何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

【速報】D51完成です!

2012/05/06 21:27 ジャンル: Category:蒸気機関車「D51」に挑戦です。
TB(0) | CM(4) Edit

先ほど、D51完成しました!

蒸気機関車は初めての挑戦でしたが無事?なんとか完成です。
ほぼ、素組みです。マニヤに方は、これにさまざまなパイプ等を追加してすごくリアルで精密に作られますよね。憧れます。

では、写真みてください。
1205061.jpg

1205062.jpg

1205063.jpg

1205064.jpg

1205065.jpg

石炭が白っぽく写ってますが、光の反射です。本当は黒くなってます。
でも、材料が発砲スチロールみたいな素材でしたので、固めるのも、塗装にも苦労しました。
エアブラシは全く使えませんでした。
1205066.jpg

これは、枕木の砂利です。これはなんとかうまく出来ました。
1205067.jpg

これの製作日数は、スタートが4月12日でしたので1カ月掛かりませんでした。
やっぱり素組みだと早いです

最後に、製作にあたってYUJIさんのブログを随分参考にさせていただきました。
ありがとうございました。

スポンサーサイト

歩み板 & ワイン

2012/04/29 23:01 ジャンル: Category:蒸気機関車「D51」に挑戦です。
TB(0) | CM(0) Edit

連休に入りましたね
昔は日の丸をあげている家がよくありました。最近はほとんど見ません。
我が家の軍艦はいつも上げていますが・・・ね(笑)
今年な、なんと9連休です。

連休の間には孫のMYちゃんが来たり、小旅行をしたり、ゴルフ行ったり、仕事もちょこっと持って帰ったり、そしてやっぱり夜はプラモ三昧ですごします。

今回はちょっとこだわったところです。
歩み板って解りますか?写真みて下さい。
1204298.jpg
歩み板のサイドに白い線が入ってます。これって全体を引き締める重要なポイントですのでシャープに入れたいところです。

ところが、部品をみますとプラスチックを流し込む湯口がありこれではシャープなラインが出ません。
1204291.jpg

そこで、削り取ることにしました。とっても細いところなので失敗しないように慎重にやらなければいけません。6か所あります。つまようじの先と比べて下さい。
なんとかうまく削り採る事が出来ました。
1204292.jpg

そして、白線を入れていきますが、ここも塗り分ける順序が問題です。
1204293.jpg
最終案は、まず白を吹き付け、そこをマスキングして、全体の艶消しブラックを吹きつけました。
まずまず、うまくいきました

結構、シャープに出来ているでしょ!
1204294.jpg

そして運転席です。ネットでD51の写真などをあさり、色を塗り分けると、それらしくなりました。
1204295.jpg

そして、全体の組み立てにぼちぼち入ってます。
1204296.jpg
細かなパイピングが見せ所です。


ちょっとワインの事
私は赤ワインが大好きなんですが、なかなか美味しい(好みの)ワインがないのですが、これは美味い!です。
甘くなくて、しっかりとしたフルボディーです。
甘くないので、食事のとき、とても合います。
とってもすっきりしていて、食事の邪魔をしません。
これはある外食レストラン(スパゲッティー屋さん)で出しているワインなのですが、とっても気に入って、銘柄を調べてネットで時々買っていました。
1204297.jpg
通販なのでめんどう臭くて最近は買っていなかったのですが、昨日なんと黒門市場の酒屋さんの店先にあるでなないですか!
びっくりしましたが、お店に聞くと、何時も置いているとのこと!
これで安心です。
そして、もう一つ良いこと!
これって、1500mmLで、なな、なんと1300円!
ワインは値段じゃないですよね!
そうそう、銘柄は「モンテベッロ・サンジョベーゼ」、イタリアのワインです。
ワイン好きな方、一度試してみて下さい。美味しいですよ。

「D51」面白くなってきました。

2012/04/22 16:40 ジャンル: Category:蒸気機関車「D51」に挑戦です。
TB(0) | CM(0) Edit

前回の続きです。
車輪の塗装を終ったところからですが、プラモデルをいかに金属の質感を出すか!
ここが楽しいところで、腕の見せ所です。
参考にしているブログではまず銀塗装をしたあと、艶消しブラックを吹く方法を採られていますが、私はちょっと違う方法で挑戦です。
まず、艶消しブラックを吹いて、その後、メタルカラーの「アイアン」色を全体にうっすら吹き付けます。
そのあと、ドライブラシの方法で全体を擦ります。
1204225.jpg

そうすると、鈍く光る部分が出てきて、コントラストがついてきます。
本物の機関車はこんな感じではないと思うのですが、模型ですのでこれも有!かな?って感じです。
1204221.jpg

そして、蒸気機関車の見せ場!動輪の連結リンクです。
シルバーに
小さな部品ですが、丁寧にマスキングをして、遠くからにじまないように少し濃いめの塗料を少しづつ吹きつけます。良い感じです!
1204222.jpg

そして組み立てです。
ここは結構難しかったです。
小さなネジで組み立てていくのですが部品が割れない様に、慎重に作業を進めます。
全体が無理なく動くのを確かめながら組んでいき、最後に接着、ネジの締め付けを行います。
組み立て説明書は思った以上に親切で、注意するポイントが書かれており、ちょっと嬉しくなりました。
この作業は面白くて、つい写真を撮るのを忘れてしまいました。
1204223.jpg

作り進めていくうちに、このキット、古いながらもなかなか良く出来ているなと感心しました。
でも、子供には無理でしょうね・・・難しい!
1204224.jpg
これは、ディスプレーモデルなので走るわけではないのですが、車輪を回すと連結リンクが」実車のように動きます。
この動きが実にかっこよくて、蒸気機関車のプラモもはまりそう!
完成が楽しみです。

Mr.メタルカラー

2012/04/15 21:26 ジャンル: Category:蒸気機関車「D51」に挑戦です。
TB(0) | CM(4) Edit

前回書きましたように、銀メッキ部品のメッキ全部剝しましたので、今日はメタルカラーを買ってきました。
1204151.jpg

これは、乾いた後、やわらかい布で磨くと金属色に光ります。
磨くのは部品が小さいのでリュウターにバフをつけて磨きます。
1204155.jpg
銀塗装をすると下地の粗がものすごく目立ちます。やっぱりかなり悪いです
でも・・・まっ、いいか!って感じで進めます。
1204152.jpg
これは、車輪の部品です。
まだ、作る順序は思案中ですのでぼちぼちと始めます。

先週、映画観てきました。
オスカーを5つも取った「アーティスト」です。
なんと今時、サイレント映画で白黒です。
その辺りが面白そうでこれにしました。
1204153.jpg
話はとても単純でわかりやすく楽しい映画でした。最近の映画はストーリーが複雑すぎて良く分からないのが多いですよね。
でも、これがオスカーが5つとは・・・ちょっと奮発しすぎかな??って感じでした。
せめて、ダンスのシーンなんかをもう少し増やしてくれればもっと楽しかったかなって思いましたよ。

最後にちょっと余談ですが写真の珈琲メーカを買いました。
これって、会社で使っているのと同じものなんですが、なぜか会社で入れてくれる珈琲が美味しいのです
1204154.jpg
そこで、まったく同じものを買いました。
やっぱり、珈琲メーカーで味は変わりますね!
とっても気に入ってます。
ただひとつ欠点は、私の我儘で変えたので珈琲入れるのが私の担当になった事です、チャンチャン

いよいよD51に挑戦!

2012/04/12 22:24 ジャンル: Category:蒸気機関車「D51」に挑戦です。
TB(0) | CM(3) Edit

いよいよD51の製作開始です。
鉄道模型は、実は2回目なんです。
初めて作ったのは、まだこの世にプラモデルがなかった頃、東海道本線で「こだま」号(新幹線ではありません)が出来た時に木製の模型キットを作った覚えがあります。古いでしょ~
1204126.jpg
小学生だったと思いますが、無茶苦茶かっこよかったな~!

そんなわけで、機関車のプラモなんて初めて作るので、いろいろネットで調べまして、とっても参考になる製作記事のブログを見つけました。(YUJIさん・・このブログで紹介してもいいですか?)
このブログをバイブルとして製作開始です。

1204121.jpg

部品点数はあまり多くないのですが、なにしろ古い金型でバリも多く、そして細い部品が多いので折れないように注意しないといけません。
1204122.jpg

説明書もとってもノスタルジックで一昔前のキットだな~って感じです。
1204123.jpg
1204124.jpg

そして、お約束通り、部品洗いです。
台所用洗剤で良く洗います。(今洗ってきたところです♪)
1204125.jpg
今回の大発見は、参考にしているブログで教えてもらったんですが、メッキ部品のメッキを剝す方法です。
車輪の部品などがメッキしてあるのですが、たしかに少々ちゃちっぽく見えます。
その方法とは・・なんとキッチンハイターの原液に浸すのです。
あっという間に剥がれました!すごいです!
この部品はあとで銀塗装で渋くします。

準備万端です!
明日から本格的に始めます。
さて、どうなりますやら?
そして何時になったら出来るやら?です。

プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR