成した後、次は何を作るか・・悩んでいたのですが、気が付けばこんなの作ってました。
何んとアニメの超時空要塞マクロスの戦闘機です。
もちろん?この歳ですので、このようなアニメは見たことも有りませんが、1年くらい前ですが、なぜかプラモ屋さんで箱絵がカッコよかったので買ったものでした。その後も作ることはないと思っていたものでした。
が!気が付いたら作ってました。なぜでしょう??解りません
1302281.jpg
これは1/72のスケールで比較的小さいのですが、意外と部品も多くそれなりに面白そうです。
1302282.jpg
メーカーも長谷川です。筋彫りもしっかりとされており、墨入れが楽しみです。あっという間にここまで作ってしまいました。
そして、金型の精度もとっても良く、組み立て易くとってもいいキットです。改めて長谷川を見直しました
1302283.jpg

一つだけ、余談!
少し前、テレビで包丁の話をしていました。(確か、ためしてしてガッテン!だったと思います)
切れる包丁は、実は刃先を顕微鏡で見ると、のこぎりの様に刃がギザギザなのです。
今まで私は、砥石でピカピカになるまで磨いでいましたが今一つでしたが、改めて、目から鱗で、なるほどと感心していました。
そこで、テレビで紹介していた写真のダイヤモンドシャープナーを購入しました。
1302285.jpg
早速、簡単に軽く磨いでみたのですが、その効果は抜群です。お刺身も切ってみたのですが、とっても気持ちよくス~ッ切れます。皆さんも一度試して下さい。
スポンサーサイト

「コルセア」完成 & クッキング

2013/02/23 11:25 ジャンル: Category:プラモデル
TB(0) | CM(4) Edit

早々と「コルセア」完成です。
このキットは古い物で、最新の物とは比べ物にならないほど部品も少なく簡単です。
しかし、この機体は、その形とカラーリングがポイントですので完成した物は十分満足してます。
1302221.jpg
1302222.jpg
130223.jpg
しかし、問題がなかったわけではありません。
特に気にもしてなかったデカールが大問題でした。
水に付けると、見る見るうちにひび割れが始まり、少しでも触るとバラバラになってしまいました。
最悪です。まったく使い物にならないほど悲惨な状態に成ります。
ストックしているデカールも色々探したのですが、帯に短し襷に長しで良いのがありません。
そこでネットで検索しお知恵拝借です。
そこで見つけたのが下の写真のニスです。基本的に何に使うものかよく解らない物なのですが、水性の光沢にニスです。乾くと水には溶けなくなります。
1302224.jpg
これを水に付ける前にデカールに塗ってコーティングするのです。均一に塗るためエアブラシで塗りました。
そして、乾いてから恐る恐る水に付けると、なんと割れずに使えました(少しは割れたけどね)。
でも、これは優れモノです。今後、古いキットを作るときの強い味方になります。
これはネットで買ったのですが、なんと値段は1円でした。送料は500円でしたがね
ネットではたまにこんな値段設定があります。本なども良く1円がありますね。

つづいて、先日買ったガラスケースですが耐震策として耐震マットを購入(100均)これで少し安心です。
1302225.jpg

最後に、またまた余談です。
先日、昨年に続き大阪ガスのクッキングスクールへ行ってきました。
大阪ガスの株を少し持っているのですが株主優待の中で割引券がありますので奥さんと一緒に行きます。
1302226.jpg
今回のメインはピザです。ピザ生地を練ってプライパンで焼くのですが、この教室はクッキングスクールと言うより最新のガスグリルの宣伝の様です。確かにガスコンロとは言えないほど電子化され全てが制御されています。
一つビックリしたのが「ゆで卵」です。卵をキッチンペーパーで包んで水を掛け、アルミホイルで包んで魚焼きのグリルで10分間焼くとゆで卵に成っていました。8分だと半熟だそうです。
私は結構手先が器用なほうなので、先生からとっても手際が良いと褒められちゃいました
仕事をリタイア後は食事の用意も一部担当するよう奥様からすでに厳命されています
練習しておかなければなりません。でも、料理は楽しいです。
1302227.jpg
これ以外に簡単なケーキを作ってお土産です。

筆休め?の『コルセア・F4U』

2013/02/16 17:32 ジャンル: Category:プラモデル
TB(0) | CM(2) Edit

ドルニエに続き、またまた休憩する間もなく次の製作に掛かってます。
ちょっと中毒気味です。
これも、かなり古いキットで部品も少なく、お手軽に作れるキットです。
そんな訳で、筆休みッと言った感じで気軽に作ってます。
1302161.jpg
この飛行機は、私の母親が戦時中、徳島でアメリカ軍の艦載機から機銃掃射を受けたって言う話を聞いたことがあるのですが、このときの飛行機が、このコルセアの特徴である、翼が鳥の羽根のように曲がっていた(ガルウイングって言います)と言ってましたので、これだと思います。凄い話ですね。

何時も通りコックピットから作りますが、至って簡単です。特にディティールアップもしません。何しろ筆休めですから!
1302162.jpg
3日で一気にここまで作りました。
1302163.jpg

話は変わりまして、14日はバレンタインでしたね。
何時も奥さんが手作りのチョコレートケーキを作ってくれます。
あまりデコレーション等はなく殺風景ですが、クルミも入っていて、とってもさっぱりとした美味しいケーキです。感謝!感謝です
1302164.jpg
今年は職場も変わったので諦めていたのですが、元の職場のお嬢様達から社内便でチョコが届きました。
やっぱり嬉しいものです。お返しを考えなくっちゃネ!
その昔はいっぱい貰ったのですが懐かしい昔の話と成りました(笑)
そうそう、孫のYMちゃんもお母さんと一緒に作ったバレンタインのクッキーをリボンを付けてプレゼントしてくれました。これから毎年楽しみです。(写真撮るの忘れました)しかしこれこそ、エビで鯛です。ホワイトデイには何をしようか楽しみです。
1302165.jpg

それと、先日買ったショーケースですがまだ余裕があるので、インテリアとしてホルンとトランペットを飾ってます。管楽器の形が大好きで見ているだけで癒されます。
1302166.jpg
久しぶりでトランペット吹いてみました。なんとか音階ぐらいは音が出ました。
マウスピースの感触が、懐かしく中学晴の頃を思い出しました。

ドルニエ Do-X飛行艇 完成です。

2013/02/10 21:18 ジャンル: Category:ドルニエ Do-X飛行艇
TB(0) | CM(4) Edit

『ドルニエ Do-X飛行艇』一週間で完成です。
やはり部品が少ないのが要因です。また、手抜きも要因の一つです
昔の古い飛行機は、人間の夢が詰まっていいるようで、何かひかれる物があります。
当時の人々はこれを見たとき、さぞかしビックリしたやろな~~~、なんて思いながら見入てしまいます。
1302101.jpg
1302102.jpg
写真を撮影しながらふと思ったのですが、この時代の飛行機ってモノクロ写真が似合いますよね!
と言う訳で、モノクロ写真です。
1302103.jpg
追加のでティールアップは、0.3mmの真鍮線で補強のステー(ブレス)を各所に入れました。
写真ではちょっと見難いですが・・見えますかね?
これ入れると随分カッコよく見えます。
1302104.jpg

またまた余談ですが、作った作品を、もう飾るところが満員で有りません。
以前から、適当なケースがないか探していたのですが、やっと良いのが見つかりました。
もともとは、室内用の温室です。これをショーケース仕様にしたものです。
普通、これ位の大きさのショーケースを専門店で買うと15~20万円位するので諦めていました。
NETで買ったのですが、本当に安かったのですが値段は様々で、同じものが、こんなにも違うのかと言うくらい違います。
私は3万円ちょっとで買ったのですが高いショップでは5万円位します。
届いた荷姿は想像以上に大きく、凄く重たいものでした。
1302105.jpg
早速組み立てました。かなり満足です(^O^)/
これもすぐにいっぱいになるでしょうが、しばらくは安心して作れます。
1302106.jpg

最後に、もうすぐ3月のお節句です。
娘の所の二人目の孫のMKちゃんの初節句です。そんな訳で今年は7段飾りを全部出しました。
今日は組み立て係りで行ってきました。
これは、娘のお雛様で三十数年前におばあちゃんが買ってくれた物で、今見ても立派な物です。
最近はこんな、場所を取る段飾りはあまり売れないようですね。
1302107.jpg
しかし、これからも代々受け継いで、お節句に飾る!
これからも続けてほしいものです。
5月になると、息子の所のRT君も初節句です。此方も、鎧兜の段飾りを持って名古屋に走ります。
いや~、孫って本当に可愛いですね

ドルニエ Do-X飛行艇

2013/02/03 21:44 ジャンル: Category:ドルニエ Do-X飛行艇
TB(0) | CM(2) Edit

「あまつかぜ」を終えて休む間もなく、何を作るか検討の結果≪ドルニエ Do-X飛行艇≫に決定。
以前、リサイクルショップで買ったものです。
これってネットを見ていると、結構マニアックで探している人も多いようです。
世界の飛行艇史上もっとも巨大な飛行機です。
1929年初飛行に成功し、その船室には客室、食堂、休憩室、酒場、炊事室などがあり大変巨大な物でした。しかし、あまりにも巨大なため、離着水に大きな制約があり実用化はされませんでした。
しかし、この頃のドイツの技術力は、凄いですね。
その後も、このドルニエ社はユニークな戦闘機など軍用機においても、とってもおもしろい物を作っています。いずれ機体の前後にプロペラのあるD0-335Aに挑戦するつもりです。
1302031.jpg
古いキットでパーツもこれだけです。
プラスチックの色が黄色なんて今では見かけませんね。
ところが、これが曲者だったのです。
1302032.jpg
それと、デカールも黄ばんでいて、これも心配です。
1302033.jpg
そして大きな部品から組み立てていくんですが、ここで大問題が発生!
船体の貼り合わせの時、部品がかなり反っているので貼り合わせてもすぐに合わせ目が開いてきます。
そこで、何時も通り瞬間接着剤を流し込んで、しばらく指でしっかり押さえて硬化促進剤で固めるのですが・・・ななっナント、瞬間接着剤を付けたところがボロボロに砕けているではありませんか
1302034.jpg
なんじゃ、これは~~!って、真っ青です。
きっと素材と接着剤が科学反応でボロボロになったのでしょう。相性があるようです。
そう言えば、このプラスチック、妙に硬くてもろいのです。ライナーの部分も手で折るとすぐにパキンと折れるのです。現在の物と素材が違うのかな??
そんなことで、必死で整形して、パテで埋めてなんとか形を整えました。古いキットで瞬間接着剤を使うときはテストが必要です。

今回の飛行艇は基本銀塗装です。まず真っ黒に塗ってから銀を吹きます。銀はクレオスのSM06を使いました。
1302035.jpg
ここまでは一揆に組み上げました。心配したデカールは全く問題なく使えました。一安心です。
そして、この銀塗装のSM06はアクリル系のクリア塗装を上塗りすると曇ってしまうので、エナメル系の塗料でクリア塗装を行いました。
1302036.jpg
残すはエンジンです。12基のエンジンで、ここがこの飛行機の見せ場ですね。
プロペラの部品は小さくて細くて、割れそうで怖いですね~。

それはそうと、今日は節分です。
恵方巻きを食べるのが毎年楽しみです。
今年は夫婦二人で手巻き寿司の晩御飯です。最初に少しデッカイのを作って南南東を向いて無言で食べました。
今年も良いことがありますように

プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR