何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

タグボート『SMIT NEDERLAND』の製作 ④ & 水彩画

2017/08/01 21:04 ジャンル: Category:水彩画
TB(0) | CM(2) Edit

ブログの更新が少し滞っていました。
水彩画の教室に復帰しましたので、課題が出ます。そちらにも追われ、忙しくしていました。
今回の課題(船)で先に描いたのが前回アップしましたヨットなのですが、本当に描きたかったのはこの絵です。
欲張って2枚も描いてしまいました。
5年前に行きましたオーストリアのハルシュタットと言う、とても綺麗な河畔の観光地です。岩塩などが有名です。
この日は小雨が降っていましたので後ろの山にも雲が掛かっていました。そんな感じが出ておればまずまず成功です。
17070801.jpg

そんな訳で、タグボートの方はあまり進んでいません。
とりあえずタイヤを全部取り付けました。
最初、タイヤはゴム製ですので、ゴム系の接着剤(Gボンドクリヤー)を使っていたのですが、これは小さな部品を取り付けるのには非常に困難でした。そこで仕方なく瞬間接着剤を使ってみるとこれがくっつくんですよネ!新発見です。
飾り台は付属のプラスチックではショボいので木製に変更しました。
17080102.jpg
続いて甲板の塗装に入っています。
17080103.jpg
小さな船ですが、先は長そうです。すみません
スポンサーサイト

水彩画《モスクワ・ノヴォデヴィチ女子修道院》

2017/07/16 10:16 ジャンル: Category:水彩画
TB(0) | CM(2) Edit

ロシア観光の目的の一つでした水彩画の画題探しも満足できるものでした。
とりあえずその時の印象が消えないうちにと急いで3枚描きましたが、これが最後の3枚目す。(自称ロシア3部作)
モスクワ・ノヴォデヴィチ女子修道院です。このアングルは定番みたいでどの観光案内やNETを見てもこのアングルでした(笑)
17071601.jpg
中央の高い塔は工事中で足場が掛かっていましたので、他の写真を参考にしています。
ここはチャイコフスキーが、ここで泳ぐ白鳥を見て、あのバレエ「白鳥の湖」の着想を得たと聞きました。
ただ、ここは湖でな無く、「堀」といった感じです。
それとバレエ「白鳥の湖」の情景設定は森の中ですので、チャイコフスキーは白鳥の泳ぐ姿だけの事だったんでしょうね。

この撮影場所にたどり着くには、バスを降りて、この様な公園の中を歩いて行くのですが、とにかく広い!
17071602.jpg
でも、清潔で、とても落ち着いた素晴らし公園です。冬にはー20度にもなるモスクワですので、春の訪れと、この新緑を大切にしているんでしょうね。

『奥津国道』さんの事。

2017/07/11 22:26 ジャンル: Category:水彩画
TB(0) | CM(2) Edit

今日は久しぶりに家内と梅田のサントリービアガーデンに行ってきました。
プレミアムモルツは本当に美味いですね。
梅田の地下街を歩いているとふと目に入ったのがこの絵(水彩画)でした。喫茶店のメニューのショウインドウに掛けてあったのですが、どこかで見た絵だな~。そして私の好きな画風だな~!!と思って近くでじっくり眺めてみました。
そしてびっくりしました。何と私が《師》として目標としている『奥津国道』さんの絵で、じっくり見ましたが印刷ではなく本物の様でした。感激です。
17071101.jpg
見覚えがあるはずで家に帰って調べると、私が持っている『奥津国道』さんの画集に載っていました。

通常、水彩画と言えば下の絵のような水彩画の特徴である、水による滲みなどを活かし、印象派の様な画風が一般的です。
水彩画教室でも、ほとんどがこのタッチを指導されますが、私はどうもなじめません。
17071106.jpg
《絵は醍醐芳晴さんの絵を拝借しました)
もちろん醍醐芳晴さんは巨匠であり、このようなタッチも素晴らしいのですが、なぜか私は奥津さんの様な絵が好きなんですよね~。

ここで『奥津国道』さんの絵を紹介します。
《注:私の絵ではありませんのでお間違いのないように❕》
どうですか?素晴らしいでしょ!水彩画でもこんな絵が描けるんですね。
17071102.jpg
17071103.jpg
17071104.jpg

そんなことで、私の絵は奥津国道さんをお手本とし、水彩画教室の皆さんとはちょっと違った画風なので、教室の片隅でチマチマと細かい絵を描いています(笑)!
17071105.jpg
これは、前回紹介させていただきました《ロシア3部作》?の3作目、モスクワの「ノヴォデヴィッチ女子修道院」です。
これから、下半分に水面に映る修道院を書き込んでいきます。とても難しそうですが、楽しみです!

ロシアの風景

2017/07/03 15:35 ジャンル: Category:水彩画
TB(0) | CM(4) Edit

≪Hood≫も完成しましたので、腰を据えて水彩画を描いています。
ロシア旅行では、絵の画題を見つけるのも楽しみの一つでした。
団体のツアーですのでゆっくりスケッチとは行きませんので、とにかく写真をいっぱい撮ってきました。
そんな中から・・・・

ここはサンクトペテルベルグの郊外にある『エカテリーナ宮殿』の広大な庭の一部で、イギリスの庭園をまねた所です。
赤いレンガ造りに白い窓枠が雰囲気を出していますね。
17070305.jpg
実は絵の教室を事情が有りまして4か月休んでいましたので、だいぶん感覚が鈍っています。今月から復帰です。
やっぱり水面が難しいですね。
エカテリーナ宮殿はとても有名で豪華絢爛な宮殿ですが、庭・・と言うより『ガーデン』というのがピッタリの公園のような庭です。
17070302.jpg
17070303.jpg

この絵は先日もアップしましたが、再登場です(すみません)
モスクワから200Kmくらい東方のスズダリと言う田舎です。17世紀の雰囲気がそのまま残っているところだそうです。
よくある歴史景観地区ではなく、町(村?)全体がその当時のままです。
rs3-29.jpg
こんな感じののんびりとした田舎ですが、田園風景の絵になるスポットの宝庫です!
17070301.jpg
まだまだ思うような絵が描けませんが、いずれ上手くなることを信じて、これからも頑張ります。
今、3枚目を描いています。

水彩画教室・作品展

2016/11/24 13:58 ジャンル: Category:水彩画
TB(0) | CM(2) Edit

いま通っている水彩画教室の作品展が明日11月25日から12月3日まで開催されます。
今日は朝から作品の搬入でした。結構時間がかかりましたが無事用意が出来ました。
場所は茨木市の生涯学習センターの展示スペースです。
16112401.jpg
こうして自分の作品も額装するととても立派に見えます。孫にも衣装・・・ってこの事ですね。
先生から、画題も『カッコいいのを付けて下さいね!、そしてサインもね!』なんて言われて、一人前の画家になった気分です。
教室の皆さんの作品もとてもお上手に見えます。
やっぱり、教室に通っているとこうして発表会があり、目標ができる事と、皆さんに見て頂けることがとても励みになります。
16112402.jpg 16112403.jpg

キングジョージ5世の方は、案外手こずっています。それと言うのも原因はエッチングパーツです。
どう組み立てるのか?何処にどう付けるのか!よく解らないので段取りが付きません。とにかく出来ることから少しづつ作っています。
16112404.jpg

 

プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR