何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

加西 鶉野飛行場跡 & モデルショップ・ノア

2016/12/05 14:40 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(3) Edit

やっとブログの更新です。
昨日、ブログでリンクさせていただいている「モデルショップ・ノア」の店長さんのお店訪問と言う事で、加古川まで行ってきました。
先月大阪で有りました「おおさかホビーフェスティバル」で初めてお会いし、その時に相互訪問のお約束をしていました。
折角ですので、近くにある戦争遺跡である『加西 鶉野(ウズラノ)飛行場跡』を案内していただきました。
ここは元、日本海軍・姫路航空隊、川西航空機鶉野工場の跡地です。ここでは、あの『紫電、紫電改』が作られた所です。
しかし、ここはそれだけではなく終戦間際、特攻隊が編成され昭和20年4月6日には菊水作戦の発令の元21機が九州、沖縄に向けて飛び立った飛行場でもあります。
滑走路は今も残されており、ここからあの名機・紫電改が飛び立ったのかと思うと感慨深い物が有ります。また、特攻機としては九七式艦攻、天山も飛び立って行った飛行場でもあります。
この日は店長さんの計らいで、『鶉野平和祈念の碑保存会』の理事長さんが待っておられ、色々と詳しく、そして熱く説明していただきました。
16120401.jpg 16120402.jpg
滑走路の近くには小さな『鶉野飛行場資料館』があり、ボランティアの方が管理をされていました。
川西航空機の優れた技術の伝承や特攻基地となったこの地を未来に残すため、一生懸命にボランチア活動をしておられるとの事で、頭が下がります。
16120403.jpg 16120404.jpg
そんな中で、保存会やボランティアの方たちを中心に『鶉野ミュージアム』を作ろうとい言う計画があるそうです。目玉としては「紫電改」の1/1実物大のレプリカを作成し展示する計画だそうです。当然、多額の費用が必要ですが、公金だけでは不足でなため、募金と言う事になると思います。その時は、ぜひとも協力したいと思っています。
16120405.jpg

この地区の周辺は飛行場のほかにも多くの戦争遺跡が残っております。
この防空壕もその一つで、川西航空機姫路製作所を目標とした空爆が激しくなったため、地下指令所して作られた物です。
これも、地域の人たちが荒れ果てていたこの施設を整備し復元したものです。
16120406.jpg 16120407.jpg
電気設備以外は当時もままだそうで、結構広く機能的な感じがしました。ここでも保存会の理事長さんの詳しい説明があり、とても勉強になりました。
16120408.jpg 16120408 (2)
この壕の中に空母「隼鷹」の写真が有り、不思議に思っていると、ここでまた理事長さんの熱い説明が入ります!
ここの飛行場は姫路の海軍施設隊が建設したそうですが、この防空壕は「隼鷹」の乗り組員が建設したそうです。
しかしここでも、この防空壕は朝鮮人の強制労働により建設されたとの嘘の情報が流され、歴史を歪曲することがあったようです。
この様な誤解を解くためにも、ここにこの様な資料を展示しているとの事でした。
16120400.jpg

その後、加古川市内でお昼ご飯をご馳走になり、いよいよお店訪問です。
お店は閑静な住宅街に有り、とても環境の良いところです。
品揃えは、今時のプラモデル屋さんの様なガンダムは一切ありません!本格的なミリタリー系です(笑)
16120409.jpg
私の興味はお店の展示スペースにある作品です。
少し奥まったところにある1/200ビスマルクは素晴らしい作品でした。これはプラモデルではなくHachetteコレクションの木製キットです。かなりびっくりしました。本当に素晴らしかったです。もっと前面にディスプレーすべきと思いますよ!
16120410.jpg
もう一つびっくりしたのが、これ!
お客さんが作られた作品だそうですが、海上保安庁の巡視船とジオラマです。
大きな作品に見えますが、これが何と1/700です。そしてもっと驚くのが、これが、フルスクラッチなんです!
16120411.jpg
アップにしてみました。私が最近作ったプラモデルよりもさらに 精密で、ため息物です!
DSCN3622.jpg
「プラモデルショップ・ノア」は店長さんだけではなくお客さんのレベルも非常に高く、切磋琢磨の素晴らしいお店でした。

最後に、取り寄せて頂いた1/400タ イタニック(ハセガワ)を格安で購入しました。
そして、何と!お土産にと頂いたのが、今は無き(IMAI )の木製帆船模型、ビクトリーの1/80カットモデルです。
これは凄い!木製の帆船模型はモデラーの憧れですが、初めての挑戦です。これからじっくり製作テクニックの情報を集め、絶対に完成させます!その時はまたブログで発表しますので宜しくお願いいたします。
16120413.jpg
昨日は久しぶりに充実した1日になりました(^O^)/!
店長様、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

復元・飛燕 行ってきました!

2016/10/30 16:00 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(7) Edit

テレビニュースなどで皆さんご存知だと思いますが、 川崎重工業が創立120周年の記念事業として、第2次世界大戦中に同社が開発 した戦闘機「飛燕」を復元し。「神戸ポートターミナル」で公開しています。
アニメの『風立ちぬ』や『永遠のゼロ』などでゼロ戦ばかりがもてはやされるので川崎重工の技術者たちが奮起したそうです!
モデラーとしてこれを見過ごす訳にはいきませんので、≪たつさん≫を誘って一緒に行ってきました。日曜日でもあり、とても混んでいましたが、やはり我々と同年代の人も多く、漏れ聞こえる話はかなりマニアックな会話が聞こえてきます。皆さん好きなんですね~!
16103001.jpg
できるだけ、当時のままを基本としているので無塗装で汚れていますが、よくここまで復元したものだと感心しました、
近くで見ると無数のリベットが打たれていますが、ゼロ戦で開発された(沈頭鋲)が飛燕でも使われているのがよく解ります。
16103002.jpg
ゼロ戦は何度も見ておりますが、飛燕は初めてです。第一印象は想像以上に”でかい”です。
日の丸の色も忠実に再現したそうで、あずき色に近い赤でした。やはり本物を見るのは大事ですね。
そして重そうにも見えました。しかしこの水冷エンジンのフォルムはとてもカッコよく、素晴らしい機体です。
16103003.jpg
16103004.jpg
最後に、これは私が4年前に作製しました長谷川の1/32飛燕 I型 丙 小林大尉機1です!
飛燕はこの迷彩が有名ですが、実はペンキが不足していたとのうわさも????
16103005.jpg

海上保安庁巡視船 「いず」 ⑤ 完成

2016/09/13 17:28 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(6) Edit

最後の難関、アンテナタワー(?)の手摺です。
前回と同じように、まず全体の長さをアバウトでいいので計算して切断。
スタート地点の一か所をしっかりと接着して、それぞれの角度に合わせながら曲げていきます。直線ごとに接着していきますが、かなり小さいので、なかなかシャープに曲げることが難しいです!
完ぺきを求めてはいけません!まっ、こんなもんです。
16091201.jpg 16091202.jpg

アンテナが出来ましたので、残しておいた小さな部品を取り付け、デカールを貼り、全体に艶消しクリアを吹いて完成です。
失敗や、間違いも少しあるんですが、そこは内緒と言うことで、完成写真です!
16091301.jpg
16091302.jpg
16091303.jpg
16091304.jpg
16091305.jpg
16091306.jpg
16091307.jpg

完成品は、約16センチと小さなものです。
でも、こんな、小さな部品を組み上げ、色を塗ると、素晴らしい巡視船が出現します!
16090401.jpg
いや~!本当にプラモデルって楽しいですね(^O^)/
16091308.jpg


1/200 戦艦『三笠』を作る ⑪

2016/07/06 22:31 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(0) Edit

今回は、短艇やボートを取りつけました。
船台の片方に予めロープを接着しておきます。そしてボートを船台に載せ接着した後、ピンセットを使って(かなりやり難いですが・・)もう片方を船台の穴に通して接着し一丁上がりです!
これは煙突や通風筒などを付けてしまうと作業ができなくなるので要注意です。
16070605.jpg
もう一点、上の写真の短艇に有る部品です(赤丸)このパーツは非常に細い物でしたので、なにも考えず、アンテナかな?っと思って、ピアノ線に変えたのですが、よく考えると、この時代アンテナなんてありませんよね(笑)!
そこで、虎の巻の「HIGH-GEARedさん」の作例を見ると、煙突でした!マジで納得です。

そこで煙突に変更ですが、煙突にする適当なパイプを探したのですがありません。そこで思いついたのが(≪ールペンの芯、あのインクの入っている塩ビのパイプ≫です。ちょっと太いかなと思いましたが、それらしくなったでしょ!
16070602.jpg

さて、いよいよマストの製作です。三笠のマストは艦橋構造物にも匹敵する目立つ部品です。マストを上るためのラッタルはモールドだけですので、これは面倒ですがエッチングに交換!(小西製作所製)
まず、モールドを削り落とし、取り付けがいがまないように基準のラインをマスキングテープで引いておきます。しかし曲がりますけどネ!(>_<)
とても扱いがデリケートな部品ですが一個づつ切り離し、ピンセットで挟みとりあえずゼリー状瞬間接着剤で点付しておきます。その後、サラサラタイプを根元に流しこみ固定しました。かなり疲れる作業でした。でも完成すると見栄えが全然違いますよね(^O^)/
16070603.jpg
この後、ヤードにも信号旗などのロープを通すためのアイボルトを取り付けました。これもかなり部品が小さく難しい作業でしたがなんとか完成。後から力が掛かる所ですのでしっかりと接着しておくのがポイントです。
16070604.jpg
このマストの準備が終わりましたので、後は順次組み立てていきます。
最後の難関は空中線張りです。色々と作戦を立てながら次の作業に進みます。

1/200 戦艦『三笠』を作る ⑧

2016/06/26 22:39 ジャンル: Category:未分類
TB(0) | CM(4) Edit

船体部分がだいぶん進んできました。

今回はアンカーチェーンと錨です。

キットに付いているチェーンはあまりにも細く、これはとても使えない細さです。なぜこんなに細い物を付けたのか不思議です。今回使用したのは、以前ビスマルクの時に使った物の残りが使えました。

模型用の部品で購入すると意外と高価なので、これは手芸屋さんで買ったものです。いろんなサイズがあり、手芸屋さんは模型つくりには結構いい小物がたくさんあります。

16062601.jpg

そうそう、錨を付ける前に、甲板を船体に接着する作業でした。一度接着してしまうともう外せないので、忘れている事がないか何度もチェックしながらの作業です。(歳を取るとすぐに忘れます。本当に危険です!)

副砲や、7.6センチ砲なども取りつけましたよ!

16062602.jpg


そして、艦尾の回廊です。これ、結構難しそうなので後回しにしていたのですが、そろそろ手を付けないといけない時期になってきました。

大まかに手摺を曲げておいて、端っこから瞬間接着剤で床のカーブに合わしながらゼリータイプで点付していきます。そして最後にサラサラタイプの瞬間接着材を流し込んで強度を上げておきます。

16062603.jpg

と、言うことで結構上手くいきました。自分の事ながら、腕を上げたな!と喜んでいます。

ヤッパリプラモデルは作ってなんぼです!・・ね。

16062604.jpg

飾り台もそろそろ本番用に取り換えです。コーナンで良い材料を見つけました。

カンナで面取りし、紙やすりで表面を整え着色ニスで仕上げです。良い色に仕上がりました。

16062605.jpg


最後に水彩画です。

菖蒲園、仕上がりました。

全体にちょっと明るすぎるかなとは思うのですが、水面も、遠近感もそれなりに描けたと思います。

ただ、菖蒲の、特に葉の群生している感じを出すのにどのようなテクニックを使えばよいのかが分かりません。ネットには菖蒲単体の絵は多くあるのですが、群生している絵はありませんね!

まだまだ、上手な絵を模写するのが勉強です。先の長い趣味になりそうです。

16062606.jpg


プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR