何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

恒例・リンゴ狩り

2016/10/14 11:50 ジャンル: Category:旅行
TB(0) | CM(0) Edit

先日、毎年恒例の「リンゴ狩り」に行ってきました。長野県梓川のリンゴ農家さんで、もう5年目になります。
スーパーで買った方が、圧倒的に安いんですが、ヤッパリもぎたてのリンゴはお金に変えられない美味しさがあります。
毎年の信州ですので今年は、あの真田丸の上田城にも行ってみました。平日だったので比較的すいており、ゆっくり見れました・・・と言っても小さなお城で天守もありませんので、街中の古い街並みの「柳町」なども少し散策してきました。
16101401.jpg
ホテルは今回2回目の「ホテルアンビエント安曇野」です。安曇野の中心部からかなり山の中にあり、周りはゴルフ場ぐらいしかありません。(ゴルフ場は素晴らしく綺麗でした・・!)
前回は、全山紅葉で素晴らしい眺めでしたが今年は少し早かったようです。
16101402.jpg
さて、リンゴ狩りですが、今年は台風の影響も少しあったみたいで、小さなリンゴがたくさん落ちていました。
品種は「シナノスイート」ですが、私はこれが一番のお気に入りです。とにかく歯ごたえがあり、果汁が豊富で、物凄く甘い!
今回は少し小さめでしたが、いつも通りの美味しさでした。
16101403.jpg
大きめの段ボール3箱持って行き、シナノスイート35Kg、ジュース用5Kgを持って帰りました。
写真には全部写ってませんが140個くらいありました。これから毎日リンゴです。美味しいので飽きませんよ!
かえって直ぐに家内がリンゴジャムも作ってくれました。家で作るジャムは、甘さも控えめで、本当にリンゴのおいしさが味あえます!
息子や娘の所にもおすそわけです。特に孫3号のMKちゃんが、リンゴが大好物で、喜ぶ顔を見るのが楽しみです。
16101404.jpg

さて、バイクですが、相変わらずペースが上がりません。
デカール貼の段階まで来ましたが、これが難関です。カウリングなどは全て曲面で エアインテークの穴まで開いてます。
バイクのデカールはここが一番難しいですよね。
とりあえず貼ってっ見ましたが、インテークの部分で迷います。軟化剤を何度も塗り柔らかくしてなじませていきますが、完ぺきにはできませんね!
16101405.jpg
そこで、反対側はマスキングでエアガンで塗装することに挑戦しました。黄色だけの塗装なら簡単ですが、黒の細い枠があるのがポイントです。
マスキングで全体の形を決め、黒を吹きます。そしてその黒の部分を0.5mmくらいの細さでマスキングし、黄色を吹くと言った手順です。
16101406.jpg 16101407.jpg
と、言うことで何とかこんな風にできました。後は少しタッチアップなどをして仕上げます。
そんな訳で、今回は片方はデカール、もう片方は塗装と、いい加減な手抜き仕上げになります(笑)!
16101408.jpg
前方のカウリングは塗装というわけにはいきませんので、デカールを慎重に貼り、軟化剤を大量に使いながらなじませていますが、ヤッパリしわが入り、このあたりは、バイク専門の方のテクニックを研究する必要がありますね。
最後にクリアを吹いて少し磨いてみます。
16101409.jpg
車体の方もハンドルの取り付けも追わり、後はパイピングです。
16101410.jpg
もう少しです。

スポンサーサイト

《ダイヤモンド・プリンセス》台湾クルージングの旅

2016/05/17 20:52 ジャンル: Category:旅行
TB(0) | CM(4) Edit

クルージング、行ってきました。今回は台湾旅行と言うよりもクルージングが目的です。
神戸ポートターミナル集合は午後3時でしたので出発はゆっくりとできました。私は大型のクルージング船は何度も見ているのでびっくりはしませんが、家内は初めてなのでとてもびっくりしていました。そうですよね!本当に大きなマンションが浮かんでいるのと同じぐらいの大きさですものね。
dp01.jpg
さて、乗船手続きをしていると、何と船会社の方からお部屋の変更がありました・・と言うんです。
なに!それ!って思ってよく確認すると・・・何と変更先は海側バルコニー付のお部屋です!何とグレードアップではありませんか!ラッキー!!本来の価格では二人で16万円アップのお部屋です。
見てください、この廊下!とにかくこの船はでっかいです~。
DP02.jpg
お部屋はこんな感じで、とても満足です。テレビも大型の液晶テレビで、最新映画も日本語対応でたくさんありります。ベットに寝転んでゆっくり見れるのが飛行機と違うところですね。マッドデイモンの最新作《オデッセイ》は最高に面白かったですよ!
いよいよこのお部屋で8日間お世話になります。1日2回もお掃除に来るのでいつも綺麗でした。《ただしチップは自動引き落としで約2万円・・旅行代とは別です)
DP03.jpg

早速船内の探検です。船内はよく分からないのでまずは甲板です。
何か所もあるプールを中心にいろんなBARやハンバーガー、ピザ(めちゃくちゃ美味い!)、アイスクリームBAR・・・ets。
今回はカロリー無視で食べまくります。
DP04.jpg
DP05.jpg
DP06.jpg

そんなことをしていると夕食です。この航海には約2600名のお客さんが乗っているそうで、食事は2回の交代制です。
私たちは早番で5時30分からで少し早いのですが15分遅刻するともうレストランには入れません。でも安心してください。その時はバイキングスタイルのレストランに行けばいつでも好きなだけ食べることができます。
メニューはこんな感じで、毎日変わります。すべて無料でどれだけ食べてもいいんです!(飲み物は有料です!)
DP07.jpg
席は決まっており、毎日同じメンバーです。でも皆さんすぐに打ち解けて、毎日の夕食がとても楽しみでした。
DP08.jpg
鹿児島へ寄港した日だけ帰船が遅くなったので自由席になりましたが、この時も隣に座られた外人さんとも片言の日本語と英語でとても楽しく食事をしました。
船に乗ると、皆さん誰もが知らない人にもどんどん話しかけてくれます。意外と楽しいものですよ。
DP08-02.jpg
ある日の夕食です。
メイン料理は《ニューヨークカット・ビーフステーキ》です。日本のレストランの様にケチケチしていません!とにかく分厚くてでかくて美味いです!バイキングスタイルのレストランもあるのですが、ここでもとにかく肉料理は分厚くて大きくて、大満足です。
DP09.jpg
この日はロブスターです。各テーブルに専属のウエイターが居り、きれいに中身を取り分けてくれます。
確かこの日の前菜は《エスカルゴ》でした。毎日豪華な夕食と、楽しい会話をしながらの食事は船旅を満喫できます。
DP10.jpg

ここは朝早くから夜遅くまでOPENしているバイキングスタイルのレストランです(すべて、無料!)
でもいつも綺麗にテーブルがセットされており日本とはちょっと違う贅沢な料理が並んでいます。中でもスイーツは種類も多く、日本のように小さくありません(笑)!もちろん食べ放題です。
DP11.jpg DP12.jpg
DP13.jpg DP14.jpg

乗船二日目、終日航海の日の夜は全ての人(お客もクルーも全員)がフォーマルで正装し船長主催のパーティーです。
中央のアトリウムでシャンペンタワーです。初めて見ました。船なので揺れたら心配だな~って思っていましたが、このダイヤモンドプリンセスはさすがに11万6千トン!ほとんど揺れません!地上の高級ホテルにいるのとまったく変わりません。船酔いの心配はまずありませんよ。
DP15.jpg
ジャ~ン!出ました!!
私たちも正装し、家内は和服を仕立て直して作ったドレスです。私も久しぶりのスーツでポケットチーフなんかも入れちゃったりして頑張りましたよ。あちこちで皆さん記念写真を撮りまくりです。船内にはプロのカメラマンが大勢乗っており、そこに頼むと、何と簡単なものでも最低100ドル・・エッ!1万円やんか! でもいいカメラを持っている人(年寄のおじいさんはいいの持ってますよね)に頼んでお互いに二人並んだところを撮りっこしましたよ。
DP16.jpg

さて、台湾へ到着です。
こうして上陸し、改めて船を見ると本当にでかいですね。
DP17.jpg DP18.jpg
赤丸で囲んだところが私たちの部屋です。本当にラッキーでした。やっぱりベランダ付きの部屋はいいものです。
DP18-1.jpg
台湾観光は船の出港時間が早いため5~6時間のコースですので要所だけです。お土産を買う時間もあまりありません。
DP19.jpg
ここは有名な九份ですがここも時間がなくゆっくり見物やショッピングもできなかったのが残念です。
DP20.jpg
高雄にある、何とかと言う丘の上から見た《ダイヤモンドプリンセス》です。かっこいい~!
DP21.jpg
夜の様子です。綺麗ですね。
DP22.jpg
台湾観光は行かれた方も多いと思いますのでこの辺にして・・。
船内にはアートギャラリーがあり、かなり大量の絵が飾られています。・・・と思ったら、これ売っているんです。
DP27.jpg
もちろんショッピングとして買うんですが、オークションも開かれます。
買う気はないんですが(私は描く方です!)オークションの金額を聞いていると、2万ドル!なんて言ってます。200万円じゃないですか。こんなの買う人が乗っているんですね。安い物でも20万円くらいでした。
DP28.jpg
夕食の後は、前方にあるシアターでショータイムです。
毎日日替わりで様々なショーがあるのですが、このシアター、そこら辺の市民会館、真っ青の立派なホールです。
毎晩ほぼ満員になります。それもそのはず、本格的な素晴らしいショーです。
DP23.jpg
この日はオペラやミュージカルのメロディーを生演奏のオーケストラの演奏と伴に約1時間開催されます。
出演者はみんな実力派で素晴らしい物でした。
DP24.jpg
航海最後の日の演目はジャマイカ出身の歌姫!声量、パンチ力、抜群のスタイル、そしてエンターテイメント性の素晴らしさ!
最後の日に似合った素晴らしい思い出になりました。
DP25.jpg
これは、少し大きめのBARにあるステージです。ロシアの3人娘のストリングスによる演奏です。クラッシックからロックまで、バラエティーに富んだ内容です。それにも増して、みんな美人です!
毎日、毎晩いろんな処でいろんなショーやイベントが行われており本当に飽きません。
DP26.jpg
カジノもあります。やり方が分からないのでやってません。(やりたくても奥さんが一緒なので・・・禁止)
船内をうろうろして疲れたら、いたる所に豪華なソファーがあります。
DP31.jpg DP32.jpg
食べ過ぎて太るのが怖い家内はJIM通いです。(JIMが本当に好きなんです)私も2回通いました。
DP29.jpg
何と甲板最上階にはパターゴルフもあります。すごいアンジュレーションでとても難しいのですがこの日は調子よく、よく入りました。ちょっと場所が分かりにくいので誰もいませんでした。
DP30.jpg
朝ごはんです。バイキングレストランもいいのですが、せっかくのバルコニー付ですのでルームサービスです。もちろん無料!
いいもんですね。もっと豪華にしようと思えばできるんですが、もう食べ過ぎなんで、これくらいにしといたるワ!
この広大な海を見ながらの朝食は、セレブになった気分です。
DP34.jpg
DP33.jpg

皆さんに絶対お勧め・・と言うよりも見てもらいたいのがこれ!
海の色です!海の色は大海へ出ると近海で見る色とは全く違います。
良いお天気に日に限りますが、真っ青と言うよりも、これが『群青色』と言うものです。
何時間見ていても飽きません。本当に素晴らしい色です。
DP35.jpg
そして、波!波の音!これも何時間見ていても飽きません。ベランダに出て、ゆっくりと何時間も楽しみました。
DP36.jpg
最後尾から見た航跡です。旅情たっぷりですね。
ここに見えているプールみたいなのは《ジャグジー》です。もちろん入りましたよ!ここは有料なんです。夜に入ったのですが潮風と波の音と、月と星!最高です!
DP37.jpg
ダイヤモンドプリンセスは言わずと知れた《三菱重工》製です。このプレートを探しだし、念願の写真が取れました。
DP38.jpg
船内のショップでこんなものを見つけまして飛びつきました。陶器製ですが良くできています。艦船模型が大好きな私にはとてもうれしいお土産になりました。
DP41.jpg

最後に、マスタングP-51Dです。出発直前に完成し、帰ってからの撮影です。B-17を護衛している雄姿を見てやってください!
DP39.jpg
DP40.jpg


ダイヤモンド・プリンセス 台湾クルージング

2016/04/22 10:39 ジャンル: Category:旅行
TB(0) | CM(0) Edit

5月に予定いしている「台湾クルーズ」ですが、なにしろクルーズなんて初めてのことなんで、夫婦そろって不安だらけなんですが、先日、旅行会社から詳しい案内が送られてきました。70ページの結構詳しい冊子です。
クルージングに興味のある方にもご参考になるかと思います。
16042201.jpg
船内の配置図もあります。よく見ると、アイスクリームバーや大きなシアター、プール、カジノ、ミニゴルフ、スパ、フィットネスジム、何とアートギャラリー、その他盛りだくさんでのんびりする暇があるかと逆に心配です。
16042202.jpg
船内案内も詳しく、設備(電気のコンセントや備品など)のことや、現実的な家内などは洗濯のこと事なども心配していましたが、ほとんど旅行社に問い合わせしなくてもいいほど詳しく書いてあります。
16042203.jpg
私たちのお部屋は、予算の関係から豪華なバルコニー付ではないのですが、一応窓のあるお部屋で、同送されてきたチケットを見ると部屋番号から推測すると赤で丸印をした所の様です。位置的には高さも低く船体の長さ的にも真ん中に近く一番揺れない所・・と言うことで、・・・いいんじゃない!?(負け惜しみです)
バルコニー付のお部屋は1人約8万円アップです!二人で16万円・・お部屋に居ることは少ないので、その分スペシャルレストランで美味しいもの食べよう~!ってことで、こちらに決定した次第です。
16042204.jpg
心配だったドレスコードも図のような例が載っており、安心しました。家内のフォーマルドレスは帰ってきてからのお楽しみということで、すでに用意しました。しかしそれ以外も買い込んでいるようで、高く付きそうです。
16042205.jpg
船内では毎日夕食後、写真のような船内新聞が発行され、翌日の様々な催しや重要事項が記載され、船室に届けてくれるそうです。ここで重要なのが、これが日本語だと言うことです。この船はイギリス船籍なのですが、他の有名な外国船はこれが英語だそうです。これでは困りますよね。日本語でよかった!
16042206.jpg
こんな案内も載っています。
昨年のメニューだそうですが、一番楽しみの食事のメニューです。これがすべて無料食べ放題!
16042211.jpg
16042210.jpg
このほか、カジュアルレストランは各国の料理がビュッフェスタイルで早朝から深夜までオープンしているそうで、ドレスコードもなしです。これが9日間ですので、かなり太って帰ってくるでしょうね(笑)!
16042209.jpg
この案内で、不安はかなり解消しました。出発は2週間ほど先ですが、健康だけは注意が必要ですね。

「ホキ美術館」&「三笠公園」

2016/02/26 15:40 ジャンル: Category:旅行
TB(0) | CM(12) Edit

久しぶりに東京へ行ってきました。
現役の頃、大変お世話になった先輩方から、毎年の年賀状に「東京へ呑みに出てこい!」とお誘いが有るんです。皆さんが元気なうちにと、思い切って行ってきました。諸先輩はほとんどの方が70歳を過ぎておられるのですが、とても元気、いや元気すぎて困るくらいでした。最後には、おじいちゃんばっかりで、カラオケスナックで大盛り上がり!大変な一日でした。
せっかくの東京ですので、いろいろと計画を立て、楽しんできました。
まずは、千葉県の「土気」と言うところにある≪ホキ美術館≫です。東京駅からJR線で最短でも1時間かかる田舎です。
ここは日本初の写実絵画専門の美術館です。その名の通り、写真と見間違うほどの精密な写実画ばかりを集めた美術館です。
16022511.jpg16022512.jpg
まずはこの絵を見てください。(館内は撮影禁止ですのでNETからの引用です)
どう見ても写真でしょ!・・・と言うよりも写真以上にリアルな「油絵」なんです。
写実画はレオナルドダビンチが原点と言う話も聞きますが、写実と言うならば、ダビンチ以上の物です。真近で見ると、やはり油絵の具で人間が筆で描いた絵なのですが、写真以上の物があるのが不思議です。、
  16022513.jpg
この絵は、上の人物画以上の細密画です。これは、本当に画面から数センチのところで見ても絵にはみえません。
写真では小さく見えますが、実物は縦横とも1.5mくらいの大きな絵です。
狐の毛並みや鳥の羽根は、幾ら眼を凝らして見ても写真以上です。絵にする必要があるのかと小さな疑問もわきますが、私はこのような超写実画大好きなのですから仕方がありません。
           16022514.jpg
この風景画の実部地はかなり大きな絵です。本当はこのような風景画が一番好きなのです。実際には風景がばかり見ていました。
ただ、あまりにも凄過ぎて参考にはなりませんでした(笑)!
               16022515.jpg
遠くまで来ましたが非常に感銘を受けた美術館でした。

2番目の目的は、横須賀にある三笠公園です。ここには日ロ戦争・日本海海戦で活躍した戦艦『三笠』の本物が保存されています。
実は今年4月に1/200スケールの、この『三笠』のプラモデルが発売されます。若いころ司馬遼太郎の「坂の上の雲」を読みNHKのドラマ「坂の上の雲」では素晴らしいCG画像でこの「三笠」が描かれていました。そんな訳ですっかり三笠の魅力に取りつかれ、是非作って見たいと思い、その資料集めの一環としての「取材」!?です。
16022501.jpg
16022502.jpg
そんな訳で、模型作りに必要だと思えるような所ばかり撮影しているのでまともな写真はあまりありません。
16022503.jpg
16022504.jpg
錨の周辺や・・・・
16022505.jpg
16022506.jpg
マストに掛かるロープの掛け方!その終端の結び方・・と言うかどこにどのように繋がっているのか・・・等です。
16022507.jpg
煙突の周辺の様子・・・
16022508.jpg16022509.jpg
デッキ周辺や手摺りの様子・・・こんな写真ばかり約200枚くらい撮りました。さて、役に立つか!??
16022510.jpg

最後に、秋葉原で開催された「モデラーズフェスティバル」と言う催しがありまして、秋葉原周辺の模型屋さんの古いキットの即売会です。珍しいキットがあるのではないかと思い期待ワクワクで行ったのですが、小さな会場(学校の教室の半分くらいの広さ)に凄い人数が入り、(有料です)体を横にしないと動けない様な混雑で、模型を物色するような隙間すらない状態でした。
ほとんどがおじさんで、世の中には、こんな趣味の人間が”こんなに大勢居るんだな~!”って感心しました。
しかしそんなことは言っておれませんので、人を垣分け、垣分け見つけたのがこれ↓
ロッキードのL749コンステレーションです。以前から欲しかったのですがネットでもほとんど見つかりませんでした。本当はスーパーコンステレーションが欲しかったのですが、残念ながらそれは有りませんでした。でもこれが見つかったのは東京へ出てきた甲斐があったというものです(^O^)/
16022516.jpg
但し、キットの中身はボロボロ!デカールに至ってはほとんど使えそうに有りません。
さて、どう料理するか!楽しみです。
16022517.jpg16022518.jpg
もう一点買ったのがこれ!ボーイングの「P-12 E」です。これもいい味の複葉機です。
16022519.jpg
いろいろと未製作の在庫が増えて来ました。本当に全部作れるの???
でも、モデラーは箱を見ているだけで楽しいのです!



蓼科高原 & リンゴ狩り

2015/10/16 17:13 ジャンル: Category:旅行
TB(0) | CM(2) Edit

13~14日と、信州・蓼科高原へ行ってきました。
今年は、長野県が出しているプレミアム商品券と言うんでしょうか?【ふるさと旅行券】を使っての旅行です。これは1万円の宿泊券が5千円で買えるという物です。抽選でしたが無事当選と言う事で助かりますよね。
紅葉とリンゴ狩りが目的です。
我が、愛車白いプリウス(シロプリ)で約900Kmのドライブです。運転は大好きですので全く苦になりません。
15101301.jpg
どうですか!?見事な紅葉です。この辺りは標高約1700mです。
15101302.jpg
ここから、北八ヶ岳ロープウエーで山頂2244mまで上がります。
山頂は紅葉を楽しんでいる状況ではありません、風も強く真冬並みの寒さでした。
しかしお天気が良かったので山頂からの展望は素晴らしいものでした。
15101303.jpg
さて、ここからは水彩画の絵になる風景を探してあちこち見て回ることになりました。さすが信州は,どこを見ても絵になります。
ここは白樺湖の湖畔です。手前に白樺の木を2本入れて、遠近感を出して見ました。いい感じでしょ!
15101304.jpg
ここは、今回お世話になった「蓼科グランドホテル・滝の湯」の中を流れる渓流です。凄く綺麗な景色で、是非絵にしたい所です。
ちなみに、このホテルはなかなか良かったですよ、お風呂はもちろん良かったのですが、夕食はバイキング方式だったのですが、なんとお料理の種類が70種有るのが売りだったのですが、確かにかなりの種類で、味もよく非常に満足でした。ビールも飲み放題コースがあり、たっぷり飲みましたよ!
15101305.jpg
ここは蓼科湖です。小さな湖ですが、ここが一番気に入りました。人もほとんど居なくて、静寂な中にとても美しい紅葉と水面が広がっていました。
15101306.jpg
その横に、屋外の「彫刻の森公園」がありました、ここがまた素晴らしく美しい公園です。写真の様な「跳ね橋」まで有るではないですか!それこそ、<絵に描いて~!>と言っているような景色です。次回の水彩画はここに決まりです。
15101307.jpg
つづいて、恒例のリンゴ狩りです。今回で4年目です。すっかり、農家のご主人とも仲良くなって、いろいろとサービス満点です。ここは観光農園とは違いますので、連絡をすると農作業を止めて、リンゴ畑の駆けつけてくれます。
今年もやっぱり本命は「シナノスイート」です。木で熟したたリンゴは凄く甘くて、ジューシーで本当にうまいですよ!スーパーで買うものとは全く違います。大阪から高速を飛ばして来る値打ちは有ると思います。
15101308.jpg15101309.jpg
大きな声では言えませんが約80j個くらい採って6000円!むちゃ安いでしょ!おまけにジャムにしたいので規格外有りませんか?って聞くと「ジョナゴールド」はもう出荷が終わったので好きなだけ採って良いよ。お金はいらないよ・・!だって!
お言葉に甘えまして籠一杯採りました。すると、もっと持って行きなさいって事で・・・<ありがとうございます!>でした。

お土産は、ブログでリンクさせて頂いている「しおチャン」さんお勧めのリンゴ酒「シードル」と100%ブドウジュース1.8Lです。
シードルは発泡酒なので開けると飲んでしまわないといけないので、チャンスを狙っています。
生搾りのぶどうジュースは大好物ですが一升ビンは冷蔵庫に入らないのが悩みです。
15101310.jpg

来年ぐらいは、孫たちと行けたらいいな~って思っています。

プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR