何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

B-17の製作⑤完成!・・水彩画も完成!

2016/03/26 21:58 ジャンル: Category:1/48 メンフィスベルの製作
TB(0) | CM(6) Edit

B-17 メンフィスベル・・完成です。
以前たつさんから頂いたキットですが、とにかく大きいので躊躇していましたが、映画『メンフィスベル』を見ると、急に創作意欲がわいてきました。若い兵士たちが仲間を組んでこの大きな飛行機を操縦し、ドイツへ爆撃に行く映画です。
ドイツ空軍の猛烈な迎撃で多くのB-17が撃墜される、悲しい映画でもあるんですが、模型マニアにとってはB-17のリアルな画像は魅力的です。それにしても、絵になる機体ですね!

今回は飾る場所もないので、飛行状態とし、脚は引き込んだ状態にしました。
そのほかは、まったくの素組みです。塗装はエンジンからの排気オイルのウエザリングをしました。そして全体を薄く溶いたダークブラウンのエナメルで汚しています。

よく見ると見えるかもしれませんが、細いテグス糸で吊り下げています。
やはり飛行機は飛んでいるところが一番かっこいいですね。
16032601.jpg
16032602.jpg
16032603.jpg
16032605.jpg
16032606.jpg
16032607.jpg
16032608.jpg
16032609.jpg
16032610.jpg
写真は、吊り下げた状態での撮影なので、どうしても回転してしまい、ピント合わせやアングル決めに苦労しました。一部ピンボケもありますが、そこはご愛敬と言うことで・・・

最後に水彩画です。
これは教室の課題で、みなさん同じ絵を描いています。
こいのぼりは私のオリジナルです。(先生に褒められました!)
家やビニールテント、ネギ畑のネギの部分、こいのぼり等はマスキングを使いメリハリを出したつもりです。
16032611.jpg
4月の課題は定番の『桜』だそうです。頑張ります。
スポンサーサイト

B-17の製作④

2016/03/03 21:19 ジャンル: Category:1/48 メンフィスベルの製作
TB(0) | CM(2) Edit

久しぶりのB-17 です。
やっと、機体全体のスジ彫りが終わりました。
全体に800番のペーパーを掛け、スジに入った削りかすをお湯と石鹸で洗い流します。この方法、結構上手く行きました。

今回は透明荷造りテープをガイドに使うなど新しい挑戦もやりましたが、大きな失敗も無くなんとか終わりました。しいて言うなら、少し深く彫りすぎたかな~~?と言うところも有りますが、大きなモデルなので、完成後の評価とします。
サフェーサーを吹くと仕上がり状態が良く解ります。
16030301.jpg
16030302.jpg
やっとスジ彫りも終わり、定番の操縦席からの製作です。今回は全くの素組みとしますので、細かいディティールアップはしませんので、ごく簡単に済まします。
16030303.jpg

最後に、ちょこっと水彩画です。
今度通い始めた教室も、当然ですがカリキュラムがあり、。今月は「静物」の写生で、冬野菜をテーブルに並べ皆さんで描いておられるのですが、私は入会の時、先生に風景画が好きなので「風景画」が描きたいと言ったところ、快く承諾して下さり、私だけ離れた机で一人で風景画を描いています。しかし先生はしっかりと指導して下さいます。前回のお城の絵も少し添削して下さったのですが見違えるようにメリハリが付きました。勉強になります。
・・・と言う事で、今回描いたのはこれ!舞鶴にある「引き上げ記念公園」から見える舞鶴港に掛かる吊橋です。7~8年前に行った時の写真ですが、実際の紅葉はもっと素晴らしく、私の技量では残念ながら再現不可能です(>_<)
16030304.jpg

なおこの先にある大浦森林公園の紅葉はもっと素晴らしく、是非お勧めです。
こんな紅葉が広い公園に広がっています。紅葉と深緑樹のコントラストが見事です!
私が訪れた時はほとんど人も居なく、静寂な空間の中に色とりどりの紅葉が見られました。
何れ私の水彩画の腕が上がった時には必ず挑戦したい画題です。
16030305.jpg

B-17の製作③

2016/02/19 16:38 ジャンル: Category:1/48 メンフィスベルの製作
TB(0) | CM(6) Edit

B-17 の筋彫り・・まだコツコツとやっています。これは忍耐力が必要なので、あまり根を詰めると失敗します。なので毎日少しづつやるのがコツです。何しろ私はサンデー毎日なので急ぎません(笑)。
前回、筋彫り用のガイドテープを紹介しましたが、これは、かなり厚みが有るために細かな曲線では逆に扱いにくい事が解りました。
長い曲線等は威力を発しますが、そこでいろいろ考えた結果が これ!
荷造り用の透明テープです。それも厚手と言うのがありまして、厚みが0.09mm有ります。通常透明テープは0.05mm位です。これを適当な長さや幅に切り出し筋彫りのガイドにします。これはなかなか使えますよ。単価的にも安く、これは使えます。
機首部分の細かなパネルラインもなんとかクリアです。
16021901.jpg16021902.jpg

続いて、「10戦車を作る」です。
今回からキャタピラーの製作が始まりました。キャタピラーも金属製です。1ピースづつ組み立てていくのは面倒ですが、そのディールはなかなかの物です。重量も有り、完成が楽しみです。現在まだ全体の1/5も出来ていなく、砲塔部分が出来たところですが、かなりの重量です。この重量感と質感で完成すれば、かなりの高額になるキットですが充分その値打ちがあるのではないかと思います。
16021903.jpg16021904.jpg

さて、水彩画ですが苦戦しています。
雪景色はなんとか出来ましたが、右の「ライン川畔のお城」ですが御覧の通り失敗です。以前ドイツ旅行をした際に撮影した物ですが、あまりにも素晴らしい風景だったので「何時か絵にしよう!」と思っていました。
うっそうとした森の中から浮かび上がるようなピンクのお城なんですが、森がイケマセン(涙)。
実はこの絵を書くのは2回目ですが、何れもあの時見た色彩と立体感が出ません。木・・と言うよりも、森を描くのは本当に難しいです。
水彩画は水墨画とよく似ており、塗り直しができません。塗れば塗るほど汚くなり滲んでコテコテ二なってモヤモヤになってしまいました。
当然ですが、こんな短期間で上手くなるはずは有りません。あのうっそうとした森を描くのはどうすればいいのか!?試行錯誤が続きます。
16021905.jpg16021906.jpg

最後に、以前の紹介しましたが、ホームベーカリーで作る(と言っても生地だけですが)ライ麦パンです。
良く御存じの方は、いまさら・・と仰ると思いますが、中に混ぜ込む干しブドウのことです。これを水に浸して少し電子レンジで少し加熱します。そうすると、とてもやわらかくなり、そして甘味が出ます。このひと手間がぐんと上手くなるコツなんですね!
16021907.jpg


プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR