何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

おっと、忘れるとこだった!

2011/10/30 17:35 ジャンル: Category:戦艦『金剛』製作記
TB(0) | CM(3) Edit

土曜日は四国88箇所巡礼(実態はスタンプラリー)に行って来ました。
85番から88番の4箇所です。近いところから回っているので順序不同です。
ちなみに、管さんとは合いませんでした(笑!)
愛車プリウスの燃費は400Km走って26Km/L、マズマズでした。
そんな訳で『金剛』はあんまり出来ませんでした。

でも、その夜、少しでも進もうと、居よい艦橋に取り掛かることにしました。
まず、取り付け位置に仮組みして艦橋を張り合わせることから始めます。
1110301.jpg

そこで、大事なことを忘れてました。
このキットは救命浮き輪がモールドしてあるんでした。
こんなのは別部品にして欲しいですよね。塗装が大変や!
1110302.jpg


そこで今回は浮き輪の塗装です。
まずはマスキング。
1110303.jpg

そして、テープを爪楊枝や詰めで押し付けてカッターで切り抜きます。
1110304.jpg
1110305.jpg

真ん中の穴用のマスキングは、テンプレートでサイズを決め、カッターで切り出します。
1110306.jpg
1110307.jpg
それを穴に張ります。
1110308.jpg

そして、塗料の吹き付け、赤いラインを細筆で書き込みます。
1110309.jpg
11103010.jpg

マスキングテープをはがして、白入りのはみ出したところを面相筆でリタッチして出来上がり。
11103011.jpg

面倒くさいでしょ!
だから言ったでしょ!今後これは別部品にしてくださいお願いします、フジミさん!
スポンサーサイト

チマチマと!

2011/10/27 22:27 ジャンル: Category:戦艦『金剛』製作記
TB(0) | CM(3) Edit

対空砲火の弾薬箱です!
1110273.jpg

元のキットにもプラスチック製で有るんですがエッチングパーツで40個あるので目立つところにはこれを使います。
1110271.jpg

とにかく小さいです。
箱を展開図の形でパーツにしてあるのでピンセットで折りたたんで作ります。
1110272.jpg

40個作りました。
小さいので隙間が開いたりしてとっても難しいです。
やっと上手くできるようになったら終わりでした(笑)

1110274.jpg

しかし、対空砲火の25mm三連装機銃のディティール用のエッチングは顕微鏡でもない限り無理なぐらい小さくて細くて・・・・無理で~す!





意を決して!

2011/10/23 18:06 ジャンル: Category:戦艦『金剛』製作記
TB(0) | CM(2) Edit


上甲板の構造物もぼちぼち出来てきました。
1110231.jpg
しかしこれを取り付けてしまうと、今回の『金剛』建造の中で一番自信の無いカタパルト甲板の作製に邪魔になってくると思われます。
そこで、意を決して!カタパルト甲板を仕上げることにしました。

まず、リノリューム押さえです。
0.3mmの真鍮線を、学生時代に使った製図用のディパイダーで寸法を測りながら切断し、瞬間接着剤で所定の位置に貼って(そっと置いていく)いきます。
1110232.jpg
1110233.jpg

そして飛行機を運搬するためのレール(運搬軌条)の取り付けですが、その前に平たくて細長いパーツをL型に曲げる必要があります。
これが至難の業。
何とか例のエッチィング加工用のペンチに挟んで、L字に曲げるのですがこのとき、壁紙を貼るときに使うローラーを使うと上手く均一に曲げることが出来ました。
1110234.jpg

てなことで、悪戦苦闘の結果、これまた2日掛かりで完成。
プロ見たいには上手くできませんでしたが、何とか遠目には格好が付きました。
最終的に、つや消しクリアを吹いてはみ出た接着剤なんかをごまかします。
1110235.jpg

まっ、結果はともあれ、カタパルト甲板を終わったのでホットしています

エッチィングの加工

2011/10/20 22:35 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

今日は煙突に続き、「高射装置」への挑戦です。
これも、ほとんどがエッチングパーツに置き換えです。
このパーツ、小さいながらも反ってるんです!
1110201.jpg

そこで考えたのがこれ!
堅い目のウレタンスポンジの上に置いて丸い棒で均して、真平らにする。
1110202.jpg
成功です。これで、もう反ったエッチングも平気です。(飛行甲板の時には考え付かなかったです。残念!)

そして曲げ加工。例の専用ペンチのお出ましです。
1110203.jpg

次は右舷と左舷を繋ぐブリッジの手摺りの取り付け。
これが、細い
110204.jpg
ねっ、手摺り付いてるでしょ!これで細いブリッジも水兵さんは安全に渡れます

チョット余談ですが、写真のエアブラシ!
な、なんと1575円です。
ふつう、この道具は1万円前後ですよね!
1110205.jpg
中国製のようですが、充分使えました。ノズルは0.3mmです。
カールホースも付いてます。
私は、お察しと思いますが、道具を集めるのも大好きです。
それも、安くて、いいもの、本来の使い方と違う使い方を考えたりするの楽しいのです。

では、では、また次回をお楽しみに

秋のお楽しみ

2011/10/16 21:32 ジャンル: Category:戦艦『金剛』製作記
TB(0) | CM(1) Edit

秋ですね
我が家では毎年、栗が出始めると、美味しい栗を買出しに産地へ行きます。
去年は丹波の笹山まで行きましたが、今年は能勢の『栗の郷』って言う《道の駅》です。
電話で問い合わせると遅くても8時半には来てもらえないと満員になりますよ、との事で、先週の日曜日に朝7時半の出発です。
20110602093334.jpg
時間通り着いたのですが、駐車場は長蛇の列でしたが、何とかぎりぎり間に合い入れました。

さすがに《栗の郷》というだけあって、とってもいい栗を買うことが出来ました。
1110161.jpg

我が家では毎年、この栗を《渋皮煮》にして食べるのが楽しみです。
今年から、皮を剝くのは私の仕事のなりました。
栗の外側の鬼皮だけを剝いて渋皮を残します。

これがそのとき使う道具です。
1110163.jpg
どうですか?良く太ったいい栗でしょ
1110162.jpg

でも約50個剝くのは大変でした
そして、焼き明礬を入れた水につけておきます。
1110164.jpg

その後、水を沸かして7~9回ほど、沸騰させては熱湯をすてて、また水から沸騰させてを繰り返します。
そして、最後に、お醤油と味醂とお砂糖で煮ます。
1110165.jpg

ここであわててはいけません
味が浸み込むのを1週間ほど待つんです。(その間何回か火を入れます)

そして、できました!
1110166.jpg
うまい~!

それはさておき、『金剛』でしたよね。
煙突周りできました。
ここも、エッチィングパーツだらけで、元気なうちに作っておかないといけません。
煙突2本で土日がつぶれました
1110167.jpg
まっ、何とか出来ました。あんまり良く見ないでください。(難しいな~)

その次、避けては通れない飛行甲板です。
見てください!この反り様!!
1110168.jpg
最悪です!
本に挟んで、丸めてみたり、丸いマジックインクの筒の部分で曲げたり、悪戦苦闘の結果、何とか貼れる状態になりました。
1110169.jpg
今回の、ヤマ場の一つでした。(ほっ、
でもこれから、0.3mmの真鍮線でリノニューム押さえやカタパルト、レールなんかもありますが、ここは見せ場なので、ゆっくり考えてから作ります。

そんなこんなで、チョット仮組みです。
11101610.jpg

今回は、ずいぶん頑張っています。
やっぱり、一度「長門」を作ったのがよい経験になっているようです。
《何時になったら出来るやら?》も、意外と早いかも?


また、良いもの見つけました

2011/10/14 23:13 ジャンル: Category:戦艦『金剛』製作記
TB(0) | CM(0) Edit

今日、仕事の帰りに梅田のヨドバシをぶらっと覗いてきました。
で、また、こんなの見つけました。
1110144.jpg
優れものは、写真左のMr.グルー・アプリケーターというものです。
これは、瞬間接着剤を極小のスポットに付ける針のようなもので、こんなものを前から探していました。
早速使ってみました。
マズマズ使えそうです

右はエッチィングパーツを曲げるものです。
これの大きなサイズは前から持っていたのですが、これは小さなものを曲げるのに使いかいます。
これは、なかなか良いです。

さて、『金剛』です。
甲板の取り付けも始めました。
1110141.jpg

甲板の構造物も少しづつ作製です。
1110143.jpg

エッッチングパーツでディティールアップするとこうなります。
1110142.jpg
チョットはしごの手摺りを付けただけで全然違うでしょ!

面倒だけどやっぱり、これ見ると・・・頑張ります。

続いて、煙突周りの作製ですが、ここのエッティングは難しい!
なんじゃこれは!って感じです。
1110145.jpg

今日買ったMr.グルー・アプリケーターが大活躍で、瞬間接着剤を点糊のように付けていきます。
1110146.jpg
こんな感じですがこれだけでも30分くらい掛かりました。
小さな梯子状のものが見えますか?
ここの部品だけでもこれを4段取りつけます
まだまだいっぱいあります。

今日ここまで。
おやすみなさい

艦載機です。

2011/10/09 22:56 ジャンル: Category:戦艦『金剛』製作記
TB(0) | CM(1) Edit

艦載機チョットまじめに作りました。
ただし、かなり苦戦しました
ご覧の様にかなり小さいのと、私の指が太いのと老眼が原因です。

1110091.jpg
このキットの艦載機はクリアパーツで出来ています、
これは、ほとんど自己満足の世界で、キャノピーを透明にするだけと思います。
出来ても、誰も気が付かないと思うんですがね~?

1110092.jpg
塗り分けは、チャンとマスキングしましたよ。

一番の難関は組み立てでした。
とにかく、やりにくかった~
1110094.jpg

1110093.jpg

ちっちゃいでしょ!

さっ、次の工程は・・・

これって、結構手抜きするんです。

2011/10/06 22:55 ジャンル: Category:戦艦『金剛』製作記
TB(0) | CM(2) Edit

12m内火艇と9mカッターです。
1110061.jpg

何時もは完成間近になって、作るんですが、その頃は精魂尽き果てて、ついつい手抜きしてしまいます。
艦載機もそうなんです。

ですから、今回は元気なうちにやっつけました。
2日かかりました。

1110062.jpg
1円玉と比べてください。これくらいの大きさです。
でも、サービスで手摺りも付けました。(昔作ったものの余り物です)
アンテナマストも真鍮線で追加しました。
内火艇の窓は、なんとマジックで書きました。良く見るとチョット歪ですが、遠くで見ると余り判りません。
でも、有ると無い戸では違いますよ。締まって見えます!


やっやり元気なうちに作るのが正解です。

次は、艦載機作ります。

請う、ご期待

吃水線

2011/10/02 22:50 ジャンル: Category:戦艦『金剛』製作記
TB(0) | CM(0) Edit

土日で頑張ってます。

プラモデルは、仕方ないのですが、とっても軽いんです。
このプラモデルも、超弩級の戦艦なのですが持つと、軽いんです。
そこで、鉛の重りをたっぷり入れました。これで、持った感じもずっしり重くなりとっても良くなりました。Goodです。
1110022.jpg

今回はエッチングパーツにも色を塗りました。
まず、メタルプライマーで下地を塗り、塗装の定着を良くします。
でも、つくづく見ると、長門の時よりさらに細かいですね~!根性続くかな???
1110023.jpg

今回の特徴はこのカタパルト甲板です。甲板全体がエッチングなんですが、薄くて、反り返っています。
これは難敵です。まっすぐ平坦に貼り付けるのは至難の技と思います。
1110024.jpg

それと、前にも書きましたが、エッチングパーツがあるので、どういう順番で組んでいくのか、よくよく考えて行かないと後で、組めなくなる事も有ります。
このカタパルト甲板も、最初に組んでしまわないと塗装が出来なくなる可能性があるので、この段階で仕上げてしまいます。
1110025.jpg

そしていよいよ、船体の塗装です。
今回はMrカラーの艦艇色の特色の佐世保海軍工廠標準色です。
その後、吃水線を決めます。
これが難しい!
3次元のカーブに真横から見て水平に、まっすぐ吃水線を引かなければなりません。
何回ももやり直してやっと決めました。
メーカーさんにお願いです。金型に薄くて良いので吃水線の目印入れてください
1110026.jpg

何とか、艦底色も塗り分け、甲板を仮置きしてみると、少し全容が見えてきました。
ずいぶんピッチが早いように思うでしょが、実はここまではこんなもんです。
ここから先が大変です。
あの、エッチングパーツ見れば判るでしょ!?
1110027.jpg

このプラモは、この『金剛』作っていく途中で、必ず気分転換が必要になるのはわかっているので、こんな物買っときました(笑)例のリサイクルショップで500円でした。
言って見れば、チョット休憩のとき食べるおやつです。
実は、ヘリコプターは作ったことがないので楽しみです。
1110021.jpg

余談
この前買ったXXIOのアイアンセット、練習に行きました。
なかなか良かったので、次たのしみ


プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR