何時になったら出来るやら?

大好きなプラモデル。 でも、のんびり過ぎてなかなか完成しません。 まじめにプラモ作ります。

タグボート『SMIT NEDERLAND』の製作 ③ & 水彩画

2017/07/20 13:28 ジャンル: Category:プラモデル
TB(0) | CM(1) Edit

タグボート用のクッションタイヤです。
外形6mmもOリングを利用しました。ミシン糸で吊り下げ用のロープを再現しています。
17072001.jpg
組み立て順序としてこのタイヤを先行して取り付けておかないと後からでは非常に取り付けが難しくなると判断しましたので船体を先行して仕上げてしまいます。
17072002.jpg
デカールも貼り付けます。これはデカールの上のタイヤが重なる所があるためです。
艶消しクリアも吹いてほぼ船体は完成です。
17072003.jpg

今月から水彩画教室も復帰したのですが早速の課題が船。
嬉しいですね。船は大好きですもんね!
次は2週間後なんですが1日で描いてしまいました(笑)
実はもう一つ本命が有りましてそちらはゆっくり仕上げます。
17072004.jpg
スポンサーサイト

神戸帆船フェスティバル

2017/07/18 10:20 ジャンル: Category:その他
TB(0) | CM(4) Edit

7月15日、神戸港開港150周年の一環で開催された「神戸帆船ファエスティバル」に行ってきました。
撮影場所は中央突堤です。ここで一つ残念だったのが、こちら側は逆光だったので写真はパソコンでかなり修正しています。
15日は初日で、入港シーンが見れます。接岸してしまうと船全体の写真が撮れないのでこの時がベストですね!
3時入港の予定でしたので2時頃から撮影スポットを下見。とても暑い日でしたが沖合に高いマストが見えてくると、超望遠レンズを持ったアマチュアカメラマン(ほとんど私と同年代)を持ったカメラマンがざわめき始めます。
海上保安庁の巡視船やタグボートに囲まれ堂々の入港です。良いですね~!
17071501.jpg
こんな信号旗を万国旗の様にいっぱいつけたタグボートもお祭り気分です。
17071510.jpg

いよいよ入港です。ヤッパリ帆船は絵になりますね。とにかく大勢のカメラマンで、撮影も困難な中での撮影でした、。これは「海王丸です。
驚いたことに若い女性のカメラマンが意外と多いんです。そのほとんどが高級一眼レフに超望遠レンズ。隣に居た女性は何と東京からこの為に来たそうです。最近、女性カメラマンが増えているんですよね。
17071502.jpg
タグボートと並走して入港ですが、最微速です。
この日は日本丸と海王丸が同時に入港と、めったにチャンスでもありました。
この二隻は姉妹艦でほとんど見分けがつきません。
日本を代表する大型帆船ですが、総トン数は2570トン、110mとそれほど大きな船ではないのですが、この4本マストを備えたその姿はとても大きく見えます。そして美しい!周りからも「いいね~!」「カッコいい~!」の声が聞こえます。
17071503.jpg
いよいよ接岸です。乗り組み員全員が慌ただしく動き、係留用のロープを伸ばしているのがよく見えます。
海王丸に乗っているのは、おそらく顔の幼さからして高校生の練習生だと思います。
17071504.jpg
17071505.jpg
手前が日本丸、奥が海王丸です。
そして、サプライズです!
突然、NHKのカメラクルーがやってきて、私にインタビューに来たのです。びっくりです。
色々3~4分聞かれたのですが何を言ったのかあまり覚えていませんが、帰ってテレビを見ると、何とカットされずに放映されました。但し5秒位でした(笑)!これくらいで本当によかった~。
17071506.jpg
対岸のメリケンパークから2隻並んだ姿です。
17071507.jpg
さすがこの周辺は様々な艦船が係留されています。ゆっくり写真を撮るのもいい所ですね。
17071508.jpg
たまたま今、プラモデルでタグボートを作っていますのでタグボートの写真もしっかり撮ってきました。
港の働き者と言った感じでとてもカッコいいですね!
17071509.jpg

帰りに、以前から気になっていた神戸海洋博物館に寄ってみました。初めてです。
今回の帆船フェスティバルに合わせ帆船特集をやっており、中に入るといきなり、おびただしい数の帆船模型が展示してあります。
100隻以上あったのではと思います。こんなに一度に大量の帆船模型を見たのは初めてです。どれも本格的な木製模型で、それぞれモデラーの方が精魂込めて作られたのが良くわかります。但しかなり疲れていたのでゆっくり見れなかったのが残念です。
17071511.jpg17071512.jpg
17071513.jpg
もっと驚いたのは、ここには客船や貨物船、タンカーなどの大型模型が、これもびっくりするほど多くの模型が展示してあります。
全て1/100以上と思えるスケールのビッグモデルで感動物です。さすがに軍艦はありませんが、モデラーとしてはこのような客船や貨物船の魅力を改めて見直した次第です。
17071514.jpg
これなど、大型貨物船のデリッククレーンですが、非常に参考になりますね。
17071515.jpg
最後に、昨年乗船しました「ダイヤモンドプリンセス」も有りました。
17071516.jpg
また、もう一度ゆっくりと見学したい博物館ですね。艦船モデラーには是非お勧めです。

≪おまけ≫
我が家の先代『日本丸』です。
木製ではなく、プラモデルですが、イマイの1/100モデルで、1983年の大阪港で開催された帆船祭りを記念して発売されたものです。
この時もカメラをぶら下げて行ったのですが、今回の帆船ファエスティバルよりも規模が大きく、世界7か国より10隻の大型帆船が終結しました。
何と言ってもチリの『エスメラルダ』が印象的でしたね!
17071701.jpg

水彩画《モスクワ・ノヴォデヴィチ女子修道院》

2017/07/16 10:16 ジャンル: Category:水彩画
TB(0) | CM(2) Edit

ロシア観光の目的の一つでした水彩画の画題探しも満足できるものでした。
とりあえずその時の印象が消えないうちにと急いで3枚描きましたが、これが最後の3枚目す。(自称ロシア3部作)
モスクワ・ノヴォデヴィチ女子修道院です。このアングルは定番みたいでどの観光案内やNETを見てもこのアングルでした(笑)
17071601.jpg
中央の高い塔は工事中で足場が掛かっていましたので、他の写真を参考にしています。
ここはチャイコフスキーが、ここで泳ぐ白鳥を見て、あのバレエ「白鳥の湖」の着想を得たと聞きました。
ただ、ここは湖でな無く、「堀」といった感じです。
それとバレエ「白鳥の湖」の情景設定は森の中ですので、チャイコフスキーは白鳥の泳ぐ姿だけの事だったんでしょうね。

この撮影場所にたどり着くには、バスを降りて、この様な公園の中を歩いて行くのですが、とにかく広い!
17071602.jpg
でも、清潔で、とても落ち着いた素晴らし公園です。冬にはー20度にもなるモスクワですので、春の訪れと、この新緑を大切にしているんでしょうね。

タグボート『SMIT NEDERLAND』の製作 ②

2017/07/13 11:28 ジャンル: Category:プラモデル
TB(0) | CM(2) Edit

タグボートのディティールアップについて少し考えていたんですが、タグボートのディティールにとっては舷外にぶら下げてあるタイヤですよね。キットにはプラ製でチープな部品が付いていますが、これでは実感が有りません。そこで考えたのが「Oリング」です。当然ゴム製で、ドーナツ形でタイヤその物ですね。ネットで探しまして、直径6mmの物を20個購入しました。
17071301.jpg
続いてこのタイヤをぶら下げるわけですが、ロープでぶら下げる為には船体に穴を開ける必要がありますが、ここはかなり小さな穴が必要です。そこで、今回0.3mmの極細ドリルを購入。通常この極細ドリルはかなり高額ですが、ネットで10本1280円とかなり安い物です。口コミによる評判はあまり良くありませんでしたが、私の使う限りでは今の所、全く問題はあrません。
17071302.jpg
ドリルの刃先もプラスチックであれば良く切れます。軸の振れもなく良好です。
17071303.jpg
それとこの様な極細ドリルは手動のピンバイスでないとすぐに折れると思われがちですが、手動の方が折れやすいと思います。
私の場合はプロクソンのミニリューターを使っています。この製品は少し高めですが、想像以上に軸の振れもなく、この0.3mmの穴を綺麗に開けてくれます。
17071304.jpg
この写真は回転しているところを撮影しましたが全くドリルの軸は触れていません。このドリル歯は0.2mmも有ります。ダイソーのドリル歯より、かなり優れ物です!
17071305.jpg

そんな訳で、一か所だけテストでタイヤを付けてみました。ミシン糸で吊り下げ、まずまず思惑通りの形になりました。
17071306.jpg
一応、これで次に進めます。

『奥津国道』さんの事。

2017/07/11 22:26 ジャンル: Category:水彩画
TB(0) | CM(2) Edit

今日は久しぶりに家内と梅田のサントリービアガーデンに行ってきました。
プレミアムモルツは本当に美味いですね。
梅田の地下街を歩いているとふと目に入ったのがこの絵(水彩画)でした。喫茶店のメニューのショウインドウに掛けてあったのですが、どこかで見た絵だな~。そして私の好きな画風だな~!!と思って近くでじっくり眺めてみました。
そしてびっくりしました。何と私が《師》として目標としている『奥津国道』さんの絵で、じっくり見ましたが印刷ではなく本物の様でした。感激です。
17071101.jpg
見覚えがあるはずで家に帰って調べると、私が持っている『奥津国道』さんの画集に載っていました。

通常、水彩画と言えば下の絵のような水彩画の特徴である、水による滲みなどを活かし、印象派の様な画風が一般的です。
水彩画教室でも、ほとんどがこのタッチを指導されますが、私はどうもなじめません。
17071106.jpg
《絵は醍醐芳晴さんの絵を拝借しました)
もちろん醍醐芳晴さんは巨匠であり、このようなタッチも素晴らしいのですが、なぜか私は奥津さんの様な絵が好きなんですよね~。

ここで『奥津国道』さんの絵を紹介します。
《注:私の絵ではありませんのでお間違いのないように❕》
どうですか?素晴らしいでしょ!水彩画でもこんな絵が描けるんですね。
17071102.jpg
17071103.jpg
17071104.jpg

そんなことで、私の絵は奥津国道さんをお手本とし、水彩画教室の皆さんとはちょっと違った画風なので、教室の片隅でチマチマと細かい絵を描いています(笑)!
17071105.jpg
これは、前回紹介させていただきました《ロシア3部作》?の3作目、モスクワの「ノヴォデヴィッチ女子修道院」です。
これから、下半分に水面に映る修道院を書き込んでいきます。とても難しそうですが、楽しみです!

プロフィール

シロプリ

Author:シロプリ
プラモ好きの”おとうさん”です。

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR