何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

戦艦ビスマルク-完成

2014/01/04 22:30 ジャンル: Category:戦艦ビスマルク建造です。
TB(0) | CM(6) Edit

ついに、ビスマルク完成しました。
1年の予定が、ついついハマッテしまって半年で出来てしまいました。
でも、わたしのプラモデル人生の中では最大かつ最高の作品です。
あれこれ言わずにまず写真を見て下さい!
(写真をクリックすると拡大出来ますよ)
BS01.jpg

BS02.jpg

BS03.jpg

BS04.jpg

BS05.jpg

BS06.jpg

BS07.jpg

BS08.jpg

BS09.jpg

BS10.jpg

BS11.jpg

BS12.jpg

BS13.jpg

BS14.jpg

BS15.jpg

BS16.jpg

BS17.jpg

BS18.jpg

BS19.jpg

BS20.jpg

BS21.jpg

BS22.jpg

BS23.jpg

BS24.jpg

BS25.jpg

BS26.jpg

BS27.jpg
なお、この作品は「たつさん」からの依頼品です。とても大切にしていただけるので引き渡しが楽しみです。

最後に、これは撮影風景です。
バックにホームシアター用のスクリーンを使いました。幅2.4mありますので充分です。
ちなみカメラはCANON-EOSKissDigtalX レンズはTAMRON AF 18-200mmです。
BS28.jpg

さて、次は・・・・・・?

スポンサーサイト

戦艦ビスマルク-24 & 大阪モーターショー

2013/12/25 20:54 ジャンル: Category:戦艦ビスマルク建造です。
TB(0) | CM(7) Edit

いよいよ大詰めです。
手摺りを付けます。しかしその前にラッタルを取りつけます。
これがまた、難しかった。
ラッタルと、それを吊り下げる部品(チェーン)がエッチングパーツですが、この吊り下げ部品がムチャクチャ細い!
ちょっと触っただけで曲がります。怖いのは折れてちぎれる事です。そこでT字の部分に瞬間接着剤を塗り補強しておきます。
そんな苦労の末、なんとか組み上げました。しかし吊り下げの状態を保つため真直ぐにしなければなりませんが、これがまた難しい!少しづつ曲がったところを修正しながら伸ばしていきます。なんとか6か所終わりましたが、今後、ここには一切触れてはいけません!!
1312221.jpg
そして、いよいよ手摺りです。写真の様に支柱1本づつ瞬間接着剤で止めていきます。この辺りのテクニックはかなり慣れてきました。
1312222.jpg
ここで、少しだけ全体像をupします。
どうですか?かっこよくなってきましたね。
1312223.jpg

タイトルにもあるように、大阪モーターショーに行ってきました。
入場料は1500円なのですが、前売りが1300円。・・なので前売りを金券ショップに買いに行きますとなんと700円!なんで~~って店員さんに聞いてみると、招待券を委託販売で持ってきた方がいるそうです。色々有るんですね(^^♪

で、私はコンセプトカーを見るのが好きなのでこちらを中心に見てきました。夢がありますよね。
1312224.jpg
どこのメーカーも品質が物凄くよくなっている感じです。
それと今回は、どのメーカーも軽四輪に力が入っています。今や軽四とは思えない装備と内装、そして広さ!
その中でも特に気に入ったのがこのスズキのハスラーっていう軽です。
今のプリウスが壊れたら次は軽にしようかと本気で考えました。
1312225.jpg

最後に、大阪中央卸売市場に行ってきました。小学校からの幼馴染が果物の卸をしており社長さんです。
『ミカンの良いのがあるから取りに来いや』ってことで行ってきました。持つものは友達ですね(笑)!
私はこの中央市場のすぐ近くで育ったので友達は中央関係の人が多いのです。それぞれ2代目で社長さんが多いです。
市場自体は、大改装が行われ子供の頃の面影は全くありません。ただただ巨大な、そして複雑な施設になっていました。
青果部門に行きましたが、これほどの果物が集まってくるかと、その量に驚くばかりです。
1312226.jpg
一時、有田ミカンは衰退しましたがその後の努力でいまやブランドになりつつあるそうです。
確かに、実が非常にしっかりしていて、甘い!非常に高級な感じがします。

戦艦ビスマルクー23

2013/12/16 20:00 ジャンル: Category:戦艦ビスマルク建造です。
TB(0) | CM(1) Edit

そろそろ船体の周りの手摺りの取り付けを残すばかりです。しかし手摺りを取り付けると後の作業がとてもやりにくくなるので、その前に出来ることはやってしまいます。

今回はこんな部品を作りました。
エッチングパーツの余ったところを使います。鋏で三角に切って0.2mmのドリルで穴を開けます。
1312161.jpg
そして、それにピアノ線を半田付けします。
三角の角をグラインダーで削って丸くします。
1312162.jpg

これを使ってやりたかったのはこれです。赤マル出囲んだ部品です。
名前が解らないのですが、船体から張りだした支柱です。これを支えるため、ロープ張るのですがそのための穴です。この部品はキットにはありません。
1312163.jpg
次回は舷梯(乗り込む時の梯子)の製作です。これも結構難しそうです。

戦艦ビスマルクー22

2013/12/13 21:56 ジャンル: Category:戦艦ビスマルク建造です。
TB(0) | CM(0) Edit

いよいよ、前部艦橋と後部艦橋を船体に載せました。
そして前部のマストと後部のマストの間にアンテナ線を張ります。
事前に作っておいた例の三角形の金具のアンテナ線も上手く張れました。これは、おそらくループ型のアンテナ線ではないかと思うのですがどうでしょうかね?
1312131.jpg
1312132.jpg
それと、クレーンです。クレーンのワイヤーロープはエッチングパーツで用意されていますが、あまりにも細くて長いのでナイロン糸で代用しました。本当はもう少し作り込みたかったのですが資料がありません。
1312133.jpg
全体写真です。
これから最後の仕上げです。船体周りの手摺りやタラップなど、もう少しです。
1312134.jpg

戦艦ビスマルクー21

2013/12/01 20:11 ジャンル: Category:戦艦ビスマルク建造です。
TB(0) | CM(4) Edit

いよいよ張り線に入りました。ビスマルク建造も終盤ですね。
資料がないのでネットで色々調べて、いいとこどりをしています
何しろ船体が大きいので取り回しが出来ません。したがって、前部と後部を船体に乗せる前に、張れるところは張ってしまう事にしました。色んな資料を見ていると赤マルにあるようなワイヤーの継ぎ手の様なものがあります。
これは何のためのものかをよく解りませんが、ポイントになる部品ですので、どう再現するか考えた結果、昔、奥さんが凝っていたビーズを使う事にしました。家にはビーズのストックがたくさんあります。一番小さいのを利用しています。この部分はアンテナではなく柱の強度を持たすためのワイヤーの様ですので、真鍮線を使用し船体色を塗っています。
1312011.jpg
そしてこの部分ですが、ここまで再現していない製作例は多いのですが、しっかり再現されている方もいらっ者ます。見てしまったら再現しない訳には行けいません。しかしこの部品はないので、色々考えた結果、釘を使う事にしました。
1312012.jpg
大小の釘を探してきて、釘の頭を四角く削ります。そして取り付け場所にドリルで穴を掛け、差し込みました。結果は思った以上に上手く行ったと思っています。これ位の細部になるとなかなかよい資料がありません。
1312013.jpg

そんなこんなで、ひとまず出来るところまでは終わりました。
前回書きましたように、アンテナ支柱を金属に交換していなければ、絶対にアンテナ線は張れなかったと思います。今後の艦船模型作りに大いに勉強になりました。
1312014.jpg
1312015.jpg

続いて、錨の取り付けです。これもまた、簡単に鎖1本で取りつけている人も多いのですが、またまた、余計な写真を見てしまいました。メインの鎖に二本の鎖で巻きあげた錨を固定しているようです。仕方がないのでこれにも挑戦です。
1312016.jpg
米粒より小さい鎖の一部を切って接合です。
1312017.jpg
なんとか、思った通りの形になりました。

ここで少し気分転換でこんな事もやって見ました。
このキットには簡単なビスマルクのネームプレートが付いていますが、あまりにも味気ないので、金文字にして見ました。そしてなぜか?左端にスペースがあります。そこでここにはドイツ海軍旗?を張りつける事にしました。
ネットから画像を取り、光沢紙に印刷したものを張りつ蹴る事にしました。
1312018.jpg
文字は浮き出しているので、マスキングテープを張って切り抜きます。

そして出来たのがこれ!まっこんなもんですが良いでしょう。
1312019.jpg

最後に何時もの余談です。
少し前ですが、テレビでケチャップで有名なカゴメの株主優待の話をしていました。奥さんも私も結構、株好きなもんで、面白がって100株だけ買ってみました。・・で、株主優待で送ってきたのがこれです。
131201A.jpg
明日は、私が夜ごはんを作る約束をしましたので、この中から、鶏チリを作ります。

プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR