何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

1/200 HMS 《HOOD》 の製作 ⑭

2017/04/22 11:38 ジャンル: Category:1/200 HMS 《HOOD》
TB(0) | CM(0) Edit

前方艦橋の下部に有るこの木製の棒ですが、正式の名称や用途がよく解りません。
更に、KAの組み立て説明書にはどちらの向きにどう付けるのかは全く記載が有りません。
加工的にも案外曲者でして小さな部品の取り付け面を平行に接着するのに苦労しました。
17042201.jpg
17042202 - コピー
壁面への取り付けもオリジナルはプラ部品ですので取り付け穴が有るため事前に埋めておく必要があります。
取り付けは瞬間接着剤で取り付けますが二段目が少し曲がっているようです。歳のせいで手が震えます(笑)。
17042203.jpg

さて、続いてはこのキットの難関の一つでもある後部マストの製作です。
マスト上部の部分は全て真鍮引き物とエッチングパーツですので、強度的には充分です。十字の部分の直角だけは充分注意して直角定規などを使って精度を出しておくのが大事ですね。これが少しでも狂ってると案外目立つんですよね。
17042204.jpg
この中段辺りも比較的スムースです。KAのエッチングパーツは床面も2枚折り曲げて2枚を貼り合わせる構造になっており強度も有ります。
注意点としては支柱は仮組にしておいてマスト作業台裏の補強板をシッカリと正確に組み立てることです。作業を進行しながら何度も支柱を抜き差しして微調整を繰り返しています。
17042205.jpg
最上部のアンテナの組み立ては最も苦労した所の一つです。とにかく説明書がよく解らない。何とか「こうであろう」と決めて組み立てに入っても非常に位置決めが難しく、うっかり瞬間接着剤がズレた状態で固まらない様に最新の注意が必要です。
強力な老眼鏡の上から拡大ルーペを使用し息を止めての作業となりました。
結果がこれ!少し曲がっている部分もありますが、あまりにも繊細な部品ですのでこれ以上修正は危険と言う事で私の力量ではもうこれが限界ですね(笑)!
17042206.jpg
つづいての作業である、このデリッククレーンの組み立て。ここが後部マスト組み立ての最大の難関です。
非常に細くて長いエッチングパーツを使用し、二つのパーツの角度を合わしながら滑車に挟み込み固定するのは至難の業です。さてどうするかを試行錯誤しましたが最終的にはこの方法です。クレーンの角度を固定するための冶具?を作り角度を保つ事で何とかなりました。各パーツの精度は高く基準を決めると後は綺麗に決まってくれました。(やれやれです)
17042215.jpg
マストの張り線も見どころですのでいろんな資料(特にポントスの資料が役に立ちました)を参考に張り付けています。
素材は、これも0.2mmのピアノ線、それと一部にメタルギングを使っています。張り線途中の滑車の部分はゼリー状瞬間接着剤を盛っています。
17042207.jpg
17042208.jpg

一段落したところで、久しぶりにエアピースの分解掃除をしました。
完全に分解するとこれだけの部品になります。
17042209.jpg
小さな部品は洗浄用の溶剤に浸けしばらく置いておきます。
洗浄のメインは各ノズルですが、ここは歯間ブラシを使用します。
ブラシをぐるぐる回すと想像以上に汚れが有ることが解ります。
17042210.jpg
17042211.jpg
17042212.jpg
それと重要なのがここ!
エアバルブの部分ですが、常に溶剤を使う道具ですので、油分が切れてきますと戻ら無なくなってきます。そうなると指を離してもエアが止まらなくなります。対策として組み立て前にはここに少し油をなじませておきます。私の場合は手元にあったハンドクリームです。
17042213.jpg
最後にニードルの先を痛めない様に慎重に差し込み分解掃除は終わりです。
さすがに分解掃除の後は気持ちよく細かい粒子が吹けます。道具の手入れは大事ですね!
17042214.jpg
スポンサーサイト

1/200 HMS 《HOOD》 の製作 ⑬ & 10式戦車・・完成!

2017/04/16 14:27 ジャンル: Category:1/200 HMS 《HOOD》
TB(0) | CM(4) Edit

前方艦橋の上部を作っています。
エッチングパーツでディティールアップしていくと雰囲気満点になってきますネ。
17041601.jpg
レーダー・マスト類も真鍮パーツで強度的にもしっかりしていますので、組み立て作業は比較的楽に進めます。
17041602.jpg
17041603.jpg
信号旗用のロープですが1本で行こうかと思っていましたがヤッパリ1/200ですのでループ状に2本で再現することにしました。
ロープの素材は0.2mmのピアノ線です。実物のロープはおそらく麻だと思いますのでタン(No44)で塗装します。
ここまで張ったところで手持ちのピアノ線がなくなりました(笑)。早々に購入に行きます。
17041604.jpg

さて、アシェット・コレクションの『10式戦車をつくる』が100号を迎え完成です!
ご覧の様に、様々な動作を無線コントローラーで行うのですが、走行はしません。ディスプレー台の上で動作です。
其れなら無線はいらないですよね。
エンジン音や機銃音・主砲の砲撃音も結構リアルです。

砲塔上部にはカメラが付いていて、コントローラーのディスプレーにその映像が映ります。
17041605.jpg
各号に付いている説明書・陸上自衛隊装備の解説書などが専用のバインダーにファイルされています。
17041606.jpg
最後に、このシリーズは100号で終了の予定でしたが、突然130号まで追加とのチラシが入っておりました。内容としてはジオラマの追加でした。不要との判断で特に申し込みもしなかったのですが、101号が勝手に送ってきました。
早速不要との連絡をお客様サービス窓口に電話連絡したのですが、これが30分以上掛け続けても電話が混雑と言う事でつながりません。そこで、新規申し込みの電話窓口に掛けると、これが何とすぐに繋がり、ここで無理無理、契約解除の手続きをしました。
NETで調べるとアシェット・コレクションは非常に評判が悪いですね!

1/200 HMS 《HOOD》 の製作 ⑫

2017/04/08 16:54 ジャンル: Category:1/200 HMS 《HOOD》
TB(0) | CM(2) Edit

相変わらず、順序不同で作っています。
今回は救命ゴムボートを作ってみました。特になんてことは無いのですが底の木製のスノコとオールがエッチングで用意されています。44番のタンにステインブラウンのウエザリングを掛けると良い色になります。ピンセットは竹製を使用するとやさしくつかめるためエッチングの捲れもあまりあありません。
17040801.jpg17040802.jpg
続いてのパーツですが、これが何なのかがよく解りません。ネットで調べてもなかなか解らないのですが、外国のサイトでようやくそれらしきものがヒットしました。どうも測距機の様です。
このパーツは全てKAモデルスのパーツです。オリジナルのトランペッターのパーツでは幌が掛かっておりドームの様になっているのですが、ネットで調べているうちにHOODでは幌は無かったそうです・・・念のため!
問題はコの字の部品の周りに襟を立てるようにもう一枚のエッチングパーツを巻き付ける事です。勿論糊しろも何もありません。上級者向けとはこんなものなんですかね~。
3つ作りましたので少しづつ要領が解ってきますので3個目が一番うまくできました。
17040803.jpg  17040804.jpg
17040805.jpg17040806.jpg
後部の艦橋?(指揮所)を組み上げ、甲板に固定しました。
17040807.jpg
煙突部分も完成です。煙突のステーワイヤーも事前に埋めて置いたアイボルトを利用し雰囲気が出ています。
17040808.jpg
前方艦橋も始めました。ここは見せどころですので、床の塗り分けもしっかりと行っています。
前方の銃座の周りの手摺は難しかったですね~!パーツは1本でRになった部分だけ事前に曲げておき、後は形に合わせながら曲げて行き、サラサラタイプの瞬間接着剤で止めていきます。とにかく最初の一か所の正確な位置が全てを決めます!
手摺の中に有る4つの物入れ?も少し問題です。すべて少し内側に接着しておかないと手摺が乗るスペースが有りません。
事前の仮組だ大事ですね!
17040810.jpg

最後に余談ですが、安い焼酎を美味しく飲む方法として、グラスだけはいいものと思って『バカラ』を使っていますが、長年使っていると、どうしても曇ってくるんですよね(涙)
曇り取りの方法をネットなどで調べて試したのですが、ほとんど効果がなく諦めていたのですが、ふと思いつき最近はやりの「鏡の曇り取り」の『ダイヤモンドパット』で擦ってみました。少し前まで1000円くらいしていたのに今では100均で2個入りです!
結果は大成功です。ただ、いきなりの新品ではなく以前からプラモで使っていた使い古しです。粒子も細かくなっておりガラスへの傷も無く、全くの新品の様になり、感激です。(ガラス製品の写真撮影は難しいですね。曇っている所があるように映っていますが実物は全くの新品の様です!)
これで、毎晩の晩酌が一層美味しくなりました!
17040809.jpg




1/200 HMS 《HOOD》 の製作 ⑪

2017/03/29 11:33 ジャンル: Category:1/200 HMS 《HOOD》
TB(0) | CM(2) Edit

今回は煙突の製作です。
HOODの煙突には通常よく見られるジャッキステーが有りません。その替わりでしょうか?滑車の付いたロープが上部から下がっています。これがエッチングパーツで用意されていますが、さてどうすれば失敗なしにできるか!?
中心にある小判型の部品とロープ状の部品は別パーツですので事前に取り付けておくのがBESTと考えました。
17032901.jpg
17032902.jpg
こんな感じで取り付け、ロープを折りたたんでいきました。やはりこの方法が正解でした(^O^)/
最終的にはキッチリ折り、先端を瞬接で止めていきます。
ちなみに写真に有ります細いパイプ状の排気管は垂直に見えませんがレンズの関係でこのように見えるだけで真直ぐについていますのでご安心を!
17032903.jpg

続いてファンネルキャップです。
これは膨らんだ形状に加工しなければなりませんが、私の場合このような方法で行っています。
硬いウレタンの上に置き、塗料を混ぜる時に使う小さなスプーンの底のRを使って滑らしながら曲げていく方法を取っています。
17032904.jpg
こんな風に完成です。完全に最終的な形状にする必要はなく、取り付け時に2か所くらい固定すれば後は現物に合わせ曲げながら瞬接で止めていく方法です。
17032905.jpg
で、完成したのがこれ!
17032913.jpg
キャップの最上部に小さな部品を貼り付けますが此処で先日100均で買いましたストーンキャッチャーが活躍です(笑)!
17032906.jpg
煙突内部にはこのような歩行帯もあり、なかなか見ごたえがあります。
17032907.jpg
17032908.jpg

続いて大型の探照灯の製作です。
ディティールをアップするため、胴の部分にエッチングパーツが用意されておりこれを巻き付けます。これを円筒形に曲げることは案外難しく、これくらいの小径に合わせ丸く滑らかに曲げるのは苦労しました。おまけに6基も有るんです。
筆の軸などで大まかに曲げて置き後はピンセットなどで少しづつ曲げていきました、
そして、瞬接を少し多い目に塗布し最後は終端部を逆ピンセットで挟みさらに強力に押し付けています。
何とか6基できました
17032909.jpg 17032910.jpg
後はハンドルなどの極小の部品を取り付け完成ですが、この探照灯にはガラス面などの透明部品が有りません。前面の保護網だけでのディティールです。特に自作もしませんでした。その代り内部にはアルミ箔を貼り付け反射面を追加しています。
17032911.jpg 17032912.jpg



1/200 HMS 《HOOD》 の製作 ⑩ & 10式戦車の報告

2017/03/24 21:20 ジャンル: Category:1/200 HMS 《HOOD》
TB(0) | CM(5) Edit

今回はモータ・ーランチやカッター類の製作です。
エッチングパーツで船室や屋根を作っていきますが、折り曲げる角度を慎重に合わせることがポイントです。決まったところで、瞬間接着剤で固定していきます。
17032401.jpg 17032402.jpg
箱型に組んだ船室は、船体に入りきらず上部がはみ出す物もありました。そんな時は船体の方を電動ルーターなどで削り過ぎない様に(穴が開いてはいけませんよね)気を付けながら削り、何とか納めることが出来ました。
17032414.jpg
完成したのがこれ!なんだかんだと、15隻作ります。
小さいながらも、一人前の船になりました。とてもかわいいですね!
17032405.jpg
これも、ちょっとしたトラブルで、船体の幅とエッチイングの幅が合いません。この場合はエッチングの方をダイヤモンドやすりで削りました。
17032406.jpg
これはモーター・ランチですが、説明書の写真にはスクリューの軸と軸受けが有るのですが、パーツナンバーがなく、エッチングパーツのいくら探しても有りません。仕方がないので、真鍮線で自作です、軸受けは少し太い真鍮線を小型ハンマーでたたいて平たくしたもので再現です。
17032407.jpg
現在、13隻出来ました!後2隻です
17032416.jpg

前々回に続き、『10戦車を作る』です。いよいよ97号まで届きました。後3号で完成です。
これはディスプレー台です。床面にローラーが敷き詰められていて、この上でキャタピラーが回転します。
17032408.jpg
裏面の様子です。スピーカーや電源スイッチなどの簡単な配線と基盤が付いています。
17032409.jpg
本体の中の様子です。ディスプレー台の電子基板から出たケーブルを本体の基盤に接続しています。
17032417.jpg
本体上部の裏面の様子です。ケーブル類は全て固定し完成です。
17032411.jpg
本体上部から出てケーブルを本体の基盤に接続し本体の載せます。かなりの重量です。
17032412.jpg
後3号で終わりかと思いきや、何と追加が30号分追加販売するそうです。これにはびっくり!
内容としてはジオラマのセットです。砲弾やフィギア、偽装網などです。どうしましょうかね??

最後にちょっとだけ孫達の自慢です。
先日、長岡天神社のお稚児さん行列に孫1号、3号が参加しました。3号のMKちゃんは恥ずかしくて冠をかぶりません。かわいいのにね~。
17032418.jpg

プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR